徳川家宣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川家宣」の項目を執筆しています。

徳川 家宣(とくがわ いえのぶ、1662年1712年)は、江戸幕府6代将軍。3代将軍徳川家光の孫。家宣の宣は宣言の宣であり、「今ここに宣言する」が口癖の厳格で頭の固い将軍であったため堅物将軍と呼ばれた。弟に松平清武がいる。

概要[編集]

祖母順性院や養父新見正信の影響で長話が好きで3分程度で終わるスピーチをわざわざ30分以上も伸ばしてベラベラ固い言葉で喋るため彼が演説する時は常にエクストリーム・居眠りの大会であった。説教も長く、6人いた子供達の内、5人は生まれてすぐに長時間の説教を受け餓死。唯一生き残ったのが四男徳川家継である。しかし柔軟な思考が出来なかったと言うわけではなく、物置で埃を被っていた漬物石の新井白石を登用し彼と間部詮房との三人で炬燵の中でウダウダ駄弁りながら日本の将来について非性的な意味で考えたりして政治を行った。また家宣を音読みするとかせん=歌仙となる事からも分かる通り家宣は演歌歌手でもあり、大伴家持藤原定家辺りと並んで御三家と呼ばれ世のおばちゃん達を魅了した。このため演歌将軍とも呼ばれる。自分で作詞作曲を行って歌い幕府のより良い収入源を得ようとしたが、失敗した。厳格ではあるが、心優しき性格であり、謀反を起こした家臣を許した事と言うエピソードがある。

生涯[編集]

3代将軍徳川家光の次男徳川綱重の子として生まれる。最初の名前は綱豊。父綱重は自身の兄で4代将軍家綱の後継候補となったが酒の飲みすぎで死亡。その後に家綱が亡くなると、父綱重の弟の犬公方綱吉が5代将軍となってしまう。ところが綱吉が一人息子に先立たれると、将軍家に最も血筋が近いということで、綱吉の後継候補に綱豊の名前が浮上する。ただ綱吉としては、一人娘のつる姫じゃ〜っ!の婿である紀州藩主徳川綱教を後継者にしたがっており、綱豊は冷遇されていた。しかし鶴姫と綱教が子を儲けることなく相次いで病死してしまったため、綱吉もしぶしぶ甥の綱豊を養子とし、自身の後継者にすると宣言せざるをえなかった。江戸城に入った綱豊は、名前を家宣と改めた。

そして綱吉の死後、家宣は6代将軍に就任する。綱吉は64歳まで生きて生涯現役将軍を貫いたため、家宣が将軍になった時は48歳になっていた。家宣は病床の綱吉から「生類憐れみの令」は永遠不変に続けるよう遺言され、家宣はその場では「もちろんでございますとも」と快諾したが、綱吉が死ぬとすぐさま手のひらを返して、生類憐れみの令をほぼ廃止してしまった。そしてお気に入りの学者の新井白石を顧問に、能役者出身の間部詮房を老中格側用人として、正徳の治と呼ばれる幕政改革に努めた。芸能人出身者が実質上日本の政治を主導するのは史上初の出来事であり、タレント政治家の始まりといえよう。家宣は白石&間部と古参の幕閣らが政策で対立すると、ほぼ白石&間部の意見を採用するほど重く用いたが、白石が弾劾し続けていた勘定奉行・荻原重秀については家宣はかばい続けた所もあった(最後は白石に恫喝されてしまい、荻原を罷免したが)。しかし将軍になって僅か3年後、家宣はインフルエンザに倒れ、幼い息子鍋松(家継)を案じ、尾張家徳川吉通を7代将軍にすることを検討するが、「尾張殿に継がれては、徳川家が終ります」と白石から親父ギャグを喰らい凍死した。

子供[編集]

誰かさんの呪いを受けたかどうかは分からないが、6人の子供全員が早死にした。

  • 長男・夢月院(1699年9月18日生まれ、即日死去)
  • 次男・家千代(1707年7月10日生まれ、9月28日死去)
  • 三男・大五郎(1708年12月22日生まれ、1710年8月12日死去)
  • 四男・家継(1709年7月3日生まれ、1716年4月30日死去)
  • 五男・虎吉(1711年8月25日生まれ、11月6日死去)
  • 長女・豊姫(1681年8月26日生まれ、10月21日死去)

特技[編集]

長話
最記録は三分程度で終わるスピーチを三日間言い続けたと言う物で、家宣の長話好きな性格が伺える。
我慢
これは座禅を組んで何時間動かずにいれるかと言う物で家宣は五日間動かなかった。

関連項目[編集]

先代
徳川綱吉
江戸幕府将軍
-
次代
徳川家継
みなさん、松平です。 この項目「徳川家宣」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)