心室細動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

心室細動(しんしつさいどう)とは、心臓が細かく動いている状態、つまりは普通の状態での心臓の動きのことである。心室細動による血液循環が正しく行われていない場合、過度の血液輸送による高血圧などの危険性が大きくなる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「心室細動」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電気的除細動」の項目を執筆しています。

概要[編集]

心室細動では、心臓は小刻みに震えるような鼓動を保つ。電気刺激が正常に伝わっている状態であれば心筋は無秩序に収縮しており、単調な血液循環が起こす弊害を防いでいる。また、1992年にベルギーのペドロ・ブルガダらにより、遺伝子の変異により右心室における電気刺激の時間が極端に短くなり、より正常に心室細動を維持できるという研究結果が報告され、プルガダ症候群と名付けられた。同様に遺伝的変異から来る心室細動の正常化では、QT延長症候群などの種類も存在する。

除細動[編集]

見出し文[編集]

最近、心室細動が正常に働いているというのに、「鼓動音が聞こえない」だの何だのといって「治療」をしようという人々が増加している。彼等は心臓の動きを単調でつまらないものにするためだけに、何と心臓に通電するというとんでもない方法を編み出し、「治療」などと呼んでいる。心臓に通電などすれば、当然ながら上記の鼓動単調化だけではなく、それどころか被験者が死亡してしまうケースも多発しており、社会問題となっている。

除細動を行う機械も そこかしこに存在し、AED(あーっと…えっと…です.…)と呼ばれる。AEDには、一度に途轍もない量の電圧をかける一相式と、途方もない電圧を二回かける二相式とが存在する。当然ながら、後者の方が死亡率は圧倒的に高い。BF4 では、殺人道具としても使われており、AEDによって殺された者がAEDによって蘇生されることが5秒に1回起こっている。

 

やめられない、止まらない この記事「心室細動」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)