骨川スネ夫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。


心理(しんり)とは、他人に利用されて惑わせられることもある、人間の生まれながら持っている足かせのことである。

はじめに[編集]

どうだろう。最初にこのページに来たとき、「えっ、『心理』のはずなのに何これ、『骨川スネ夫』って何よ!」と思ったことだろう。安心してくれ。ここは「心理」のページである。

つまり、無意識にまずタイトルを見て判断するという心理をあなたは利用されたのだ。これが心理の怖さである。

ちなみに骨川スネ夫の本当のページはこちらである。

心理の利用方法[編集]

正直に答えて欲しい。さっき、筆者が誘導したこちらにカーソルを合わせてしまった人は手を挙げて欲しい。

そして「どうせこちらというページに飛ばされるのだろうと思ってしまった人は、両手を挙げて欲しい。

カーソルを合わせて、「骨川スネ夫」と表示されて「つまんねーな、おい!」と思った人もいるだろう。クリックしてみなさい。

飛ばされたページは「馬鹿」である。あなたのことだ。

心理は、このように馬鹿を騙すのに利用する。

心理を利用されない方法[編集]

物事全てを疑った方が心理を利用されにくい。そんな人は他人からの信用もなくしかねないが、付け入る隙を与えないので騙されにくい。

逆に、フレンドリーな人は全てを疑っていると、きりがないので、ある程度何かを受け流している部分がある。

そこが駄目なのである。

関連項目[編集]

  • 骨川スネ夫
  • 真理
  • 馬鹿


この項目「心理」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)