心音

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「心音」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

心音とは、人の心の中から発せられる、心の状態を表す音。心の声とも呼ばれる。

概要[編集]

人間の心臓は、その人が穏やかな気持ちでいるときには、穏やかな調子で脈を打つものである。これに対して、強い楽しみを抱いたり、反対に強い不安や緊張などを感じたりすると、動悸が乱れたり、早まったりする。このように心の状態によって身体から発せられる音が、心音である。

心の状態を表す心音は、主として心臓の鼓動により生じる音として現れるが、必ずしもそれに限られるわけではない。寂しさや悲しさなどを感じている者は、鼓動だけを聴いても平常と変わらない静けさを保っているように思われるが、心の音をよく聴いてみるとその感情が現れているものである。

心音は耳で聴くのではなく、心で聴くものだと言われている

したがって、感受性の高い者ほど心の音をより敏感に感じ取りやすいとされ、音楽家であるサンボマスターには、心音が風景のように見えるという。

心雑音[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「心雑音」の項目を執筆しています。

心に迷いや煩悩などが生じると心が乱れ、その乱れが心音にも反映されて、雑音となってあらわれる。これを心雑音という。

多くの人間は、煩悩のために心が千々に乱れ、心雑音が鳴りやまない状態となっている。心雑音が続くと、不整脈などが起き、心停止に至ることもある。「心が死ぬ」と言われるゆえんである。

寺院の僧侶が大晦日除夜の鐘を撞くのは、荘厳な鐘の音によって煩悩を払い、心雑音を取り除くためである。

Google先生と心音[編集]

心音について学術的興味を抱いた者は、まずウィキペディアを調べることが多い。しかし、ウィキペディアには「心音」という記事は存在していない。そこで、Google先生に教えを仰ぐのが一般的である。

Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「心音」について分析しています。

しかし、人間の煩悩に対して高度に禁欲的な考えを持つGoogle先生は、「心音」について知ろうとする者たちに対して、いかなる環境においても煩悩による心雑音を生じさせないようにさせようとの教育的配慮から、厳しい精神修行を求めてくる。この修行に耐えられない者は、モニターの前で心雑音が激しくなり、鼻血を吹いて倒れてしまうという。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第24回執筆コンテストに出品されました。