必読書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

必読書(ひつどくしょ)とは、教師生徒洗脳するために、生徒に読むように強制したありがたいお言葉が載った本のことである。強制しない場合は推薦図書などと呼ばれる。

概要[編集]

必読書を読んで高貴になられた御方

小中高・公立私立関わらず半々の学校でこの制度が見られる。必読書の中は難しい言葉や教師にとって都合の良い言葉が連なっており、読みにくいことこの上ない。なので、夏休みの宿題の課題で出された場合はかなり厄介である。

存在意義[編集]

必死に読書感想文を殴り書きする生徒

教師の名目上は正しい知識や文法を修得するためとなっているが実際は洗脳政策の一環である。また、読んでこない生徒がいることを見据えてか読書感想文を提出させると言う悪質なことをしてくる教師もいる。もし必読書を読まなかった場合は呼び出しを喰らい最悪の場合体罰執行なので読まないのはかなりの勇気がいる。

必読書として出されやすいもの[編集]

新書
教師も正確には内容を把握できないという岩波新書などが特に出されやすい。だいたいの新書は絵や面白い解説が無く(だいたいの新書の筆者がユーモア欠落症のため)、説明文ばっかなので読みにくいのだが、思想洗脳しやすいので教師たちがこぞって出す。たいてい本題とは関係ないところで冗語法が用いられているため、途中で飽きて放り出すのが大半である。読んだ場合、ユーモアが急激に失われていくことがあるので、頭の固い人たち以外は読まない方が良い。タチの悪いことに、参考文献や引用を丁寧にやっておきながら、よくよく見ると筆者の主観が書かれていたり印象操作が行われていたりする。高名な有識者と老舗の出版社が結託してこのようなアジテーションを行っている様は、末期的である。
伝記
正直言って伝記の人物に興味が無い人にとっては無意味な必読書。最近は漫画形式の伝記が増えているが、そんなものに教師が触らせてくれないだろう。主に生き方を洗脳させるための物である。なお、こちらは読書感想文の課題として出ることが多い。批判も載せられている評伝の方がまだましだが、教師は「まだ早すぎる」と即却下する。
道徳ものの小説
教師が生徒達の態度を改めさせるために読ませるもの。これらの本は普通の小説と違い、現実的な内容が多いので子供達の想像力が無くなっていくというデメリットがある。それにも関わらず必読書にしている例が多く、「読書を通した想像力の涵養」という教育テーゼと真っ向から対立している。
道徳ものの小説として度々あげられるのは芥川龍之介の「羅生門」や梶井基次郎の「檸檬」である。内容は推して知るべし。また田山花袋島崎藤村谷崎潤一郎の著作も道徳ものの小説と解釈される傾向があるがそれらを書いたこいつらがどういう人間でどういうことをやらかしていたのかは、やはり推して知るべしである。
社長の書籍
社会人版。教師たる社長様が生徒たる社員たちを洗脳するために読ませるもの。本文を一言一句残らず暗唱させるといった小学1年生でもやらない本当の意味での洗脳が手広く行われており、「ああ、学校のセンコーがやらせていたのは、本当に人格育成のためだったんだな」と教師たちの有難味を気づかせる作用がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「必読書」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。