思想家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新しい顔が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。


出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『"思想家"はみんな生きている』

思想家 (しそうか) とは、思想の面で社会に影響を与えた人、なにかをやらかしそう偉人の事である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「思想家」の項目を執筆しています。

概要[編集]

時に人は思考という名の電波を受信する事があるが、大抵の場合は世間体などを気にし、の内に秘めておく場合が多い。だが、そういうから解放されている自由人は、受信した電波をそのまま主張してしまう事がある。このような自由人たちも、大抵は「個々人の生き方」を説いたが、中には「集団的な考え方」という厄介なものを説く者もいた。前者を哲学者と呼ぶのに対し、後者を思想家と呼ぶ。

西洋に於ける思想家[編集]

西洋に於いての思想はユダヤ教・キリスト教・イスラム教などを祖にする一神教的な善悪に基づいた発展を見せた。

中世までの自由人たちが行った主張は主に「自分の在り方を考えるもの」・「物の見方を考えるもの」であり、この本質は「内なる方向への思考」である為、社会システムにまで影響を及ぼすものではなかった。時代はまだ「支配する側とされる側」という階級制度を元に社会秩序を保っていたところがあり、迂闊な言動をすると権力者達から「デュラハンとして生まれ変わりたい」「鳥になりたい」「火の中で生きる可能性を試したい」「鉄の処女に抱かれてみたい」などの様々な願望が有るのではないかと疑われた。

一方、中世になり階級制度が崩壊を迎えて新しい時代になると、社会システムなどに興味を持ち始めた自由人たちは、「外なる方向への思考」と分類できる「他人の在り方までも考えるもの」・「統一的な物の見方を考えるもの」というお節介な思考をし始めた。このような思考の事を思想と呼ぶ。

哲学を「世界観察」と言うのに対し、思想を「未来予想」と呼ぶのは、このような違いからである。

思想家として有名とされるマルクスも「哲学者たちは世界を様々に解釈してきたにすぎない。重要なのは世界を変革することである」と宣言しており、自分は哲学者ではないと一線を引いているが、単に時代がそれを許さなかっただけ、自分は許される土壌にいただけ、という違いに過ぎない。

東洋に於ける思想家[編集]

東洋に於いての思想は、ヒンドゥー教仏教儒家道学を祖にする複合的な発展を見せた。

インドは古来よりヒンドゥー教を基本とした、宗教と哲学と政治学が融合した思想を有しており、これに基づくカースト制度と言われる階級社会を長い間採用していたが、これは支配者にとっては非常に気持ちの良い制度であり、隣接するイスラム教勢力が支配者となった時にも、比較的阻害を受けることなく継承された。

またヒンドゥー教を祖としつつ、その制度から自由になろうと考えた内の一人である釈迦が作ったとされる仏教も、原始的な思想であり、歴史的見地から見た場合は釈迦も自由思想家の一人である、とする考え方もある。この教えは主に東南アジアルート、チベットルートなどを経由して日本にも密輸されており、現在は公安当局がその入手経路を入念に調査している最中である。

中国では孔子弟子が説いた「儒家思想」や、老子荘子が説いた「老荘思想」などが有名である。

「古来の国家は仁愛によって政治が行われた」として政治規範としての儒家思想を尊び、また宗教として扱う国も有るが、宗教としての儒教は死生観などが欠けると指摘されており、この為に生命に対する配慮が欠けていると糾弾する人権派国家が多いが、市民団体と呼ばれる団体は声高には糾弾しない。一方、純思想的な面では、孟子が説いた「性交渉は気持ちいいものだ」とする性善説荀子が説いた「性交渉の後はどことなく後ろめたい気分になる」とする性悪説などが有名である。

老荘思想はどちらかというと「仙人になりたい、或いは仙人にあやかりたい」と願う者が信じる思想で、廃退的な空気が有る為にお勧めはされていないが、それでも日本に於いては古くは陰陽道、中世に於いても「寿老人・福禄寿・布袋」など、近代では「関帝廟」などの形で侵略を受け続けており、予断が許されない。

著名な思想家[編集]

実在する思想家[編集]

空想上の思想家[編集]

その楽しそうか[編集]

関連項目[編集]

この項目「思想家」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)