恋愛至上主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「恋愛至上主義」の項目を執筆しています。

恋愛至上主義(れんあいしじょうしゅぎ)とは明治時代から存在しているとされる、非リアにとっては認めざるを得ない思想である。

概要[編集]

この思想は、「恋愛が人生で一番の価値を持つ」と考える思想である。彼女など出来る訳もない非リアにとっては厳しい思想なのである。

日本での歴史[編集]

明治時代[編集]

日本では明治時代に文芸評論と言うたいそうな仕事をしていた北村透谷の思想がはじめだと言われている。

彼は「恋愛は人生の秘鑰なり、恋愛ありて後人生あり、恋愛を描き去りたらむには人生何の色味かあらむ」(現代語訳:恋は俺のことをいい方向へ導いてくれる。恋がないと生きていけない、まさにLSDだ!)と言う考えを発表。

大正時代[編集]

大正時代、またしても文芸評論家の厨川白村が自らの思想を発表。曰く、「恋愛は悠久永遠の生命の力がこもる」(現代語訳:恋していれば永遠に生きていけるぜ!)。

この思想は若者の支持を得ることはできたものの、非リアは心の中で「じゃあ、俺はすぐ死ぬんだな」と考えていたらしい。

メリットとデメリット[編集]

メリット[編集]

  • 彼女さえできれば「自分は今、サイコーなんだ」と思うことができる。

デメリット[編集]

  • 鬱陶しい
  • 面倒臭い
  • うんざり
  • 気持ち悪い
  • うざい
  • くだらない
  • 疲れる


関連項目[編集]