情報多すぎ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報多すぎ(じょうほうおおすぎ)とは、情報が多いことである。

情報が多いとは[編集]

一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念が多いことである。

一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念が多いこととは[編集]

一定のコミュニケーションの場で使用される言葉や表現を定義付ける背景や状況そのものの内部で言葉(単語・用語など)が持っている概念を持つものを広く指す物事の総括的・概括的な意味が多いことである。

一定のコミュニケーションの場で使用される言葉や表現を定義付ける背景や状況そのものの内部で言葉(単語・用語など)が持っている概念を持つものを広く指す物事の総括的・概括的な意味が多いこととは[編集]

一定の複数の人間や動物などが、感情、意思、情報などを、受け取りあったり、あるいは伝えあったりする場で使用される話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものや自分の感情や思想などに、形として残す事を対象の言葉の正確な意味や、集団において構成員が共通認識を抱くために定める概念をつける対象の出来事が起こる原因となった事実や状況そのものの内部で話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものが持っている物事の総括的・概括的な意味を持つものを広く指す物事の総括的・概括的な言葉(単語・用語など)が持っている概念が多いことである。

一定の複数の人間や動物などが、感情、意思、情報などを、受け取りあったり、あるいは伝えあったりする場で使用される話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものや自分の感情や思想などに、形として残す事を対象の言葉の正確な意味や、集団において構成員が共通認識を抱くために定める概念をつける対象の出来事が起こる原因となった事実や状況そのものの内部で話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものが持っている物事の総括的・概括的な意味を持つものを広く指す物事の総括的・概括的な言葉(単語・用語など)が持っている概念が多いこととは[編集]

情報が多すぎなポスター。
情報が多すぎなダイアログ

一定の複数の社会的なありかた、関係性、人格を中心にとらえた「ひと」や人間を含まない「獣」などが、ヒト・動物、物事などに感じて抱く気持ち、「~したい」「~しよう」という形で行為を直接にうながす自発的な願望や思考、一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念などを、受け取りあったり、あるいは伝え合ったりする物理量を持つものの存在が別の場所にある他のものに影響を与えること、あるいはその影響を受けている状態にある空間で使用される話す・書くなどの人が自らの意志(意思)に基づいてする動作をすることによって一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念を伝達する手段となりうる、言葉(単語・用語など)が持っている概念があるものや自分のヒト・動物、物事などに感じて抱く気持ちや人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えなどに、形として残すことを対象の話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものの正確な言葉(単語・用語など)が持っている概念や、複数の人間の集まりにおいて構成員が共通の主体あるいは主観による、対象の明確な把握を抱くために定める物事の総括的・概括的な意味をつける対象の出来事が起こる事象が発生・生起することとなった根源的な事実となった発生した現象のこと全般を指す抽象的な概念、ないしそれに合致する現象を指す表現や状況そのものの内部で話す・書くなどの人が自らの意志(意思)に基づいてする動作をすることによって一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念を伝達する手段となりうる、言葉(単語・用語など)が持っている概念があるものが持っている物事の総括的・概括的な話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものが持っている物事の総括的・概括的な意味が多いことである。

一定の複数の社会的なありかた、関係性、人格を中心にとらえた「ひと」や人間を含まない「獣」などが、ヒト・動物、物事などに感じて抱く気持ち、「~したい」「~しよう」という形で行為を直接にうながす自発的な願望や思考、一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念などを、受け取りあったり、あるいは伝え合ったりする物理量を持つものの存在が別の場所にある他のものに影響を与えること、あるいはその影響を受けている状態にある空間で使用される話す・書くなどの人が自らの意志(意思)に基づいてする動作をすることによって一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念を伝達する手段となりうる、言葉(単語・用語など)が持っている概念があるものや自分のヒト・動物、物事などに感じて抱く気持ちや人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えなどに、形として残すことを対象の話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものの正確な言葉(単語・用語など)が持っている概念や、複数の人間の集まりにおいて構成員が共通の主体あるいは主観による、対象の明確な把握を抱くために定める物事の総括的・概括的な意味をつける対象の出来事が起こる事象が発生・生起することとなった根源的な事実となった発生した現象のこと全般を指す抽象的な概念、ないしそれに合致する現象を指す表現や状況そのものの内部で話す・書くなどの人が自らの意志(意思)に基づいてする動作をすることによって一定の文脈の中で意味を持つものを広く指す概念を伝達する手段となりうる、言葉(単語・用語など)が持っている概念があるものが持っている物事の総括的・概括的な話す・書くなどの行為をする事によって情報伝達手段となりうる、意味があるものが持っている物事の総括的・概括的な意味が多いこととは[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人(おそらく相当な暇人、重度のネット中毒、自宅警備員を生業とする者と思われる)は、途中で生体活動レベルが低下し、思考および手足を動かしての活動ができない状態に陥りました。簡単に述べると寝てしまいました。本来はベッドないし布団の中で行う行為ではありますが、パソコンの画面を前にしてそのような状態に陥ったものと思われます。
あとは種々の書籍、雑誌、ネット上の記事、その他諸々を参考に(辞書が一番手軽だと思います)適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)
Exploding-head.gif この記事(事実の記述の事。でもアンサイクロペディアの記事の場合は嘘が多いけどね)は情報(ある物事の内容や事情についての知らせ。インフォメーション)が多すぎてグダグダです。
全部(物事のすべて。みな)読む(文字や文章、図などを見て、その意味・内容を理解する事)と頭(動物の体の上端または前端の部分で、脳や目・耳・鼻などの重要な感覚器官のある部分)が爆発(物質が急激な化学変化または物理変化を起こし、体積が一瞬に著しく増大して、音や破壊作用を伴う現象)してしまうかも。
内容(文章や話などの中で伝えようとしている事柄。意味)を削る(一部分を取り除いて全体の量を減らす事)か記事(事実の記述の事。でもアンサイクロペディアの記事の場合は嘘が多いけどね)を分割することで爆発(物質が急激な化学変化または物理変化を起こし、体積が一瞬に著しく増大して、音や破壊作用を伴う現象)の危険(あぶないこと。生命や身体の損害、事故・災害などが生じる可能性のあること)を抑え、ご家庭(夫婦・親子などの関係にある者が生活をともにする、小さな集団)での使用に適した(ある対象・目的などによく合う)記事(事実の記述の事。でもアンサイクロペディアの記事の場合は嘘が多いけどね)になります。
この記事「情報多すぎ」は長すぎます! 文章が冗長になっているという気がします。文章が冗長になっているという気がします。さらに注意すべき所を探すならまとまりがないという点も気になりますよね? いつのまにかエッセイ的でなくなっているのはまるでウィキペディアです。などなど。えーと、つまり分かりやすく短く書くと、まとまっていない上にバカバカしい長さを超え、この記事「情報多すぎ」はアンサイクロペディアから離陸しようとしている疑いがあるのです。何とかするためには既にある記事に適切な修正と推敲を行い、さらに記事を追加したり加筆して今よりもっともっと長くするときはラジオ体操第三により心身の健康を維持し、記事の容量だけ腹筋運動をして文字入力姿勢を正した後、精神が落ち着くようにトイレに行ってから、あなたの後ろと文章に注意をして本当にこの長い追加や加筆は必要なのか小一時間考え、空手の黒帯を取得してプロフェッショナルな気合いを入れてから編集してください。


だから〜、この記事(事実の記述の事。でもアンサイクロペディアの記事の場合は嘘が多いけどね)はそういうネタなんだよ! 理解(物事の道理や筋道が正しくわかること。意味・内容をのみこむこと)しろ!

参考となるページ[編集]

Wikipedia
真面目であることだけが取り柄である百科事典ウィキペディアの専門家を気取っている馬鹿な人たちも「情報多すぎ」については新たに記事を執筆するということについて躊躇し続けているのです。そのような目覚ましい快挙を我らがアンサイクロペディアの人たちによって手際よくやりおおすことが出来たということは、我々アンサイクロペディアン達がみんなで誇るべき偉業であるのです。