情報消防局

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

情報消防局(じょうほうしょうぼうきょく)とは、ITプロジェクト火消しをおこなう行政機関である。

歴史[編集]

情報消防局は、ITプロジェクトのずさんな管理によって、多額の損害が発生したことから設置された。 情報消防局ができるまでは、情報プロジェクトの管理は開発組織の責任であった。しかし日常的にトラブルが絶えず、社会的な損害も増加の一途をたどる。国民の不信感も少なくなかった。

そこで政府は情報建築基準法を制定し、まず国のプロジェクトの入札条件として、最終的にはすべての商業プロジェクトに規制をかけることをもくろんで、実施に踏み切った。本法では情報建造物の着工前に情報建設大臣からの許認可を得る必要があるほか、資格を持った監督者の作業所への常駐、炎上を知らせる火災報知器の設置が要求された。

しかしながら、コストの大幅増加(オフショア開発にも大幅な制限がかかった)を招いたにも関わらず、トラブルの数には効果が見られなかった。そこで政府は、情報建造物に対する実力組織として情報消防局を設置し、同時に失火に対する責任を問わないとすることを決断したのである。

最近の動向[編集]

情報消防局による火消しもさることながら、巡回指導(通称ガサ入れ)により表面的なプロジェクト管理があばかれるようになり、トラブルは徐々に減少するようになる。 しかし近年、実際の情報建築図面とは異なる図面で許認可を得ていた事例が発覚し「工数偽装プロジェクト」として波紋を広げている。


体制[編集]

基準を満たしたプロジェクトのみを許可し、同時に失火については行政側が救援するという、両面からの体制となっている。


情報建築基準法[編集]

情報建造物は、以下のような点を満たすことが要求されている。

  • 施工図面、工程計画書、人員配置計画などが完備していること。
  • 情報建築士による監査がおこなわれていること。
  • 非常を知らせる警報システムが常時機能していること。また非常訓練がおこなわれていること。
  • 建設計画などが近隣の住民に対して、掲示板などにより広報されていること。


情報建設省による許認可[編集]

情報建造物の種類によって許可と認可がある。以下の条件をすべて満たした場合は許可、そうでない場合は認可となる。

  • 情報建設省が認定した「実績のあるシステムと開発計画」と同じ、またはサブセットの内容である。
  • 認定されている建築事業者が施工する。認定の条件は、毎年の売り上げが10億円以上、外注率が金額比で50%未満、失火プロジェクトが金額比で5%未満という条件を、3年連続で満たしていることである。
  • 情報消防士が火消し作業をおこなう場所が確保されていること。

当然であるが、プロジェクトの認可を得るのは大変むずかしいため、認定事業者に依頼しないとプロジェクトが実施できない。認定事業者は事実上の独占になるため、有利な価格・納期を設定でき、失火しないのである。

情報建築士[編集]

以下の項目は、情報建築士でないとおこなうことができない。

  • 各種書類の検証、確認。
  • 監査の実施と、監査報告書の作成。
  • 監査報告書に貼りつける、施工中の現場の写真の撮影。

情報消防局[編集]

情報消防局の業務は以下の通りである。

  • 消防士の訓練。
  • 巡回指導の実施。
  • 緊急出動への対応。

情報消防車[編集]

情報消防士が出動の時に使用する車両で、重大なシステム障害を象徴するブルー一色で塗装されている。この状態では当然、窓は開かない。

関連項目[編集]


ここだけの話だけど、「情報消防局」は構造材が足りない違法建築なんだ。バレないうちに直しておいてくれ。いいか、絶対誰にも言うなよ。 (Portal:スタブ)