想像妊娠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、まだ出来てない場合について記述しているばい! 出来ちゃった場合につ・い・て・は「処女懐胎」をCHECK IT OUT!! はい!!!

想像妊娠(そうぞうにんしん)とは、妊娠に備えて行うイメージトレーニングの一種である。上級者であれば彼氏(特に婚姻関係を結ぶ前の)と一緒に楽しむことができる。

方法[編集]

まず「妊娠したい」と強く念じる。そして妊娠についての専門書をよく読み、妊婦の特徴を勉強する。より高度な想像妊娠を願うのであれば演技の腕を磨いておくことは必須である。準備が整ったら月経の停止から始まり、つわり、頻尿、食物嗜好の変化などを起こす。胎動を感じることができるようになれば

適当な時期になったら、妊娠検査薬を手に入れて「陽性だ!」と叫んでもよい。この時実際の検査結果は問題ではない。するとパートナーに刺激を与えられる。刺激となるのは確かではあるが、不確かでもあり、行く末は刺激を追い求めて夏の湘南を訪れるのが普通である。もし突然パートナーが姿を消すようなことがあったら、何らかの通信手段を使って「私は一生消えない十字架を背負いました」と伝えてみよう。臨時収入が手に入るかもしれない。

意味[編集]

妊娠はの一生の中でとても大きなイベントであると同時に、心身ともにとても大きな負担となる。そのため、妊娠中にかかる負担の少しでもを練習しておくといざ本番となったときも(うまいこといった!)安心である。また自分が妊娠した際の彼氏のリアクションをあらかじめシミュレーションすることもできる。

彼氏がいない時に憧れの人や有名人を対象にしてこのトレーニングを行った場合には、周囲の人から名誉ある称号がもらえるだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「想像妊娠」の項目を執筆しています。