意味

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

意味(いみ)とは、意味である。ていうか、こう書く以外にどう書ける。お前は意味を別の言葉で説明できるのか(逆ギレ)

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「意味」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「意味」の項目を執筆しています。

概要[編集]

さすがに冒頭の説明だとあんまりなので、何とか説明すると、物事の持っている概念、理由、目的性のことであり、「意味がある」「意味がない」のように表現する。

人間が物事を行うのは、それが意味があると認識しているからであり、ひとたび意味がないと認識すると、とたんにやる気が失せるものである。

「それ意味あんの?」[編集]

「それ意味あんの?」は最高の煽り言葉である。

しかし、低俗な言葉と判断するのは早計である。

というのも、この言葉を言って、相手が考えて、「○○だから」と答えが返ってきたとしよう。その答えに対して、さらに「それ意味あんの?」と続けたとしよう。「意味がある。△△だから」と返ってきた答えに、さらに「それ意味あんの?」と繰り返したとしよう。相手はその物事の本質に対して深く深く考えていくことを余儀なくされ、遂には真理という悟りに到達するのだ。「それ意味あんの?」とは悟りの言葉である。

全てのものに意味はあるのか[編集]

一見して世の中には、意味のあるようなものと無いようなものが溢れている。

スピリチュアリティ的な悟りにおいては、「全てのものに意味がある」と肯定的に捉える。

これに対して、「全てのものに意味がない」というニヒリズムに到達したのはニーチェであるが、彼は晩年に発狂してしまった。

究極的には「意味」という概念すらが無い、つまり我々は「意味がある」「意味がない」に拘り、「意味」という概念自体に意味を見出しているのかもしれない(何を言ってるのか解らない)

関連項目[編集]