愛知環状鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
情報操作に注意
この項目、愛知環状鉄道には一部中の人の情報操作によって書かれた文章があります。情報操作の痕跡を見つけても、中の人に粛清されぬよう放置することをお勧めします。

愛知環状鉄道(あいちかんじょうてつどう)は、愛知県郊外を走る日本一エコロジーな鉄道会社・路線を目指す鉄道会社です。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「愛知環状鉄道」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「愛知環状鉄道線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡多線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「愛知環状鉄道」の項目を執筆しています。

路線概要[編集]

愛知県春日井市高蔵寺駅岡崎市岡崎駅を結ぶ全長45.3kmの鉄道路線です。この距離はJR線の東海道本線中央本線経由のルートに比べて12.2kmも短くなっています。しかし我らが愛環は北越急行智頭急行などのただの短絡路線とは異なります。我が社の全線の所要時間は約60分となっており、JR経由のルートの標準時間である55分よりやや長めに設定しております。このように無理な高速運転を避け、節電と環境保全に貢献しているのです。

車両[編集]

我が社では車両にも環境対策を施しております。
近年、通勤車両の長編成化が進んでいます。名古屋地区も例外では無く、名鉄や東海道線では8両、中央線に至っては10両といった長大編成も珍しく無い時代になっています。しかし、長大な編成の車両は当然大量の電力を消費します。ですから不必要な車両の長編成化は近年の節電と環境保全の風潮に反します。
しかし愛環は違います。1編成あたりの車両数を中央線と比べ朝夕ラッシュ時でも60%カット、昼間時は最大80%カットしています。これにより、節電と環境保全に貢献しています。
しかし、鉄道車両に最も求められているものは快適性です。首都圏などではコストダウンのために座席の質を落とし、快適性を犠牲にした車両が多くなってきています。しかし愛環は違います。高い快適性を保つため、前述のような車両の本数は最小限にとどめ、長距離移動をされるお客様にも人気の高いJRの313系電車と仕様を合わせたシート・313系電車と同じ車内案内表示器・313系電車と仕様の似た外装を採用した車両を中心に運用することで、快適性を維持しているのです。車内案内表示器は片側とし、無駄に蛍光灯にカバーを付けないことで節電に貢献しています。
2019年9月現在、2018年12月中旬頃から2両1編成を放置プレイしています。車両の大規模な検査についてはJR東海の名古屋工場で実施しており、高蔵寺より中央本線を走行して回送する際に、愛環線とは異なる保安装置を使用しているためそれに対応した編成でサンドイッチして名古屋まで回送しますが、前述の1編成放置プレイにより回送を行う日は一部の列車の両数を半分にして対応しています。
また、長編成化によりアボーンされた100系はえちぜん鉄道に譲渡し、空気輸送対策として真っ二つにカットされて1両編成に合体させました。

ダイヤ[編集]

近年、過密ダイヤとなっている路線が多くなっています。輸送力不足のための本数増加は仕方ない部分もありますが、不必要に過密なダイヤとなっている路線が存在するのも事実です。しかし愛環は違います。昼間の運転本数を東海道線と比べて63%カットし、16分に1本の間隔とすることで、節電と環境保全に貢献している上に、お客様に覚えていただきやすい列車ダイヤとしています。
しかし、余りに本数が少ないと通勤・通学に不便……。ですが愛環なら朝夕の本数の心配は要りません。瀬戸市の市街地では最大毎時5本、豊田市の市街地では毎時最大7本運行。うち3本は新豊田〜三河豊田の短区間運転なので無駄な電力を食いません。

運賃[編集]

愛環の運賃は他社と比べて高めに設定されています。しかしこれはただの運送費用ではありません。環境保全のための皆様からの投資として利用させて頂いております。愛環電車に乗ることは環境への投資につながるのです。 皆様、JR東海なんか中央新幹線で環境には迷惑極まりないですし、より環境に優しい愛知環状鉄道をご利用下さい。

最後に[編集]

これらの環境対策が支持され、愛環はほぼ毎年黒字経営。従業員による私的恐喝行為の一般化も相まって、黒字増加も右肩上がりの優良企業です。愛・地球博の際もアクセス手段として活躍しました。これも皆様の投資のおかげです。 日本一環境とお客様に優しい愛環を是非ご利用ください

もし、あなたに暇がありましたら、愛環のホームページに掲載しております貸借対照表、損益計算書をご覧になって下さい。確かに黒字計上していますが、運賃収入だけでは赤字で、愛知県に対する恐喝のシノギによって黒字になっていることがよく理解できます。

関連項目[編集]


この項目「愛知環状鉄道」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)