懲罰的損害賠償

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

懲罰的損害賠償(ちょうばつてきそんがいばいしょう)とは、アメリカ合衆国で行われている一種の賭博である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「懲罰的損害賠償」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

アメリカの自動車会社が、あるとき日本痛車文化を見て、自社でも痛車を造ろうと開発に着手した。この際、車体後部に検閲により削除を描いたが、その量産車が市場に出ると、追突事故の際に萌え死ぬドライバーが続出した。これは後部のデザインに関する致命的欠陥があったためであったが、改修およびリコールには巨額の費用が見込まれた。低所得層が多いヲタを何人か黒焦げにしてその一生分の給料を払うのではなくリコール隠しをして、なんとかフルモデルチェンジまで間に合わせられると見込んだその自動車会社は、故意に萌え死ぬヲタを放置して汚物消毒に貢献した。

しかし、ヲタ一人の死体につき地球一個分までなら利益を生み出せると考えた弁護士が懲罰的損害賠償を考案して提訴。結局その自動車会社は大損害をこうむる結果となった。

以後、米国の裁判所は賭博事業法の管轄となった。

この賭博はアメリカンドリームを実現するものとして大いに注目された。ゴールドラッシュも下火になったという時代的要因もあり、瞬く間に全米で同種の訴訟が起こった。

事例とルール[編集]

その中でもとりわけ有名なのが、コーヒーが熱すぎて火傷したのは店のせいだというものである。この賭博では敗者であるマクドナルドに約3億円の賠償命令が下った。「親」の女性(79)は、死者を出さない賭博での初の3億円プレイヤーとなった。この賭博では懲罰的損害賠償について以下のルールが定められた。

  • 事故発生の可能性があるならば、それらをすべて注意書きとして分かりやすく表示しなければならない。これを怠った際には支払額を激増させてよい。
  • 被告の資産・経済規模に応じて支払額を際限なく加算してよい。
  • 同じ事故が複数箇所で発生した場合は、支払額も発生件数に比例させる。

以後、この基準に基づいて企業側は対策を練ることになる。トンボ鉛筆は対応が早く、詳細な取り扱い説明書を貼付するようになった。一方でタバコ会社は対策が遅れ、「吸い過ぎに注意しましょう」と記すのみであった。そのため大規模な賭博が開帳され、タバコ会社は総額100兆円の支払義務を負うことになる。これを契機に、それまで遅れがちだった企業でも本格的な対策が始まる。当のタバコ会社では、パッケージに末期の肺癌患者の写真を使用し、タバコの弊害を書き連ねた説明書を添付するようになった。

2つ目の基準が適用されたのが北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件アメリカ同時多発テロ事件である。トヨタ自動車は企業規模が非常に大きいことが災いし、社長が秘書の体を触ったに対して215億円もの支払義務を負わされた。テロ事件では大富豪として世界的に知られるサウジアラビア王室が訴えられたため、その請求額は1京円に達した。

親の戦法[編集]

  • ともかく非常識な俺ルールの企業を探す。実際に商慣行として正常な行為であってもかまわない。非愛国的な企業や外国企業であればなおよい。(ルール2を参考にする)
  • 次に同社の製品をあらゆる方法で壊す。(ルール1を参考にする)
  • 壊してみて、少しでも理不尽そうな壊れ方をしたら、全米でその製品の持ち主に壊し方を伝授して一斉に同じように製品を破壊し、その製品を持ち寄って裁判を起こす。(ルール3が適用され有利)

日本での状況[編集]

  • 現在は日本では利幅が低いらしく、この賭博が開帳されることはない。
  • しかし最近は、人が集まる場所で鼻歌が歌える環境を放置したため巨額の損害賠償を求められるなど、実際の損害より非常に高い損害賠償額が得られると期待できる判例が増えており、日本での実施が期待されている。
  • 「完全なる自由」を称え、自由なる暗黒神ファラリスを信仰するとある大阪の宗教団体では、猫を電子レンジにかけるいけにえの儀式があるが、これは懲罰的損害賠償の有名な裁判例を模倣したといわれている。

関連項目[編集]