我々の業界ではご褒美です

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「我々の業界ではご褒美です」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「我々の業界ではご褒美です」の項目を執筆してくれています。

我々の業界ではご褒美です(われわれのぎょうかいではごほうびです)は、一部の人達が使う言葉である。

概要[編集]

人は他人から罵られたり、叩かれたり、踏まれたりすると気分が悪い。場合によってはそれがきっかけでいじめセクハラパワハラに結びついてしまい精神的に追い込まれることもある。しかし、世の中にはそのような行為に快感を得る人がいる。普通の人からは理解できない、不快としか思えないようなこともその人からしたらご褒美だと。そう、それが「我々の業界ではご褒美です」である。主にツンデレ美少女キャラからされるとこの言葉がでる傾向である。

この言葉が一般的に広まったのは「タモリ倶楽部」だと言われているが、そんな事誰も気にしない

この言葉を出させるには[編集]

我々の業界ではご褒美です

では、この言葉を出させるには具体的にどうすれば良いのか。

ゴミを見るような目で見る
もっともお手軽なやり方。その人を汚いものとして捉えて睨みつけるようにする。こうすれば自然とこの言葉が出てくる。これで十分だという人達は軽い方である。
罵る
大きな声で普通の人からは不快としか思えないようなキツイ言葉を浴びせる。やる際は近所迷惑になるリスクがあるので声量に注意。声を出すのでゴミを見るような目と比べると若干手間がかかるが、これでも手軽な方であり、これでも十分ご褒美だという人はこれでもマシなのである。
踏む・蹴る
文字通りその人を踏んだり蹴ったりする。ただし、これをやるには上の2つと同時にやらないといけないので、手間と体力を要する。しかも、これを受けている人は上2つでは物足りない性格なため性癖がかなりヤバイ人である。
道具を使う
ムチなどの道具を使ってその人を痛めつける。これをやるにも、上の3つと同時にやらないといけないので、体力・精神力が保てる人でないとできないほど難易度が高い。受ける人は上3つでは物足りないので重症である。

これ以上書くと生々しいので割愛。

対義語・類義語[編集]

我々の業界でも拷問です
その人達でも受け入れられない行為をされた時に出る言葉。

関連項目[編集]