戦極姫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「戦極姫」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「戦極姫」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「戦極姫」の記事を執筆しています。

戦極姫(せんごくひめ)とは、自国理解を軽視する風潮を打破する為に展開されたゆとり世代向け歴史SLGシリーズ。同じくゆとり世代の女子向け歴史作品『戦国BASARA』と対になっている。

概要[編集]

戦極姫版織田信長

1989年の学習指導要領改定、いわゆる「ゆとり教育導入」で高校の社会科は「地理歴史」 と「公民」に分割された。その結果世界史は必修科目として残ったが、日本史は地理との選択科目となり教科としての優先度が低下することとなり、また受験科目としての比率も下がった事から小中学校でのカリキュラムからも内容が大きく削減された。加えて評価がデリケートな戦争関係の日本史は自虐史観によって更に歪んだ詰め込み教育が加速し、その為江戸時代より前の日本史は激しく軽視されるようになったのである。また英語教育の早期化がグローバルな人材育成に繋がるとして[1]国語(日本語)も軽視され、若い世代は自国の文化を軽んずるようになってしまった。

しかし歴史とは文化の礎であり、自国の過去を学ぶことは国の未来を育む事でもある。例えば中国は古代に世界一の文明を築いたが、王朝が代わる度に過去を捨て去り[2]続けた結果張り子の虎へと落ちぶれ果てた。また過去を持たない若い国であるアメリカ韓国[3]は、学ぶべき歴史が浅い故に世界各国から度々顰蹙を買っている。そうならない為にも、若い世代に日本史への興味を持って貰おうと作成された歴史SLGシリーズがこの『戦極姫』である。

戦極姫の特徴[編集]

史実よりもエンターテインメンティズムを重視し[4]、若い世代が親しみやすいように女性的な容姿にした戦国武将たちが日ノ本狭しと大暴れする痛快歴史コメディとしてシリーズ全体の雰囲気が創られているのが大きな特徴である。分かりにくい年代史や武将の年齢設定などは廃されており、織田信長と伊達政宗が共闘する事も可能。オプション設定で切腹判定を無くせば捕縛した武将は殆ど全て仲間に出来るので、戦国史を代表する武将らを集めたドリームチームを組むことも出来る。

本作の武将たちは元の特徴も踏まえた上で様々なアレンジが加えられており、例えば宇佐美定満は「うさみ」という姓からウサミミを着け長尾為景を追い詰めた豪快さから「窮屈が嫌いで常時半裸」という性格が付与されている。また史実でも若き日は「姫若子」と軽んずられた長宗我部元親はそのものズバリの男の娘として登場したり、村上水軍が「村上さん」として出てくるなど個性豊かな面子が揃っている。シナリオ面でも、織田家の家督争いについて織田信行が「姉を当主にしたくない連中に担ぎ上げられた神輿」「誰も私が当主に相応しいとは思っていない」と吐露したり、シリーズが進むと本能寺の変後の光秀視点が描かれたりと戦国史へ興味を持ちやすくなるような展開となっている。

脚注[編集]

  1. ^ また学習時間の多寡を基準に国際化を求める一方、日本よりも学習時間が長いイタリアが学習総合理解度(PISA)では日本のはるか下位に位置している事は無視されている。
  2. ^ 酷いときは姜族のように、過去の主要民族を全て惨殺し人民を丸ごと入れ換える事さえあったとされる。
  3. ^ 朝鮮王朝文化は北朝鮮に受け継がれたが、韓国はアメリカが作成した実験国家である。
  4. ^ 幕末文化研究家の和月伸宏氏もエンタメ作品を切っ掛けに歴史へ興味を持ち勉強していくことに好意的で、「ただ年表を眺めていただけで新撰組のファンになった、という人は聞いたことがない」と語っている。

関連項目[編集]


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「戦極姫」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)