手裏剣戦隊ニンニンジャー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「ニンジャ殺すb、いや……ニン…ジャ……なのか……?」
手裏剣戦隊ニンニンジャー について、ニンジャスレイヤー・サン
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の記事を執筆しています。

手裏剣戦隊ニンニンジャー(しゅりけんせんたい-)とは、アメリカの若者文化を代表する小説『ニンジャスレイヤー』の日本語実写版として企画されたニンジャエンターテインメントヒーローアクションドラマである。

概要[編集]

本作は『烈車戦隊トッキュウジャー』に続くスーパー戦隊シリーズ39作目に当たる。「恐竜」「電車」と来て男の子が大好きなモチーフと言えば忍者、ということで『忍者戦隊カクレンジャー』『忍風戦隊ハリケンジャー』を経た三度目の忍者戦隊である。またこれらのモチーフは人々の心が真っ直ぐな正義の大国・アメリカ合衆国でも人気のあるネタであり、忍者ネタのマンネリ化を防ぐためアメリカの忍者文化を多く取り入れる方針となった[1]。そこで目をつけられたのが、当時アメリカの若者を熱狂させていた『ニンジャスレイヤー』である。

ニンジャスレイヤーは「ブラッドレー・ボンド」と「フィリップ・ニンジャ・モーゼズ」が共著したサイバーパンクニンジャ活劇小説である。バットマンスポーン等のダークヒーロー作品ながら時代劇の様式美を取り入れた[2]この作品は、そもそもが時代劇をメインにしていた東映の作風ともマッチしておりスーパー戦隊のフォーマットにも落とし込みやすかったとされている[要出典]。ただし当初の予定である「実写版ニンジャスレイヤー」という企画は翻訳権をエンターブレイン(現KADOKAWAエンターブレイン)が独占している事で実現できず、大幅なアレンジを余儀なくされた。

内容[編集]

ニンジャスレイヤーで描かれたような忍者同士の戦いが主軸ではなく、「ラスト・ニンジャ」のニンジャソウルを持つ祖父に憧れる若き忍者伊賀崎天晴/アカ・ニンジャーが一族の力を結集して、古の時代より復活した邪悪な牙鬼幻月率いる牙鬼軍団に立ち向かうニンジャアクション作品。放送時間帯の都合もあってニンジャスレイヤーのような闇に潜む描写はあまりなく[3]、忍びなれども忍ばず大暴れする痛快ニンジャコメディとしての面が強い。またニンジャスレイヤーにクトゥルフ要素があったように加藤・クラウド・八雲/アオ・ニンジャー魔法忍術を融合させて戦うなど、ニンジャスレイヤーを原作に持つという部分が強調される事も多い。

他にはアメリカン要素として、キンジ・タキガワ/スター・ニンジャーがアメリカ人すら天を仰ぐ程[4]に全力投球でアメリカンなヒーロー描写をされているのも特徴的である。忍者戦隊のアメリカ系メンバーとしてはカクレンジャーのニンジャブラックが有名だが、カウボーイ路線を取り入れたアーリーアメリカンスタイルで人気を泊した。なおキンジを演じた多和田任益氏はアメリカン俳優としてではなく忍者俳優として名を馳せ、その後忍者ライダー作品『仮面ライダーシノビ』でも主人公を演じた。

脚注[編集]

  1. ^ アメリカのパワーを吹き込んでマンネリを防ぐ、という手法は伝統的なものである。1990年代のコンシューマゲーム界でもヨーロッパ系ファンタジー作品偏重の流れを変えるべく、ハドソンがスミソニアン博物館東洋研究第3主事の東洋研究家P.H.チャダ氏が記した歴史書『FAR EAST OF EDEN』を基にしたオリエンタルファンタジー作品『天外魔境』シリーズを出している。
  2. ^ 決闘前に必ず名乗りを上げる、辞世の句を詠むように迫る、等々。
  3. ^ また倒された相手側が爆発四散することもなく、巨大化してロボ戦に移行する。
  4. ^ 『北斗の拳2』(アニメ版北斗の拳第二章)に登場した「星のアイン」に近い。

関連項目[編集]

ダークナイト(メギド王子) この「手裏剣戦隊ニンニンジャー」はスーパー戦隊に関連した書きかけ項目だ。
お前がどうしても加筆したいって言うのなら、この俺に挑戦するべきだな。 (Portal:スタブ)