抵抗制御

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「抵抗制御」の項目を執筆しています。
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

抵抗制御(ていこうせいぎょ)とは、電車の加減速に用いられる、萌えキャラクターの一種である。

構造[編集]

並列と直列の2つのステップがあり、切り替えの際に、カックン(ああっ)カックン(あんっ)カックン(ああんっ)と、非常に激しくイッてしまう。 そして、抵抗制御の中の人の頑張りを知らないファンや乗客が、抵抗制御を批判したため、抵抗制御に捻りを加えてバーニラ抵抗制御が開発された。 このバーニラ抵抗制御は、イく回数を減らすのではなく、イく回数をふやしたのだ。抵抗制御の起動〜加速までの音と進段を表すと、下のようになる。

プシューーウ ウオウオオオカックンウオウオオンンンカックンンオンンオオウンカックンウオウオオオウオオオウンンンンンンンンンンンンンン

典型的な抵抗制御電車。



ちなみに、中の人は、カックンのたびに、あんっ!  ああん〜 ああっ!と、激しくイっている。 バーニラ抵抗制御の場合、加速時に、あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!あ!と何度もイっている。

逝きかた[編集]

まず、抵抗器を並列につなぐ。次に、抵抗器を直列につなぎ、さらにパワーアップ。しかし、しばらくすると、中の人が、「も〜げんか〜い。もっと速くモーターまわすとか、マジむり〜」と、モーターを回すのを妨げる起逆電流が発生する。 そこで、中の人がもっと働けるように、差し入れ=弱め界磁を発生させる。これによって起逆電流を打ち消し、さらに加速させるのである。


抵抗器の過熱[編集]

抵抗制御は、本気になると、熱を出す。そのため、トンネル内では、熱がこもり、電車内がアーン♥♥になる。しかし、とbyyiの、セイジクリームの電車の抵抗器が、熱くなりすぎ、トンネルを焦がしてしまったことがある。それ以来、厳しい基準が設定され、 地下鉄には、抵抗制御を使ってはいけないという、お約束ができた。

界磁添加励磁制御[編集]

抵抗制御では、回生ブレーキが使えない。※TQを除く。なぜなら、この萌えキャラは、カックンカックンと前後に動くことでエネルギーを消費してしまい、回生ブレーキを使い始めるころにはほとんど体力がのっこておらず、発電しようとも20Km/hで回生失効してしまう。つまり、あってもなくてもあまり変わらないのである。そこで、抵抗制御と、界磁チョッパ制御のハーフである、界磁添加励磁制御が、國鐵の手によって開発された。これは、カックン カックンゐくのは従来と同じだが、回生ブレーキが使える。この、界磁添加励磁制御は、様々な電車に採用された。

バーニラ抵抗制御[編集]

呼称問題[編集]

バーニラ抵抗制御は、 バーニアか、バーニヤか、バーニャか、バーニラのどれが正しいかで、戦争が発した。現在は、休戦しているものの、いまだに決まっていない。

乗り心地[編集]

まるで、バナナの皮廃棄場を滑るような滑らかな発進が可能だ。

関連項目[編集]

電機子チョッパ制御
走ルンです
VVVFインバーター
つりかけ
電車
界磁チョッパ制御
Gomen.jpg この「抵抗制御」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)