掛川市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「掛川市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「掛川市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「掛川市」の項目を執筆しています。

掛川市(かけがわし)は、静岡県の西部、じゃなかった、浜松県の東部にある都市だっけ。

観光[編集]

 一応かつては城下町だったことからそれを売りにしている。『歴史の街』を売ろうと城周辺の建物を瓦・漆喰で塗り固めてしまった。観光客への一番の宣伝文句は、掛川城主が山なんとかさんこと山内一豊であったこと。元々、一豊は豊臣秀吉の古参の家来で、徳川家康が秀吉の命令で駿府から江戸に飛ばされた時に、家康への監視役として掛川へ国替となった。ところが秀吉が死ぬや、真っ先に一豊は家康に尻尾を振り、関ヶ原の戦い前には家康以下諸大名の前で掛川を家康に差し出すと述べて家康への忠誠を大っぴらに示した。一豊は特に関ヶ原の戦いでろくな戦功を上げていないが、家康からは掛川の代わりに土佐一国(高知県)を与えられるという破格の恩賞を受けた。よって一豊と言えば、残念ながら世間では掛川城主よりも土佐藩270年の藩祖としての印象の方が強い。

 実は掛川城の最も華々しい戦いは、一豊とは全く無関係である。桶狭間の戦いで今川義元が戦死してから衰退の一途を辿って滅亡寸前に陥った今川軍が、最後に掛川城に籠城して徳川家康軍と半年間戦い続けた攻防戦である。家康は掛川城を力攻めで落とせずに、最後は今川の小田原退去を認め、命を保証する講和条件で掛川城を手中に入れたが、江戸時代となった家康が瀕死の今川軍が籠る掛川城を戦で落とせずに講和で獲得せざるをえなかった「失態」を広めることは、江戸時代のタブーであり、その影響で現代に至るまで、その攻防戦はあまり知られていない。

交通[編集]

戦国時代以来の城下町という歴史を持っているが、電車東海道本線しか止まらないわ、東名高速道路のインターチェンジはないわと散々だった。しかしながら、市長の謀略と外交工作によって新幹線の駅ができ、さらには東名高速道路のインターチェンジも誘致に成功。着実に勢力を伸ばしつつある。2012年には新東名高速道路が開通し、よりアクセスが良好になった。

勢力[編集]

前述の通り、交通の便がよくなっているためか勢力拡大中である。ちなみに金太郎の弟っぽい名前の人とどういう関係があったのかわからないが、その人の説いた教えを広める中心的な施設もあるらしい。また、最近南の2つの町を吸収したことからさらに勢力拡大中である。最終的には菊川市も吸収しようと目論んでいる。

浜松県が復活した頃には、二俣豊橋と施設の誘致合戦を展開した。この結果、教育事務所は掛川が取り、工業高専は豊橋が分捕った。

産業[編集]

お茶だけは世界一だね。

出身者[編集]

出産メカを発明した大臣が掛川市出身であることは意外と知らない人が多い。

関連項目[編集]