断章

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

断章(だんしょう)とは、頭の硬い国語辞典を要約すると「詩文の断片」、つまり物語りの一部のことである。英語にすると「fragment(フラグメント)」。一応言っておくが和やかに話し合うことではないので注意。ちなみに俺が書いたときにウィキペディアにこの項はなかったんだな。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「断章」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

前述の通り、断章とは物語の一部と言う意味である。他にもちょこっと違う意味もあるみたいなんだけど、こっちの意味の方が知ってる人多いからこっちのこと書くね。

少し難しい言葉なので、異性相手に使うと若干好感度がアップするかも。使いすぎると厨二病と同じになる。

断章とは[編集]

断章とはつまりこういうことである。

  • トンネルを抜けるとそこは雪国だった。
  • 中国・四川省で大地震
  • 木星に隕石が衝突
    • 宇宙の歴史の断章。
  • 「ただの人間には興味がありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。

用法[編集]

  • 「この一文字一文字が断章なんだ」
    • 「それがどうしたっていうの?べ、別に意味がわからないわけじゃないからねっ!」
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

A day is fragment of life. について[編集]

どっかの厨二病の名言。和訳すると「一日は人生の断章である」という意味らしい。つまり一日を大切にしろってこと。厨二病のわりにはいいことを言っている。

この糞記事について[編集]

こんなクソッタレな記事も、アンサイクロペディアの断章なんだ。もしアンサイにこんな記事があることが不服なら、即刻削除するか加筆するかしてくれ。

関連項目[編集]

この項目「断章」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)