新潟県立津南中等教育学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新潟県立津南中等教育学校(にいがたけんりつ つなんちゅうとうきょういくがっこう 英名:Tsunan secondary school)は、新潟県にあって新潟でないと思うような、僻地にある進学校(笑)である。名ばかり進学校という道は、同じ新潟県中越地方にある南魚沼市がすでに国際情報高等学校で遥か先を行っているため、陰で国際情報高校とも。なお、地元を中心に公式パンフレットを各小学校に配布しており、進学による様々なメリットが記載されている。けれども、より深刻でかつ根が深いデメリットについては記載されていないことに注意するべきである。

ぶっちゃければ、である。まぁ、多くの地元民は気づいていないのだけれど、同じ新潟県の長岡市の住民から本当に雪が多いね、と言われるのが津南町の現実である。

概要[編集]

以下の内容は結構古いのです。まああんま変わって・・・やめとこ。2006年(平成18年)に開校した津南中等教育学校は、前身の新潟県立津南高等学校の校舎を改悪、もしくはリフォームした見た目だけ新しく見える校舎を使う公立中高一貫高校である。中身については言わずもがな。世界には冬に暖かい高校なんてものは存在しない。してはいけない。しないでくださいお願いだから。

通称は津南中等。さらに略して中等ともいわれる。

創設の経緯については、昭和の時代から叫ばれていた十日町市及び中魚沼地域の高等教育拡充及び充実が第一の目的であり、全国の学力テストにおいてアレだった新潟県の中でもさらにソレだった妻有地方の子供たちの教育問題を何とかしようと、長年地元の有識者が動き続けた結果、中高一貫校として新潟県で5番目に開設されることになったという経緯が存在する。

ちなみに、高等教育はもとより、中等教育、さらには小学校までそういった問題があった件については、まぁ、仕方がない。そもそも、1970年代以降、日本の学力を支える一つの柱となった学習塾というものは、基本的には人口の多い場所か交通の便が良い場所に建てられるのが普通であるのだから、小学生以降の学習環境という点において都会田舎ではおよそ30年ほどハンデが存在したということである。

有名大学進学の割合[編集]

なお、津南中等教育学校は、2006年開校直後に入学した生徒からいきなり東京大学京都大学等の難関大学に進学した卒業生が出たため、地域の一大事と驚かれたという、少し悲しいけれど仕方がない事実が存在する。そのため、長年にわたる地元の学力問題に関する問題がいきなり解決されつつあるように見えるのだけれど、いかんせん、創設したばかりで足元が固まっていない中での話であり、個人のポテンシャルに依存していたところは大きいため、5年から10年程度を見越した上で判断しないといけない。

ちなみに、東京大学京都大学への進学した生徒は初年度に2人出たのだけれど、分母が少ないためその2校への進学率では、新潟県最大の進学校である新潟高校をわずかに上回るという偉業を達成している。もちろん、地域の住民の予想ではこれから先、どうなるかぐらいは、ねえ。

尚、2019年に卒業した8期生からは、東京大学現役合格者が2名出た模様。 平成最後の卒業生がやってくれました。

カリキュラム[編集]

津南中等におけるカリキュラム(総合学習計画)では2012年(平成24年)度より、2学年ごとの教科を再編し、1st,2nd,3rd STAGEという形に変更を行っている。これにより、2nd-STAGE修了までに国語数学英語の基礎学力を見につけることによって、3rd-STAGEでは文理選択後の主要3教科の発展的学習や他教科の更なる探究的学習に励む形になった。

もっとも、これは2000年より始まった小学校における総合学習の導入とゆとり教育について、様々な点において弊害が見え始めたため、少しずつ路線を変更していこうという、2013年現在の日本の教育制度に則った対応である。そのため、国も手探りなら現場も手探りであるため、色々と変更される可能性が高い。

ちなみに、津南町および新潟県の山間地域における現実をよく知っている人々は、このような高度なカリキュラムよりも、毎年1月2月になると訪れる高さ3メートルの雪の壁に囲まれて生活のほうが、よっぽど得がたい経験であることを理解している。なんせ、人が住んでいる場所であるならば、世界でもっとも積雪量が多い土地であるため、平成18年豪雪の際に、わざわざロシアの新聞がこの地域の豪雪をニュースにしたなどという笑い話すら存在している。

そのため、一般的なカリキュラムのほかに、生徒たちがこの地域で生きるために、雪かき雪下ろしの知識が必須どころではなく、もはや常識と化すのが、ある意味悲しい話である。けれど、それをしないと軽く死ねるというのが現実である。なお、こういった学校では絶対に教えてくれない知識が豊富になると、異常に高度な技を誇る地元の建設業者の除雪車の腕前に驚くようになり、さらには消雪パイプがいかに文明の利器であるかを実感せざるをえなくなる。もっとも、こういった話は外部に出てみないと分からないのだけれど。

なんにせよ、大自然の驚異と人間の知識、知恵を間近で観察できるという点では素晴らしい環境である。戦後の日本を代表する文学者である坂口安吾がこの地域にたびたび逗留したのもよく分かる。

立地[編集]

新潟県中魚沼郡津南町下船渡戊に所在している。そう・・・津南町である・・・

もう一度繰り返す。津南町である。雪に関する事実を書くだけでアンサイクロペディアに記事が出来るぐらい濃い地域である。

そのため、毎冬、約4㍍近い積雪があり、場所によっては6m。場合によっては自衛隊が来るなんて話もあるように、冬におけるの学校の環境は最悪である。夏も厳しいが夏の5倍くらい冬はつらい。そのつらい原因は主に学校の設備に問題がある。まぁ、大体は予想できるだろうけれど、とりあえず、誰か底冷えしない設備を整えてください。心が、心が折れるのです。

もっとも、ゴールデンウィークに花見が出来るというのは、ある意味、素晴らしい環境といえる。豪雪+標高が高い地域だと、5月中旬以降に花見がずれ込むという話も普通に存在するのが、津南町である。 また、学校近辺にファミリーマートができたため、ファミチキの売り上げがうなぎのぼりです。キィィエ

授業・部活動[編集]

津南中等の授業のカリキュラムは基本的には、先達の国際情報高校とほぼ同じ、てゆうかまるパクリの48分授業が基本となっている。毎日前期生(いわゆる中学生に該当)は6時間(たまに7時間)、後期生(高校生)は7時間の授業を行うことから分かるように、一般の中学、高校とは違うカリキュラムが組まれている(ただし、定期テストの際は50分授業になる)。

一応、進学校(笑)なので、授業はまじめに行われている。けれども、一般的な学校と同じというかなんというか、パンフレットに書かれたままの計画的な授業は行われてはおらず、どうしても偏りが生まれてしまっている。とりあえず、一般的な高校と同じく前期課程では公民分野はほとんど手付かずであり、後期課程、特に理系では、そういった傾向が顕著になる。特に、数学ⅢCについては4月~7月に急きょ8時間目が発生したケースも存在。まぁ、そんな話はどこの学校でも多々あるけれども。あわせて、前期課程において高校の分野を先取りできるのは数学のみである。

あわせて、保健体育を先取りしたら文部省に殺される件についてと、日本全国の少年少女がインターネットを介して事前学習に励んでいる件については気にしない。

なお、津南中等は進学校とは名ばかりに部活動で全国大会に出場するような生徒も多数輩出もしているのだけれど、なぜだか、部活動が存在しない水泳スノーボードといった競技で全国大会で活躍するという、一般的な学校ではありえない話が存在する。これは、各個人が学校に頼らず自分でそのスポーツをやり続けて全国を制覇しただけの話で、特に問題はない。もっとも、全国のスポーツ指導者が頭を抱えるレベルの問題ではあるけれど。そのほかに、

  • サッカー部・・・男子のみ入部可
  • 吹奏楽部
  • バレーボール部・・・・女子のみ入部可
  • 陸上競技部
  • 卓球部
  • 軟式野球部
  • アート部(書道・美術・文芸・写真など)
  • 科学部

などが活動を行っている。

と、ここまではいいことを紹介してきたが、ここの部活はほかの学校と違いあくまで部活は勉強の二の次である。そういうことにしてください。そのため、中等の部活は、遠征はかろうじてできるが、合宿などはできない。(県の指定強化選手は例外)しかも、朝に行われるテストに合格し、課題を提出し、補修に呼ばれていないときにしか参加できないため、部活動自体が相当にハードルが高い。しかも、定期テストの後は、いわゆる低得点者補修、つまり赤点の補修があるためあるため、ある程度の人数が必要な部活が不利になるため、逆に個人でやっている方が伸びるという特徴もある。

まぁ、結局は本人のやる気と計画性と柔軟性である。

また、前期課程は週3日、後期課程は週2日しか部活動ができない。これは、疲労回復には大変に効果があるけれど、いわゆる反復系の練習法とそれが効果を発揮するスポーツではかなりの不利になるのは仕方がない。

もっとも、津南中等では、放課後がどんなにであっても、部活動日以外に運動をすると教務室行きである。一応、進学校であるからしてそれは当然である。

皆さんの想像にお任せする。

生徒会・委員会[編集]

津南中等の生徒会についてはいわゆるである。(←この文章は間違っていない)。つまり、人間には時と場合によって言葉を使用しなくてもいい状況があるという話である。なお、主な活動は年に3回行われるいきいき大作戦(何がいきいきかは皆さんの広い心ならば分かっているでしょう)と体育祭の役員が主な活動である。世間一般の漫画やらアニメやらに描かれる生徒会活動を思い描かれると困る世界がそこに存在する。

ああいった世界は、雪が気にならない世界のみの話なんだろうなぁ。

あわせて、生徒会役員は生徒会役員選挙によって選ばれるが、毎年ほとんどが信任投票である。つまり、めんd(略)。ツマリ、面談かナニカが関係シテイルノダロウ。しかもこのとき役員候補は、公約を掲げることで、一応は選挙の様相を見せるのだけれど、さすがに2009年から続いた民主党政権の後では、とてもじゃないがふんだらら。世の中には言葉にしてはいけないものがある。あわせて、学校に設置されている目安箱は「生徒の声を聞きます。」という主旨で行われているのだけれど(まあ入れる人少なそうだよね)、要望などを書いてもその要望が叶うことは

(この文章は都合により中略されました。どうぞ、ホテル・ルワンダの主題歌をお楽しみください)

そして気を付ければならないのが、この目安箱は「生徒の声を聞きます。」書かれているが、教師に対しての不満は決して書いてはいけない。万が一書いてしまうと、

(この文章は都合により編集がストップしました。再開されるまで「アナタバカカ(鍬で鍬で)ネギ(鍬で鍬で)取れたかバカカ(鍬で鍬で)・・・取れた!と聞こえるアイボリーコーストのヒット曲をお聞きください

入学検定[編集]

通称、入検。これは、毎年行われる津南中等の新入生を決める試験であり、通常は1月の上旬に行われる。合格発表は1週間後。ちなみに学力試験でないので、注意が必要である。毎年在校生が会場設営をする。なお、受験する小学6年生にとっては、冬休み後の1日に過ぎないのだけれど、津南中等6年生については、まさにセンター試験直前であり、この設営の際の1分1秒についてどういった思いが込められるかについては、言葉に出来ない

もっとも、そういうときに気分転換すら出来ないのも問題だけれども、気持ちは分かる。

成績について[編集]

津南中等の成績は、一般的な学校と同じく各科目100点満点で計算する。教員は、一応は客観的的な観点から成績をつけているらしいが、実際、ペーパーテストにたいした差がなくても、授業中、睡眠学習をしている人が5をとり、まじめに受けていた人が4をとることも多々ある。

だから世界は面白い。

あわせて、中等では80点以上を5に分類している。なお、教員は成績について生徒が納得する説明をする義務があるとしているが、そんな学校と教師が世界に存続しえたなんて話がないように、津南中等でも実際に説明を求めてみると、「ほにゃらら」「ふんだらら」「おっぱっぴー」「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね(本間丈太郎)」「Nitakuficha nini」など具体的な説明は一切されず。結局泣き寝入りするしかないなんて話が多い。

まぁ、そういう経験を経て、教師は教師、生徒は生徒、自分は自分、人は人。世の中は世の中だと悟っていくのが人生である。自分の成績はこんなもんぢゃないと押し通すのも人生だけれども、そんなものを気にして桜が咲くわけでもない。

進学実績[編集]

2013年1月現在、まだ1期生のみ卒業という状況の中、新規の進学校としては、国公立大18%、私大を合わせると!?という進学率を誇っている。なお、当地には東大に進学するような地元の人間を数十年来待ち望んでいた歴史が存在している。本当に存在している。ちなみに、過去に当地から東大に進学した人間は、その後政治家となり、某内閣で大臣に任命されるも、創価学会と反目して自民党から追い出され、さらには創価学会がこんなド田舎にまで動員をかけてまで落選させたという実績を持つ。ちなみに、知人の交通違反のもみ消しを県警に依頼した件を報道各社にスクープされ、大問題になった上でのこの仕打ちであり、創価学会十日町市に創始者の生誕地がある立正佼成会の反目がこういう話になったことを多くの一定の年齢より上の町民は理解している。

よくある話である。

なお、2期生からは全員がセンター試験を受験することになる。その内容についても、進路が先に決まっている者のほか、専門学校進学者や就職進学者など実に多彩な状況であり、まったくもって進学校(笑)である。あわせて、この3者にはセンター試験後も更なる地獄が・・・

2019年4月現在、8期生までが卒業したが、東大生は(現役合格者だと)合計3名になっている。大学入試制度が見直され、現在の5年生にあたる10期生からは「大学入試共通テスト」が実施される。この事については、「ふざけるな。」「やっべえぞ。」「ウソダドンドコドーン」「何が面白いんだぁー」等の意見がある。まあ、お国の意向だからね、仕方ないね。

教師について[編集]

さすがに、教育学校を名乗るだけあって、2012年度からは、勉強については進学校レベルのせんせいがそろった?いや、本当にそうか?うん、まぁ、多分、きっと。そうじゃないかと、思う・・・。という話は別にして、2011年度までは新規設立の学校にふさわしいレベルでのせんせい

(この文章は当局の目に留まりました。代わりにアフリカのサッカー強豪チームであるザンビア代表、通称「チポロポロ」の応援テーマをお楽しみください)

(せっかくなので、その続編もお聞きください)

とりあえずしんがくこうこうであるはずならばせんせいがこくばんにきようかしよをまるうつしするだけのじゆぎようというのはゲフンゲフン。その結果、某授業では1年間に5人の教員が入れ替わり立ち代るという伝説が生まれ、生徒間に大変な混乱を招いた。ぜひとも、他山の石としてもらいたい話である。

学問てえものは、教師を通じて行う人間教育という面もあれば、1年もの長い間、教師という一個の人格に触れて理解するという人格教育の面もあるんだから、さ。ねぇ。

その後もなんやかんやあり、よい先生が来たり来なかったりしているが、まあ、なんとかなっている。ただひとつ言いたいのは、社会の先生増やしてください。社会の先生が泣いています。

事件・問題点[編集]

津南中等では、一般的な高校と同じく様々な事件が発生、中には現金盗難事件などというシャレにならないレベルの事件もある。が、そのような話は冬季における及び長靴といった生活必需品もしくは生きるために必須な物資の盗難よりも精神的なダメージが少ない。特に、吹雪の中で、傘が見当たらないという話になると、自分の人生について、人間の世界について考えたくなるのが、津南町の冬の特徴である。

この件については、超法規的措置として死刑を適用してもいい話である。あわせて、人の傘を盗んでも平気な人間について簡単に説明すると、そいつの子供は泥棒の子供で、そいつの親は盗人の親だ。

また、学生のマナーについてもさまざまな問題が存在し、周辺各地から通学する中等生に対するマナーやモラルの教育が徹底されていない、もしくは校風として確立されていない部分もある。そのため、下級生が上級生に対して、挨拶をしないどころか道も譲らないなどという話もある。そのくせ、雪道になるとあっという間に雪国のモラルが確立するのだから世の中は面白い。

まぁ、人が1人分しか通れない歩道で我が物顔で歩けるなんてのは、雪国では小学生ぐらいしかいない。

そのほかにも更衣室では脱ぎっぱなし、制汗シートなどは床に捨てる、忘れ物が多すぎて忘れ物BOXが溢れかえる、公共のバスでは・・・まあ、やめておこう。並んでいる生徒の目の前を割り込んでくる地域住民なんていなかった、うん・・・そうだ、もっと問題なのは、ちょっとずつちょっとずつ地元と乖離を始めた学校の方である。夏場はいいけれど、冬季のマナーについては、前身である津南高校や津南中学校ですら徹底されていたというのが、ある意味、恐るべき雪国の現実である。

分かりやすく言うと、雪道でのマナーを守れないやつらは、笑顔で殺したくなるのが雪国の人間である。特に、1km以上の帰り道や、濡れた長靴、手袋をつけてでもかじかむ手などの要素が絡む中、狭い雪道で行きかう際に傘すら傾けない、感謝の言葉すら残せないバカと出会ったら、そいつがどんなに頭がよかろうと、雪国においてはバカである。確実に、バカである。

幸い、不運なことに津南町にはそういった人は人と関わらなければ生きていけないことを教える話が以外にも存在し、特に2011年3月12日に津南町を襲った長野県北部地震では津南中等をはじめ町内の各インフラや施設に大きな被害を与えている。こういった、不意の災害が教えてくれるものの中で、もっとも重要となるものは、学校では学べない大事なことが世の中にはたくさんある、という話である。そもそも、住民同士のつながりだの近所づきあいだの、ましてや生徒同士、教員同士、学校関係者間の協力体制などは、誰かが何かをしてくれる類のものではない。そのため、日ごろの挨拶や地域との関係の重視といった話が、なぜだか、学校をやっていくのに大切になる。本当に大切になる。

そらあ、あれだ。学問だって、結局は人間関係の一部なわけだから。

新潟県立国際情報高校との相違点[編集]

一般的に、十日町および中魚沼地域の頭のいい小学生は、中学生になった直後から

(この文章は地域住民の通報によりベトナムの民謡と入れ替えられました。真実がいつも素晴らしいわけではないのです)

中等生活で気を付けること[編集]

学問は大事である。

が、特殊な環境における生活スタイルを身につけることは、人生においてもっと大事である。雪国にしろ。都会にしろ。それを怠ると、そもそも学問なんざ出来なくなる。

関連項目[編集]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もある等、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!