日本エアシステム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
第46回 (1987年
エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー
第52回 (1993年
エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー

日本エアシステム(にっぽん-)とは、かつて存在していた日本のエアコン製造会社。エアコン製造技術を生かし、副業で航空事業も行っていたが、世間ではこちらが本業と思われているが罠である。厳密には、消滅というより合併によるものだが気にしてはならない。通称JAS(農業のヤツとは無関係。読みは「ジェー・エイ・エス」→「ジャス」)。

概念[編集]

航空会社といえば日本航空/JAL全日本空輸/ANAと口をそろえて言うが、昔はこの日本エアシステム/JASも入っていた。色でいえば、JAL「赤」、ANA「青」だがJASは「レインボー」である。ただ、正確には7色ではなく3・4色である。つまりカラフル。基本的は「黄色・オレンジ」系の色で構成しているが「赤・緑(余談だが、この二色の絵の具を混ぜると黒になる)」もある。

また、ANAはポケモンジェット、JASはデジモンとのコラボで子供の客を呼んでいた。そのため2001年公開のデジモンテイマーズの映画では、主人公がJASを使って沖縄まで行く場面がある。アニメまで出てくるJASをの機体

JAL、ANAと違うサービスは人気であった。中でも、航空機と言えば乾燥した機内であったが、独自技術を生かし、地上と変わらない湿度を保つ空調システムを導入した点は特筆すべき事項である。

設立の経緯[編集]

実は日本エアシステムにはこんな過去があった

  • 日本の航空で日本航空の独占に穴を開ける全日本空輸が設立された。
  • ローゼン名電と仲の良い日本屁理コクター輸送と強盗慶太系の巨躯闘航空が主導権争い
  • 合併。いざ、いろいろやってみると日本屁理コクター輸送が優位な合併に。
  • 結局名鉄との主導権争いから手を引いたと思った東急は…
  • 東亜国内航空を乗っ取ったのだ

歴史[編集]

  • 1971年5月15日 - 設立。「東亜細亜国内航空」だった。この時、国内線でもエリアはちいと狭かった。2ヶ月もしないうちに函館で事故を起こしてエクストリーム・謝罪に参戦、死者点こそ680点を叩き出したもののこの年は強敵多く最終ラウンド進出すらならず。
  • 1985年 - 航空業界にあった「45/47体制」廃止。当時の東亜も国際線や国内幹線に就航可能に。
  • 1986年 - ↑のおかげで、国際チャーター便の運航開始。社名が諸外国から問題視される。
  • 1988年 - ↑のせいで社名を日本エアシステムに変更。一部政治団体から反発を受けるも、本業の空調設備に関連した名前として押し通した。
  • 2002年 - JALがエクストリーム・謝罪での競争力強化のため、敵対的M&Aを宣言。
  • 2002年10月1日 - JALと統合するため、持株会社「日本航空システム」を設立。
  • 2003年エイプリルフール - JALとJASのかぶる路線をどちらか一方に。利用者からすれば便が減るだけだが、大事なこと。
  • 2004年4~6月 - JAL便、JAS便の二つをJAL便に統一。そして、一気に関連企業の社名を変更。
  • 2006年 - 合併作業終結(?)
  • 2010年 - JAL経営破綻。JASとしても50余年の歴史に幕を下ろすことに。

日本航空に吸収合併[編集]

無謀にも上述の歴史をみる限りJALと合併した。少しだけ話そう。

  • バブル景気のころに無理矢理国際線に就航したせいでお金が・・・ってことになり、国内線のネットワークを強めたかったJALと意見が合い、合併することに。
  • そして、決行。この時は「対等の立場」での合併を目標にしていた。が、
  • いざ、いろいろやってみるとJALが優位な合併に。
  • それでも、JAL機、JAS機ともに「ハイブリッド塗装」という互いの塗装を維持したうえで相手の塗装の一部を受けるという形をとっていた。
  • だんだん、JAS機のJAL塗装化が進み・・・
  • 「日本航空ジャパン」という、意味不明な社名にさせられ・・・
  • 結果、JAS・日本エアシステムブランドは消滅。だが、JALの飛行機のって機内をよ~く見ているとJASのロゴがある。今尚生きるJASのハートである。しかし乗務員の制服はJALである。

結論[編集]

JALに吸収されてしまった(?)。

JALと一緒に潰れた。

JALと一緒にならなきゃよかった。

気付いたら本業のエアコン製造は廃業に追い込まれていた。

今からでも遅くない、再独立を宣言しよう!

機材[編集]

  • YS-11
    • エアコン製造技術を生かし、日本航空機製造社と共同開発した。JASを代表する機材で、各地で大車輪の活躍を見せた。
  • MD-81
    • ダグラス社にもエアコン技術提供を行い、それが縁で大量導入と相成った。ダグラスからはDC-10も導入している。
  • A300-600R
    • エアバス・インダストリー社は、ボーイングの一連の開発競争の中で、空調設備に当社の協力を要請した。結果的に完成した機材も導入することとなった。
  • B777-200
    • 方やボーイングも当社の高い開発能力には目を奪われたようで、結局ボーイング機材も導入している。
    • 赤い会社に統合後も使われているが、テレビ付きソファー等は変えてない。客の人気は高いが、整備面から赤のやつとエンジンの出力が微妙に違うので運航乗務員や整備員からは嫌われている。
    • 九七式艦上攻撃機
    • 沖縄などの離島路線用78年前の機体。3人乗りであるがパイロットが乗る為実質2人乗り。一人は通信と緊急時の魚雷、爆弾投下に一人は後部銃座に使われ致死率が高い。そのため乗**客からの人気率は低い。しかしエンジン不調の際、空母に着艦できるという利点もあり現に2008年空母ジョージワシントンに着艦している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本エアシステム」の項目を執筆しています。