日本ハリストス正教会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もある等、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
国重要文化財。東京復活大聖堂(通称:ニコライ堂)は日本ハリストス正教会の本山である。

日本ハリストス正教会(にほん-ただしきょうかい)とは、ハリストス正(ただし)[1]によって始められたロシア正教系の新興宗教である。19世紀末から20世紀初頭にかけて、ロシアからの宣教で伝えられたロシア正教を母体としている。ハリストス正(ただし)教とも云う。 なお、ハリストス正(ただし)は現代でもニューヨーカーズ・カフェ駿河台4丁目店に出没するという証言もある。

概要[編集]

日本でのロシア正教は、19世紀末から20世紀初頭にかけて宣教師ニコライによってロシアから伝えられた。しかし、ハリストス正は、ロシア正教の教えを正しく伝えるのではなく、日本人向きに作り変えることで信徒の獲得を試みた。 そのため本来のロシア正教の教えを守るべきだというグループとの間で分裂と抗争が繰り返されることとなり、信徒数を漸減させた。更に、戦前戦後の混乱により信徒数を激減させ現在では最盛期の三分の一程度にまで減ったと言われている。

現在の日本の正教会は本来のロシア正教なのか、ハリストス正によって始められたロシア正教的な新興宗教なのかという点に関しては意見が分かれている。[2]

上記の通り歴史的背景を合わせて考えると、日本にロシア正教が存続していること自体が冗談のような話で、特別にユーモアを交えなくても事実を書くだけで冗談のような話ばかりである。

冗談のような話[編集]

首座主教について[編集]

日本正教会の首座主教も、存在そのものが冗談のようである。[3]

映像[編集]

毎年1月の神現祭に伴って行われる大聖水式の様子。 見所は2分10秒過ぎた頃から。座下の動きが段々と大袈裟になっていく。 毎年の恒例行事である。

日本の府主教座下は海外でも人気である。

次期ロシア正教会総主教のネット人気投票、日本人大主教がダントツ1位に…「日本アニメのファンが原因」とロシアマスコミ

2009年頃に行われたロシア正教会での総主教選挙では、ユーモアに飢えたロシアの若者達が、 存在自体がユーモアのような日本の府主教に投票してくれたようだ。

しかし、「こんな冗談みたいな府主教座下をモスクワに持っていかれるなんて冗談ではない」と 日本人信徒達の反対で総主教にはなれなかった。 (これはウソ。[4]

確かに、モスクワの総主教聖下からはユーモアのカケラも感じることができない・・・。 (総主教がユーモラスなのも困るが・・・)

言っている事がわからない[編集]

府主教座下は、しばしば日本語英語ロシア語の混ざり合った不思議な言語で very very very difficult speech するため何を言っているのか分からなくなるですよ。それでも部分的には分かるですよ。誰か通訳できる人はおらんかね。なんだ誰もいないのかしょうがないな。それに書いてある文章を読むのも難しいですよ、こんな難しいのは忘れてしまっていいですよ、府主教座下の熱く告げる知らせる事はドゥゥフ(しん)の「しるし」を読むこととの本質的になんの違いがあるのか・・・いやないではないか。ない、ない、ない。此れは読む者、聴く者に曾て体験した事のない驚きを以って、・・・

座下の文体を真似るなんてできません!
この節を書いた人は途中で投げ出しました。

神学校[編集]

日本正教会の神学校は、勉強よりも丁稚奉公をするところである。[5] また、一般社会では通用しないヘタレ信者の雇用受入先としての社会的意義も認められる。

ニコライの日記には神学校に入学する若者達について次のように書かれている。

「貧乏で病弱なのばかりだ」[6]

現在でもあまり変わっていないようだ。[7]

かつての神学校は現在よりも活気に満ちていたと言える。

日露外交に貢献するため、また新聞・雑誌といったマスコミのために「露人は怠惰でビールに入った蝿を取り除かずにそのまま飲む野蛮人だ」などの記事を提供するような人物が神学校の校長を務めたこともあった。[8]

また、社会的にも多大な貢献をしている。明治維新後間もない日本には十分な学校教育制度が整備されていなかったため、 日本の将来を担う若者達はニコライの設立した神学校で学んだとされる。そして多くの優秀な人材を輩出してきた。即ち、軍人や官僚となった者達である。 売れ残った者が教会に留まり神品・伝教師などになったと言われる。[9] 一部の者は仕事しないで釣りばかりしていたと伝えられている。流石である。[10]

本来は生涯に渡って教会のために働くことが条件であるが、 貧乏で病弱な子供を神学校に放り捨て、衣食住の面倒を見てもらい、健康になって頭も良くなって立派に成長したら 「しめたものだ」と昔の約束などは「知ったことか」と社会で実業するために出て行くことも可能である。 そのため一部の信者の家庭からは大変重宝されていた。 しかし現代では神学校に入ると職務経歴上の汚点となるため安易に入学する者は減少したと言える。

古くは女子神学校も存在した。これも明治維新後の日本社会に多大な貢献をしている。女子神学校を卒業したものは社会から非常に高い評価を受けている。女子神学校では最も成績の悪い者であっても社会に出れば優秀な教師と高く評価されていた。しかし時代にともない社会的な意義は薄れ、現在では廃校となっており影も形も残っていない。

関連人物[編集]

杉原千畝(1900 - 1986)は第二次世界大戦下のリトアニアでナチスの迫害に追われるユダヤ人達のために通過ビザを書き続けた。

日本ハリストス正教会の関連人物とは、脳内正教徒や自称正教徒が自分が大して有名でないのを悔しがって身代わりに名前を晒し者にする有名人のことである。

代表的な例は、沢辺琢磨(幕末志士)、大井憲太郎(自由民権運動)、根本陸夫(野球選手)、杉原千畝(日本のシンドラー)、内井昭蔵(建築家)、川村カオリ(歌手)などである。社会的に偉人として記憶されているからと言っても必ずしも立派な信仰の持ち主だったとは限らない。沢辺琢磨は日本人初の正教徒にして司祭にまでなったが若い頃は自分の妻を売り飛ばそうとしていた。[11]また、杉原千畝は正教会で結婚したはずなのに世俗的な理由から離婚している。しかし脳内正教徒や自称正教徒はそういった事情はお構いなしである。

日本での名称について[編集]

日本に正教が伝えられた当初、法人登記を行う際の法人名を「生協会」にすべきだという意見もあった。これは「協」という漢字が字を描いてが三つあるため至凄惨者至聖三者(三位一体)の性質を良く表しているからである。即ち「きた示申協会」となるので語呂が良い、ただそれだけの理由である。[12]

しかし、登記上は「正教会」という訳語が用いられた。このため現代では一部の熱狂的なファン信徒を除いて「正教会」が一般的な訳語となっている。

この名称問題に関しては、日本に正教を伝えたニコライの夢にひよこ陛下が現われ「生協の白石さんと商標権争いをするのはいかがなものか」と啓示したためという伝説が残っている。

内外からの批判[編集]

日本でのロシア正教は、多くの日本人から存在自体が忘れられているため批判の対象となることは稀である。しかし、近年インターネットの発展にともない、正教会関係者の痛い発言が批判されつつある。特にウィキペディアを日本正教会のウェブサイト代わりに使用する反面、信徒や洗礼志願者に対してはインターネットでの発言を抑圧する傾向が見られるため言論統制にあたるとの指摘がなされている。しかし、誰かが趣味で勝手にやっているだけで教会は関係ないという説や、司祭の言う事なんか誰も聞いていないので言論統制になっていないなどの反論もある。その他に、まとまりの無さ、信仰と伝統文化の混同、新来会者への面倒見の悪さについての批判もしばしば聞かれる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ ニューヨーカーズカフェで喋っているときに誰かが言っていた。
  2. ^ 真面目な話をすると、少なくとも世界のギリシャ正教(正教会)のコミュニティーからは異端として退けられてはいないのでロシア正教を含むギリシャ正教のグループに属していると言える。
  3. ^ 府主教座下は常にユーモラスとは限らない。期待しすぎないように。
  4. ^ 誰かが「今回の選挙は形式的なもので誰が当選するかはやる前から決まっていた」と言っていた。
  5. ^ 誰かがツイッターでつぶやいていた。
  6. ^ 本当に書いてあったから後で探しておく。
  7. ^ 多少は改善されたかもしれないが・・・。しばらく様子をみてみようかしらん。
  8. ^ 外務省からは事実と異なり外交上の支障となるとして苦情が来た。
  9. ^ 伝道会でそんな話を聞いた。
  10. ^ これ実は皮肉じゃなくて本気で褒めているんですよ。
  11. ^ ニコライの日記に書いてあった。
  12. ^ 「ギリシャ語の εκκλησία(エクレシア)とは、本来は『呼び集められた者』という意味なので『教会』という翻訳は変である。『協会』でも良いのではないか。視よ、十字を描いて力が三つだ」という趣旨のことをある司祭が言っていた。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本ハリストス正教会」の項目を執筆しています。