日本花子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

日本 花子 (にほん はなこ) とは、日本の公道の覇者である。

概要[編集]

日本花子.jpg

日本において最強の運転免許証を持つ、一見昭和スタイルの見た目を持つ人物、日本花子氏は、大型自動車・中型自動車・準中型自動車・普通自動車・大型特殊自動車・大型自動二輪車・普通自動二輪車・小型特殊自動車、原動機付自転車、牽引自動車、のすべてを華麗に乗りこなすことができる女性である。それだけではなく、ゴールド免許を持っていることから運転時の法遵守・マナーの面でも完璧であると推察される、まさに「運転をするために生まれてきた女」の称号にふさわしい。

人物[編集]

運転の条件等の欄に「眼鏡等」の記載があることから、視力が0.7未満ではないかと思われる。

住所は東京都千代田区霞が関2-1-2であり、警察庁の本部であることから、彼女はその類まれなる運転の才能を買われて、警視庁本部で生活しており、事件の際には最も適した自動車、あるいは二輪車を選び出動していると考えられる。

しかし、彼女の運転免許を見ると、名前が「京都花子」「沖縄花子」になっていたり、住所や誕生日といった情報が違ったりしているため、大量の偽造運転免許証が世の中に出回っている可能性も否定できず、ますます彼女がなんらかの重要人物であるという説の裏付けになっている。

見た目がほとんど変わっていないことから、不老不死の肉体を得ているとも考えられる。

運転可能な車両[編集]

日本花子氏は、文字通りすべての車両を運転することができる。一般家庭にある普通自動車はさることながら、バス会社にあるようなバスからタンクローリー、トレーラー、救急車消防車、そして電動キックボード、はてには戦車すらも公道で乗り回すことができる。

二代目日本花子[編集]

二代目日本花子.jpg

先代の赤い服を着た日本花子氏が何らかの理由によって引退したのか、二代目の日本花子氏が登場した。昭和のバブル時代を彷彿とさせる彼女は今後見ることはないだろう。

この二代目日本花子氏は、すべての種類をコンプリートしておらず、先代に比べて幾分劣っているという指摘がなされている。二代目は通常の手続きで免許を全て取ったと思われ、上位の免許を取ると、それに含まれる下位の免許を取ることはできなくなるのである。それが、二代目日本花子氏の免許証なのだ。だが、先代はそれを無視して全てを取っているため、この点において先代の方が上であるという事実はやはり曲げられないものとなっている。

二代目が先代を越えるには、視力を良くする他道はないと思われる。

関連項目[編集]