日本解放第二期工作要綱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本解放第二期工作要綱(にほんかいほうだいにきこうさくようこう)とは、中国共産党による対日解放工作活動を記した公式文書である。その内容から中国共産党による日本左翼化工作の陰謀が着実に行われていることが分かる。

基本戦略[編集]

日本を中国共産党の指導により秘密裏に赤化・左翼化させておき、日本で革命を発生させて、全世界解放戦争の解放側勢力に付ける事が目的である。

各種工作活動[編集]

  • 郵便事業の革命化
郵便事業は日本の運輸業界の根幹を握る重要事業である。この重要事業における革命化の目的を果たすため、郵便事業を左翼化する工作を行う。具体的活動としては、全国の郵便ポストを赤色に塗り、郵便事業は左翼が掌握していることを反動派ブルジョアジーに見せつけている。郵便事業で使用する自動車車両及び原付バイクも赤色の塗色を行っているが、これも我が中国共産党の工作活動の結果である。
青色のポスト
青色のポストは資本主義ブルジョワ派が利用する高級郵便物である「速達」専用となっている。右派反動勢力と我々革命勢力のカラーの違いを明確に打ち出すことより、資本主義ブルジョワ派を追い詰めようという我が中国共産党の政治誘導が行われているわけである。
  • 乳児の呼称について
可愛らしい乳児を「赤ちゃん」と日本語では呼ぶようになっているが、これも我ら中国共産党の決死の宣伝活動の結果である。乳児を「赤ちゃん」と呼ぶ度に「赤=革命勢力」に対する親近感が自然に沸くように仕組んであるわけである。こうして無意識的に日本人に「赤=革命勢力」は良いものだと思わせる事により、日本人を共産主義化している。
  • 無産階級人民の食と革命
無産階級人民を主な顧客とする「餃子の王将」が日本全国で展開されているのは、我が中国共産党の秘密支援によるものである。貧困層は本来的に革命勢力になりうる階層であるが、彼らの食事として低廉な価格で中華料理を食べさせることによって、日本の無産階級人民と中華人民共和国との連帯感を生み出そうとする高度な政治的配慮による活動である。一方で日本民族主義的な食事である「寿司」を高級品としてしまうことは、無産階級人民から切り離す効果が有り日本の革命につながるのである。
  • 日本中枢に左翼人物を送り込む
日本の中枢を担う立場に左翼的人物を送り込むことは、日本の革命解放に役立つことである。どのような人物が左派であるか判定は難しいが、左利きの人物は左派であると見た目で分かる。日本の国技である大相撲の横綱に「左派=左利き」の朝青龍を送り込むことは、日本の精神的支柱の左傾化に役立っている。この点に気がついている内館牧子という右翼分子が存在するが、彼女の発言力はそぎ落としていかなければならない。
日本の国家的産業であり、青少年に大きな影響を与えている漫画アニメーションの現場においても、すでに我ら中国共産党の工作活動は行われている。具体的には「らき☆すた」の登場人物のほとんどが「左派=左利き」である。「らき☆すた」は日本の青少年を革命的に洗脳する作品である。

関連項目[編集]