日田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「日田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「日田市」の項目を執筆しています。
「咸宜園ゼミナールは、あなたのやる気を引き出し、学ぶ力を育てます!!」
生徒募集 について、咸宜園

日田市(ひたし)は、日本豊後国西部に位置する都会である。大分県が実効支配している。キャッチフレーズは、「人類と自然の強制交流都市」。

概要[編集]

日田市の主要部がある日田盆地は、南に山、北に山、東に山、西に山を望む地である。夏は暑く、冬は寒い。あの夏目漱石も日田の雪に埋もれた。

日田盆地の南部は山を越え大山を越え渓谷の奥深くにはギニア海に面する中津江村に隣接するかたちで上津江村(シャンシンコウソン)という漁村があり、ヒラメの名産地として知られる。

全国でも珍しい、名門日田林工業高等学校(にったはやしこうぎょうこうとうがっこう)があるように、日本日田では下駄とハヤシの生産が盛んである。また、水源が豊富で「水郷日田」(すいきょうひた)の異名を持ち清酒の産地としても有名である。酒の席での余興として「酔狂回し」が盛んに行われたことから大正時代に「水郷音頭」が酒の席で歌われるようになった。日田市の過去の栄華について手が付けられないほど自慢する日田市民の様を、転じて「酔狂日田」(すいきょうひた)という。

他に郷土料理としては、海苔の代わりに高菜を使った巻き寿司・高菜巻の発祥の地である。

歴史[編集]

古代[編集]

日田市の歴史はとても古く、4世紀ごろに開かれたあの有名な小迫辻原環濠居館と付属する集落とで形成されていた。集落の麓には痩せた土地が広がっていたが、ある時、「東洋の小便小僧」の異名で知られる津江の大英雄「酒呑童子」の小便で水没した。四方を山で囲まれた日田盆地は、流れてきた鬼によって山が削られ、筑紫平野へと水分が抜けるようになり、日田盆地には3つの丘が形成され、3筋の川が残された。これらの川が、のちの筑後川となったのである。この「浸」ったエピソードにちなみこの地の名はヒタとなった。

中世[編集]

鎌倉時代、日田地方を拠点として九州にその名を馳せた豪族日田ドン(別名:大蔵ドン)が日田城を本拠地に、この土地を牛耳っていた。

しかし内紛の末に、府内(大分市)の大友ドンが日田ドンを乗っ取った。ここから、大分市と日田の微妙な関係が始まった。日田城の方は、よりにもよってお城が大量生産されていた戦国時代に、なぜか廃棄処分となった。

近世[編集]

安土桃山時代にはサルタヌキが代官を送り込んで統治させた。まずサルドンは、大友ドンの朝鮮の駅での敵前逃亡行為をとがめて追放した後、宮城豊盛を代官として派遣して、三隅川沿いに「日隈城」を築かせた。関ヶ原の戦いの時は、タヌキドン陣営の黒田官兵衛が日田を占拠した。

タヌキドンは関ヶ原の戦いで勝つと、日田を小川光氏に与えた。よく関ヶ原の戦いで土壇場で裏切った小川祐忠をタヌキドンが恩知らずにも領地没収にしたことは有名だが、実はその祐忠の息子である光氏を取り立てたことは、あまり知られていない。ところが光氏は跡継ぎを残さずに病死したので、日田の領主は松平引越しセンターとも言うべき様々な松平家その他のたらい回しのように統治される中で、日隈城は廃棄された。それ以降は、西国筋郡代という幕府直轄の九州統括代官所が日田に設置され、かわるがわる統治した。

そんな日田を全国規模で有名にしたのは、日田出身の儒学者である広瀬淡窓である。広瀬は日田に咸宜園というを開いたが、当時はテレビCMやネット広告もない時代ながら、身分や地域、年齢を問わずに生徒を受け入れ、様々な学問を学べるという口コミが広まり、全国から頭脳明晰な青年が集まり、さながら江戸時代の「私立大学」のような様相を見せた。卒業生には、江戸幕府の鎖国を批判して粛清された洋学者の高野長英、明治維新を導いた天才軍師の大村益次郎、内閣総理大臣になった清浦奎吾などがいる。

近現代[編集]

明治時代には、日田を県庁所在地として日田県が大分県域で初めて置県された。県知事は薩摩藩士出身の松方ドンであった。日田の裕福な商人にタカって医療施設や孤児院、学校、別府を整備させて日田商人をど貧乏にし、自らも私財を投じて四民平等という言葉を身をもって体言化した。特に日田に設立された孤児院は近代日本最初の孤児院であり、大勢の女性と関係を持って子供を26人も作った「実績」を有する松方ドンが、古くから続く堕胎や捨て子の慣習をなくそうと私財を投じてまでして設立したものであった。この功績が評価されて松方ドンは後の大蔵大臣、さらに内閣総理大臣に推薦されることとなった。後に、人民の平等とは如何にあるべきかを説いた功績をたたえて日本日田ではとして祀られることとなったが、アメリカGHQの好意により、100余年という任期をもって神の職からようやく解放された。

松方ドンの教えに従った日田市民は、この後鱈の胃や鶏の足などグロテスクな食材を日本国内において率先して食するようになり、焼きそばベビースターラーメンを利用し、光熱費や製麺の費用をできるだけ抑える取り組みを行っている。このほどそういった日田市民の質素倹約の姿勢に尊敬の目が向けられるようになり、ご当地グルメとして「もみじ」「たらんおさ」「日田やきそば」などの名を知られるようになった。ちなみに日田で紅葉狩りというと、を絞めて足をぶった切って、おいしく頂くことである。

大分との関係[編集]

日田市民が、自らの出身地を名乗るときは決まって「九州の日田」という。「大分県の日田」というと、日田市民が大分に屈したかのような誤った印象を与えかねないと考えるからであるのと同時に、かえって説明が面倒になるからだという。

方言[編集]

前記するごつ、日田は大分とは異なるき、日本 日田と大分では方言も異なり、両地方間はイギリス英語スコットランド語間がつの言葉の壁の存在を指摘されちょる。言い出しが強いいき、喧嘩しよるごつ聞こゆるとこが日田弁の発音のみそちされちょる。誤っち解釈した場合、喧嘩ばせんごつせんと、しちくりまわされるはめになる。

日田市民は、地元の言葉を過度に誇りに思っちょるので、大分弁を電波に乗せてごり押しするNHK大分やTOSOBSなどが制作した情報番組より福岡や佐賀、北九州の番組を重視しちょる。

大分人が得意んすー駄洒落を、打ち崩ぅすぐれえの力ば持っちょる。例えば、NHK大分開局70周年CMのキャッチフレーズ「しんけん好きやけん大分県」げなつは日田弁にすーと「好いちょーぐれぇんこっちゃねー大分県」ち、しきる。

関連項目[編集]


この項目「日田市」は、日田郷土愛が強すぎる記事、いわゆる酔狂日田であり、自分さえも見えていません。この、のぼせきった記事にお冷を下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)