早起きは三文の得

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
子供たちに早起きがいかにムダかを訴えるヒーロー

早起きは三文の得(はやおきはさんもんのとく)は、縄文時代の人の寝言より出来た言葉。テープレコーダーに残っていたことがより強い証拠となった。

このテープレコーダーは鶴屋さんの家の倉庫から見つかった。縄文時代の人は早く起きて狩りをしなければならず、少しでも遅れれば致命傷となる。つまりこれは、早起きを常に考えるために夢にでも出てくるほどになった。またこの倉庫からは早起きを出来なかった者の声も録音されており、現代の医者に診せたところ「いわえる発狂状態で立てこもり犯が興奮した際に起こる状態の声に酷似しており、非常に危険な状態である。」という解答が出た。

現代の意味[編集]

人より早く起きることによって、ピンポンダッシュをすることで得られる収入は3文=60円である。朝早く起きたところで、それだけの収入しかないのであるから、寝てたほうがマシだなって意味である。イヤまじで。イヤまじで。しつこいけどまじで。

関連項目[編集]


この項目「早起きは三文の得」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)