旭硝子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「万一、三菱の名を汚すことがあっては‥‥」
旭硝子 について、岩崎俊弥
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「旭硝子」の項目を執筆しています。

旭 硝子(あさひ しょうこ、1907年9月8日 - )とは、ガラス職人。三菱財閥岩崎俊弥。本名旭 ハル(あさひ はる)。

概要[編集]

三菱財閥の岩崎家の人物、岩崎俊弥の娘として東京都に生まれた。ただし、彼の妻である八穂夫人との間に生まれたのは長女・八重子、次女・淑子、三女・温子の3女のみである。いわゆる彼女は私生児であり、そのため岩崎の姓を受け継ぐことを許されず、使用人の家にて育てられた。彼女が岩崎家の人間なのにも関わらず、旭という姓を持つのはそのためである。このことについて、父親の俊弥は大変心を痛めていたという。この決定は、俊弥の父、弥之助が書き送った手紙に、「旭とでも致しては如何」という一節があり、この事からも岩崎家において重大な出来事であったことが伺える。

その出生ゆえか、学歴に関しては一切不明である。一説によれば、寮制の私立学校を卒業後、大学留学したとの説がある。しかし、彼女が暮らした旭家は1918年には東京都千代田区にあったため、信憑性には疑問が残る。

その後、ガラス職人として活躍。食器などの家庭用品から、昭和時代前期に写真に使用された乾板と呼ばれる薄い板ガラスの製造まで、幅広く活躍する。このような点から、当時の日本において人権保障が十分でなかった女性でありながら必要不可欠であった稀有な人物だといえる。

1939年には加賀宮昭子と呼ばれる女子を養子に迎える。また、1944年には結婚し、幸せなときを過ぎることとなる。

しかしその後第二次世界大戦で日本が敗北すると、財閥解体が行われ、その影響で岩崎家も財産を没収されるという憂き目にあうこととなる。正式には岩崎家の人間とされていなかった硝子にも財産の差し押さえは行われた。1950年にはその影響か、離婚することとなる。また、娘の昭子も硝子の元を離れることとなってしまう。このように家庭的にはあまり幸せであるとは言いがたかった。しかし、ガラス職人としての腕前は戦後も衰えることなく、むしろその技術力はさらに向上していった。

現代においても、硝子の影響は顕著である。彼女の技術力は世界中のガラス職人の羨望の的となっている。2007年9月8日には100歳の誕生日をむかえた。

エピソード[編集]

  • 大の車好きとして知られている。
  • カレー好きとしても有名。2004年から2005年にかけて、彼女のカレーブームであったらしく、大量のヒ素カレーを製造し、食べきれなくなり大量廃棄した結果、行政から指導が行われるという事件に発展した。一個人が行政指導を受けるというのもまれである。またテレビの取材カメラに応じた使用人が「お嬢様ですので、少々世間をしらぬところがありまして」という発言も物議をかもした。
  • 岩崎家から除外された彼女であったが、岩崎家の人間としての誇りを持っていた。彼女の作った作品には岩崎家の家紋が刻まれているものが数多くある。

関連項目[編集]

Uporg659371.jpg 株式会社旭硝子は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)