時間 (薬)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

時間(じかん)とは、最大の万能薬。軽いケガや病気なら数日で治すことが出来、身体だけでなく心にも効く良薬である。また、人間以外のものにも効果がある事が分かっている。

概要[編集]

時間は、殆どの傷や病気を治すことが出来る、最も有用な薬である。身体のみならず、心の傷や病も治すことが出来る。擦り傷・切り傷を始め打撲、疲労骨折、風邪や二日酔い、過去のトラウマによる精神症状、失恋による心の痛みなど幅広く効果がある。通常薬の併用はあまり好まれないが、時間は基本的にどの薬とも併用でき(例外はある)、回復速度を速めることが可能である。しかし、脳卒中などの重病は場合によっては治療しきれない。時間は一応ほとんどの病気などに効くとされているがこれは正常に生きる希望を持っている場合のみであり、人生真っ暗で先も見えず、明日にでも死んでも良いと思って一日中画面の前から動かないあなたのような人間には全くと言って良い程効果は得られないとされている。稀にそんな人間でも何かの拍子に効いてくることもあるので皆無とは言えないが。

また、時間は人だけでなく人間社会のための薬としても効果を発揮する。例えば景気。不景気時は国が経済に「時間」を投与する。すると普通は好景気になり、経済が回復する。しかし完全に癒えるまでの期間はバラバラで、現在は世界的にあまり時間の効果が出難い時期となっている。犯罪者などは自分の犯した罪を「消し去る」ため時間を用いることもたびたび見られる。過去の犯罪に間を投与し続けることによって過去の呪縛などから解放される果を得られるため、これを「時効」と呼ぶ。時効は長い年月の間時間を摂取し続けなければならないため現れるまでは部屋から一歩も出ないで治療に専念する方が良い。

逆に時間による治療で病気が悪化する場合も見受けられる。認知症は時間を投与すればするほど症状が悪化していくことで有名であり、治すことは今の所に頼む以外不可能である。他に、日本の国政も時間によって悪化しているのは言うまでもない

副作用[編集]

時間による副作用は報告されていないが、近年の研究により、死亡率が99%という寿命を引き起こしやすくなることが分かってきた。これは時間を使いすぎることにより、成分が遺伝子を刺激し、劣化を早めるためである。時間を上手く使うことが、長生きのコツである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「時間」の項目を執筆しています。
この項目「時間 (薬)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)