暖房

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「暖房」の項目を執筆しています。

暖房(だんぼう、Dumbo)とは、室内の温度を上げるために使われる機械。基本的に11月頃から3月頃まで使われる。

種類[編集]

  • 暖炉
リッチな感じを醸し出す。暖炉自体の材質はよく燃えてあっという間に消滅する紙製がよく用いられるが、アイヌ民族では長い間紙を使う文化が無かったため八酸化ウンウンビウムを利用する。 (化学式UubO8。全世界の科学者はこんなあり得ない構造をどうやって作ったのか疑問に思うが、アイヌは「がんばりゃできる」と主張している)
  • プレスコット
パソコンに部屋の暖房という新たな役割をもたらした革命的なCPUであった。
  • 冷蔵庫
エネルギー保存則により内側が冷やされる分、外側には熱が発生している。
果物のみかんと相思相愛である。最近はみかんを出産するハイテクなこたつも誕生し人気を呼んでいる。
  • 携帯電話
電池に負荷の掛かった携帯電話を枕にして寝ていた者が低温やけどをした前例があり、かなりの効果を期待できる。
  • ダンボ (Dumbo)
ウォルト・ディズニーが戦前に開発した画期的な暖房器具で、の形状をしている。
あなたの買った馬鹿でかい箱が実は暖房だったことにお気づきだろうか。実はゲームが出来たり、CD・DVDを読み込めるということは2次効果であって、本来の目的は暖房器具としての使用である。ただし物売るってレベルではないので注意していただきたい。

関連項目[編集]


ひよこ この項目「暖房」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)