最澄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

最澄(さいちょう)とは、物事が最も澄んだ状態。厳密な医療現場や化学実験、あるいは宗教施設などの清浄たるべき場所で好まれる。

最澄液体[編集]

液体は最澄状態を作り出すことが容易である。自然界では、生物の繁殖がほとんどない極域において、流入物がまったくない湖沼や地下水に見られる。これらの水のうち、岸から遠い場所の表層水は純度が極めて高く、最澄水と呼ぶに相応しい。海洋深層水のブームが去った現代では、シベリアカナダ北部、グリーンランドの湖沼などから採取した自然最澄水が商品化されている。

人工的にはさらに純度の高い水を生成可能であるため、これを自然最澄水と分けて人工最澄水と呼ぶ。基本的には蒸留と浸透圧を利用した濾過によって作られる超純水と同じものである。JISでは基準を設け、超純水のうちとくに純度の高いものを特別に人工最澄水と呼んで販売することを認めている。

水以外にも最澄エタノールや、最澄ベンゼンなども作られ、おもに化学研究所や製薬会社に出荷されている。しかし最澄エタノールは、学生実験で用いられる第一級エタノールに比べて非常に高価であることから、経済効果の大きい研究開発や、最先端の研究分野でしか用いることができない現状がある。

最澄気体[編集]

自然界においては特定の気体だけが存在することはほとんどなく、最澄気体は人工的な精製によってのみ可能となる。しかし一般的に、化学反応によってある気体を生成した場合にも、反応前の気体が多少残存する。温度や圧力を操作しても、特定の気体だけを取り出すことは困難である。そのため相を変えずに最澄気体を作ることは、最澄液体以上に難しいとされる。

最澄気体を作るためには、一度低温にして気体をすべて液化もしくは一部固化し、そこで沈殿・蒸留・濾過などの操作を行った後、再び気化させて作る。現在では最澄酸素の需要が高く、この方法によって日本では年間3,000キロリットルの最澄酸素が作られている。

しかしヘリウムは沸点が非常に低い希ガスであることから、最澄状態を作り出すことが困難であった。しかし2003年理化学研究所の超低温実験施設で、純度99.999%以上の最澄ヘリウムを作り出すことに成功している。

心の最澄[編集]

心が非常に澄んだ人は最澄人としてとくに宗教の場で尊崇される。もともとはキリスト教の言葉であったが、のちにインドを経由して仏教と結びついた。現在では道教儒教でも最澄という言葉が使われる。ただし仏教においては阿羅漢との違いが不明瞭であり、大乗仏教ではほとんどこの語は使われない。

中国に留学した日本の仏僧(のちの伝教大師)が修行を積んで帰国する際、師の湛然から最澄人と認められた。彼はこれを新しい名前を贈られたものと勘違いし、帰国後に最澄と名乗っていたという逸話がある。そのため日本では最澄はもっぱらこの僧を指して使われる。

また、中国文化を色濃く受けた漫画「ドラゴンボール」では、美しい心を持っていなければ筋斗雲に乗ることができないが、これは最澄人が雲に乗って天山山脈を越えたという中国の故事に由来する。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「最澄」の項目を執筆しています。
この項目「最澄」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)