朝活

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「朝活」の項目を執筆しています。

朝活(あさかつ)とは、の空き時間を使って行う「余裕ある生活を演出する為の活動」である。

概要[編集]

朝活を行う直前の様子。

起床から通勤通学の途に就くまでの時間は、人にもよるが一般に一時間から三時間程度とされている[1][要出典]。この時間は謂わば身体のアイドリング時間であり、激しい活動は中々行いにくい。しかしこの時間を有効に使うことで、一日のスケジュールを上手に管理し効率的な生活を送る事が出来るよう自分の意識を高める事も可能になる。活力ある一日を造り上げる為に行う最初の一歩、それが朝活である。

朝は眠い、何もせず流れに任せたい、という本能的な欲求から一歩進んで自分の意思を示すのは意識の高進に効果的であり、世の中の成功者には朝活愛好者が多いというデータも存在する[要出典]。例えば全盛期のイチローは毎朝カレーを食べることを朝活として行っていたし、会津磐梯山民謡に謡われる小原庄助も後述する朝活を好んだと言われている。

朝活という言葉自体は2012年頃から使われ始めたが、「一日の計は朝にあり」と言われるように朝の時間を使って様々な活動を行うという概念は中世以降広く流布されていたものである。朝日は様々な文化圏の神話で活力の源として扱われ、それを取り込む為の朝活が文化として根付いていくのは自明の理と言えるだろう[要出典]

様々な朝活[編集]

朝勃ちしちゃったら、スッキリしましょ♪
朝湯
簡便なシャワーで済ませるのではなく、敢えてゆっくりと湯に浸かり身体を解していく。
入浴は血圧を上昇させ意識の覚醒を促す効果があり、また就寝中にかいた汗などを綺麗に洗い流す事で気分をリフレッシュ。
朝寝
敢えて、空き時間を寝て過ごす。時間に余裕があるからこそ出来る、贅沢な人生の使い方。
また睡眠時間を長めにとって体力増進を心掛け、健康的に一日を過ごせるようになる。
朝酒
は陽が落ちてから、という画一的な社会の押し付けをものともせず朝から飲酒。
アルコールによる興奮作用などで活力を底上げし、また「百薬の長」と呼ばれる酒の験力を借りることでその日一日の運気まで一気に上げてしまえる。
朝勃ち
朝から勃起[2]臨戦態勢に入る事で性欲を喚起し、全身に活力をみなぎらせる。
これに関しては無意識に行っている場合もあるが、何にせよそのまま性欲を発散する事でスッキリと気持ちのいい一日を過ごすことが可能。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 成人女性の場合、化粧時間だけで一時間以上を要する。…個人差はあるが。
  2. ^ 女性の場合はクリトリスが勃起する。

関連項目[編集]