朝谷頼美

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
随分、超マイナーな人…だな~
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「朝谷頼美」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

朝谷 頼美(あさや よりよし、生没年未詳)は、鎌倉時代中期の武将である。通称は弥次郎、別称は「世良田頼美」または「得川頼美」。法号は「朝谷禅門」。新田義重の曾孫で、世良田義季(得川四郎義秀)の孫、得川太郎四郎頼有(頼成)の次男である。子は朝谷頼忠(頼任)、孫は忠氏(任氏)、曾孫は太郎義秋と次郎正義。朝谷氏の祖である。

この人物の文献は少ないが、江戸時代中期の尾っ張の国の文学者・天野源蔵(信景)の『浪合記』の註に引く『鑁阿寺新田足利両家系図』(上野国にある新田氏根本文献)にその名があるという(推薦者:新田次郎)。

それによると、源氏の血を引く新田氏の一族で、叔父の世良田頼氏が新田氏惣領の棟梁の座を追われると、その座を狙ったが、兄の得川弥太郎頼泰の妨害を受けたために挫折し、結局は惣領家の新田政氏が収まったのである。

また、偉大なご先祖の源頼義の名と似てるが、こちらのほうは「頼義」で、彼は「頼美」である。偉大なるご先祖さまの名を軽々しく名乗ってはいけない暗黙のルールがあるから注意したほうがいい。

宝治の戦いに大敗して…[編集]

彼の生年はあきらかではないが、鎌倉幕府の有力御家人三浦泰村と仲が良かったのである。そのため、得宗執権の北条時頼と内管領の安達景盛泰盛の父)に警戒されたのである。まもなく頼美は時頼と景盛の煽りを受けて激怒し、ついに泰村とともに挙兵したのである。このことは兄の頼泰や惣領家の政氏は冷ややかに対応したため、頼美は泰村とともに大敗し、常陸国新治郡大増大字の筑波山の連峰の加波山の朝谷村に逃亡して、息子の頼忠に家督を譲って、坊主になり、地名を取り「朝谷禅門」と称して、隠棲してジジイになって、寂しいままでくたばったのである。

その後…頼美の子孫の行方[編集]

頼美こと禅門が亡くなると息子の頼忠が後を継ぎ、朝谷氏と称したが、彼は亡父の郎党を守成することで生涯を終えた。その子の忠氏は常陸の豪族・小田氏(八田氏)と婚姻関係を結び、幕府の後ろ盾を持った常陸源氏佐竹氏甲斐源氏武田氏小笠原氏の惣領家)と対決したのである。ことに佐竹の家老格の三善景範は執拗に忠氏に嫌がらせとした。それに憤慨した忠氏は憤死したのである。忠氏の長男・太郎義秋と次男・次郎正義がその後を継いで、小田氏と共謀して、朝谷氏の惣領家にあたる新田朝氏義貞の父)に援軍を要請した。朝氏も一族の要望を聞き届けて、一族の大舘員氏(宗氏の父)を派遣して、小田氏の軍勢も加わり、とうとう三善景範を滅ぼしたのである。1313年のことである。義貞が満14歳のころである。

まもなく朝谷兄弟は、朝氏の好意を受けて、父祖の郷里の上野国に領土を与えられ、朝氏のふたりの妹を朝谷兄弟に与えたのである。兄の義秋は男子がなく、弟の正義がその後を継いだ。また義秋の娘は同族の徳川経広の妻となり、有親を生んだのである。

正義の子・義行(宗親)は、1333年に義貞の北条高時討伐に、経広とともに従軍して戦功を残した。1338年義貞が越前国藤島で戦死すると、義行は義貞の次男・新田義興を奉じて足利尊氏足利直義兄弟の軍勢を戦った。義行の子・重義(信親)は1358年に武蔵国で惨殺された義興の甥の新田貞方(義邦/新田義宗の子)を奉じて、足利義詮足利義満父子と戦った。

1407年、奥州から南下した貞方が長男の貞邦(政長)と次男の貞宗と三男の貞家とともに鎌倉で幕府に捕らわれて処刑され、新田惣領家が滅んで悲嘆した重義も殉死して果てたのである。重義の子・晴義(経信)はかつて先祖が割拠していた常陸にもどり、宿敵ともいえる佐竹氏に降り、その家老となり、「得川」に復姓し、「常陸得川氏」の祖となった。

以降も晴義の子・政義(義隆)、政義の子・貞基(宗信)、貞基の子・頼宗(家経)と続き、頼宗の子・満家、満家の子・経家、経家の子・経徳、経徳の子・宗基の代は江戸時代初期になっていた。有名な関ヶ原の戦いで親友の石田三成に従いた佐竹義宣の行為に激怒した徳川家康だったが、宗基が家康の遠縁筋だったので、佐竹氏の改易を免れるために、宗基は尽力した。家康も遠い親族の宗基の願いを聞き届けて、北方の寒い寒い出羽国移転に命じたのである。

こうして、宗基は主君の義宣に同伴した。以降から「出羽得川氏」となり、宗基の子・義業、義業の子・義風、義風の子・義和、義和の子・義光、義光の子、義高、義高の子・義明の代になって男子がなく、朝谷氏(得川氏)は義明の代で、ついに断絶したのである。

関連事項[編集]