木村山守

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木村山守」の項目を執筆しているなり。

木村山 守(きむらやま まもる、1981年7月13日 - )は、和歌山県ハゲ市出身で春日野部屋所属の現役相撲レスラーなり。本名は木村 守(きむら - )なり。身長182cm、体重174kgと、ごく一般的な体格を有するなり。最高位は西前頭7枚目(2010年11月場所)と、平凡な最高位を有するなり。この記事では以下、親しみをこめてマァマンと呼ぶなり。

来歴[編集]

東洋大学を経て2004年3月場所で初土俵を踏んだなり。大学出身は最近では極当たり前なり。関取昇進が見え始めてから1年半は幕下上位で壁にぶち当たったなり。でも2008年にやっと十両に昇進できたなり。同時に十両互助会に加入したなり。昇進は栃ノ心と一緒だったなり。だけど、同時昇進は賭博専門業者とかをはじめ人数が多ければよくあることなり。1月場所新十両で3月場所ではみなさんからの恩恵に授かって十両優勝したなり。

7月場所では新入幕したなり。だけど足を痛めたなり。とても痛そうだったなり。でも千秋楽は対戦相手の黒海から何もしていないのに星を譲ってもらえたなり。何かしても6勝だったから、これはとても嬉しそうなり。

その後はいろいろあって人間エレベーターの仕事に就いていたなり。SUMOUは副業としか見ていなかったなり。

実は四股名は最初、本名の「木村」で行く予定だったなりけど、裁定の神・GYOUJIさんの苗字だから使えなかったなり。どうしても本名を使いたかったからGYOUJIになろうかと思ったなり。だけどRIKISHIの道はあきらめきれなかったなり。

実はトマトが大の苦手なり。マァマンは何かと地味って言われてるなり、ただしこれは地味じゃないなり。一門にかつていたネ申キュウリが嫌いだったなり。

マァマンは実は既に部屋を継承することが前提条件だけど、親方になれるなり。先輩にもそんな地味なRIKISHIはいたなり。

実は2回も十両優勝したなり。マァマンなのに珍しいと思うなり。四股名が三段目臭がしてちょっと嫌なり。デーモン閣下から授かった「栃乃守」に改名したいなりけど、琴田宮騒動で命名禁止令が出たなり。残念なり。

山本山も同じネーミングセンスなのに、何故か敗北感がただようなり。

新入幕同期生が珍しく3人もいたなり。だけど光龍将司千代白鵬がいずれも十両での互助活動で不当な引退を余儀なくされたなり。マァマンは春日錦の恩恵で難を逃れたなり。ちょっと優越感なり。春日野部屋にして良かったなり。だってもう30代だからなり。

何か、みんな顔を覚えてくれていないなり。春日野部屋の関取で唯一Twitter始めたなり。だから覚えてほしいなり。

エピソード[編集]

  • マァマンと対話したり、マァマンの記事を書くときはかならず語尾をなりにしないと泣いちゃうなり。ツイッターでも「なう」ではなく「なり」を使っていることからもそれがわかるなり。われわれは察しなければいけないなり。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

朝青龍殴られ 01.jpg この項目「木村山守」は、ちゃんこ不足のようなり。
さあ、そこの新弟子も力士の要たるちゃんこを作ってみるなり。強く当たったらあとは流れで行くなり。 (Portal:スタブ)