木津川市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木津川市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「木津川市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「木津川市」の項目を執筆しています。

もしかして: 奈良県

木津川市(きづがわし)は、京都府南端部にあるとされる都市奈良市に隣接しているという伝説だが、正確な位置はおろか、現実に存在するかどうかすら判明していない。

原典[編集]

古事記には「高の原のサティより北側一帯の原野を…(中略)…況是木津川郷也」とある。

また、ほぼ同時代に完成された日本書紀によれば、近くを流れる木津川の氾濫により一夜にして埋没したとされる。同書では、かつて東洋のエルドラドと呼ばれ栄華を極めた木津川郷の様子が克明に記されている。

また奈良時代聖武天皇が相次ぐ飢饉、疫病、戦乱、貴族の権力闘争に疲れはてて中二病をこじらせ、奈良の都を飛び出して新天地を求める流浪の旅に出た。一介の若者が中二病をこじらせて流浪の旅に出ることは現代でも散見されるが、天皇の場合は、それは遷都という一大国家事業となった。木津川に恭仁京なる都を作って遷都したが、たった4年で放棄となり、その後は信楽難波を転々とした末に元の奈良へ帰るという、何ともお騒がせな税の無駄遣いで終わった。

現在、木津川に架かる山城大橋がエメラルドでできているのは、かつての繁栄を記念してのことである。

政治体制[編集]

古事記によると、木津川市の政治体制は女王が支配する神秘主義であったとされている。かつてこの地域一帯を支配した女王、河井規子は自分が代表者を務める社会福祉法人に対して勝手に木津川市の予算を投入するなどしたが、事後的に議会の承認を得てなかったことにするなど鬼道を用いて衆を惑わす政治を行ったといわれている。

地理をめぐる学説[編集]

正確な位置は諸説あり特定されていないが、過去の文献から考え得る範囲としては、現在の奈良市の北から木津川以南の平野部であるとみられるが、そもそも実在する土地かどうかを懐疑する研究者もいる。

近年まで、南米説・九州説・天体説なども囁かれてきたが、根拠となる文献がなく現実味がない、意外性に欠ける、パンチが効いていない、ってか興味がないなど様々な理由により現在では有力視されていない。

もともとこの土地について研究する人が少なかったことに加えて、歴史的・学術的価値の低さから研究者離れが進行し、現状では完全に"忘れられた街"となっている。

だが近年、高の原のサティ(イオン)への来場者が木津川市へと迷い込んだという噂が相次いでいるが、真偽は不明である。 だが私は敢えて言わせてもらおう。木津川市は宇宙─そら─にあると!

関連項目[編集]