本因坊丈和

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「さすが本因坊ということだ」
丈和 について、井上幻庵因碩
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「本因坊丈和」の項目を執筆しています。

本因坊 丈和(ほんいんぼう じょうわ、天明7年(1787年) - 弘化4年(1847年))は、江戸時代囲碁棋士。本因坊家の家元・元丈の跡を継いで十二世本因坊丈和となる。道策、秀策(ヒカルの碁で有名な人)と並び『囲碁三聖』とされる。囲碁ボクシング天保吐血の局』が名高い。

人物[編集]

丈和の伝記

1787年に伊豆に生まれる。丈和の幼少はあまり文献に残っておらず、謎とされている部分が多い。10代の頃に囲碁の名門・本因坊家に入門してしばらくは内弟子生活を続けたが、20歳を過ぎた頃からめきめきと頭角を現し、27歳で本因坊家の跡目(家元候補)となり、40歳の時に家元となった遅咲きの桜である。

1831年に囲碁界の最高権威である名人碁所(めいじんごどころ)に就任。この名人碁所の座を巡っては、宿敵の井上幻庵因碩と激しい政略戦を行った。

棋風は、読みが深く、激しい攻め合いとなることが多い。また「剛腕」で知られるハードパンチャーである。

当時の囲碁ルール[編集]

江戸時代の囲碁ルールは現代のものと異なる。1ラウンドごとにチェスボクシングを交互に行う『チェスボクシング』という競技があるが、当時の囲碁は言うなれば「囲碁ボクシング」であった。つまり、3分間ボクシングを行った後、10分間囲碁を行う。これを10ラウンドまで繰り返す。囲碁の強者となるためには棋力だけでなく、腕力も必要であった。

最強の系譜 本因坊[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「本因坊」の項目を執筆しています。

丈和が跡を継いだ「本因坊」の名跡は、一子相伝の囲碁最強の称号である。本因坊家を継ぐことができる者は常に1人であり、跡目になれなかった内弟子は記憶を抹消されてから破門となる。歴代本因坊の一覧は頭の固い辞書に譲るが、囲碁最強の系譜であると言える。

天保吐血の局[編集]

丈和の対局で最も有名なのは『天保吐血の局』である。

背景[編集]

1831年に丈和に名人碁所に座られて以来、宿敵の井上幻庵因碩(-いんせき)は、なんとしても丈和を名人碁所の座から引きずり降ろし、自分がその座に就こうと策を練り続けていた。しかし当時の慣習では、名人碁所となった者は御止碁(おやめご)として、公の場で対局することを禁じられていた。権威を大切にした当時の考え方である。

このままでは丈和を名人碁所から引きずり下ろすチャンスを掴めないところであったが、因碩は策謀を張り巡らせ、1835年、浜田藩の松平家で碁会を開き、この場に丈和を引っ張り出すことに成功した。そして丈和を仕留めるべきヒットマンとして、自身の秘蔵っ子・赤星因徹(-いんてつ)を送り込んだ。因碩は「自分の弟子の因徹ごときに負けるようでは丈和に名人の資格無し」として、丈和の名人辞任の口実とする算段だった。しかも、打ち盛りの赤星因徹は師匠の因碩を実力で凌いでおり、全盛期を過ぎた形だけの名人・丈和に勝てることを確信していた。

ここに名人碁所の座と両家の名誉を賭けた、49歳の本因坊丈和と26歳の赤星因徹の世紀の大一番が始まった。

対局[編集]

コーナーで炸裂した”井家の秘手”に本因坊が崩れる

第1ラウンド ボクシング[編集]

立ち上がりは両者とも探り合いをしていた。しかし、因徹が丈和をコーナーに追い込むと、ここで因徹の『井家の秘手』と呼ばれる魔拳が飛び出した。この「井家の秘手」はこの日のために井上家総出で極秘開発した必殺ブローで、現在で言うコークスクリューパンチに近い物であったとされる。テンプルにまともに喰らった丈和はたまらずダウン。ゴングに助けられ、コーナーでは本因坊家総出で丈和の応急手当を行った。

第2ラウンド 囲碁[編集]

「井家の秘手」で脳震盪を起こした丈和のダメージは深刻で、意識朦朧とするなか、囲碁でも布石で立ち遅れた。

第3ラウンド ボクシング[編集]

流れを引き継ぎやはり因徹が優勢であったが、ここで勝利を意識した因徹の動きが固くなった。丈和はこの隙を見逃さず、歴史に名高い『丈和の三妙手』を炸裂させる。まず一発目を内から、二発目を外から打ち込み、因徹を揺さぶってダウンさせた。因徹は立ち上がるものの、勝負は振り出しに戻った。

第4ラウンド 囲碁[編集]

囲碁のほうも丈和が挽回し、盤面互角の様相を呈する。

第5ラウンド ボクシング[編集]

互角の攻防の中、ここで丈和の「三妙手」最後の一発が炸裂する。一瞬防御を怠った因徹の隙を見逃さず、剛腕丈和の強引なブローが因徹のあばらを打ち抜いたのだ。因徹はたまらずダウン、なんとか立ち上がるも、そこからは一方的に丈和のペースとなり、このままボクシングが続けば第7ラウンドで丈和がKO勝ちすることは誰の目にも明らかだった。

第6ラウンド 囲碁[編集]

因徹が意識朦朧とする中、丈和は囲碁でもあれよあれよと因徹を追い詰める。こうなっては囲碁でも因徹の負けは明らかだったが、因徹は投了できない、いや許されない。自分の双肩には井上家の名誉が懸かっているのだ。しかし丈和の246手目を見たとき、因徹は蓄積した内臓のダメージにより吐血、盤上に倒れ伏したという。丈和の壮絶なKO勝ち、名人の名に偽り無し。高々と鳴るゴングの中で勝ち名乗りを上げる丈和に、井上幻庵因碩の野望は見事打ち砕かれた。

外部リンク[編集]

吐血の局