村中聡美

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「村中聡美」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

村中 聡美(むらなか さとみ、1988年6月5日 - )は、千葉県出身の「AKB48」の元研究生である。

ファン時代[編集]

元々は女性アイドルグループAKB48のファンの一人であった。劇場オープンからずっと通い詰めていた所謂古参ヲタである。今でこそ女性ファンは全般的に「女ヲタ」と呼ばれるが当初は「女ヲタ」というのは村中聡美の固有名詞であった。いわゆる「女ヲタヲタ」とは村中聡美のファンのことである。

公演を観ている間に自分も同じステージに立ちたいという思いが芽生え、2期生(チームK)オーディションに参加。歌もダンスも素人であった村中はあえなく落選しまう。次の3期生(チームB)オーディションにも参加、結果はまたしても落選。その3期生オーディションにて後に師匠となる瓜屋茜と出会う。瓜屋茜に歌とダンスを鍛えられ、4期生(研究生1期生)オーディションに見事合格する。

AKB48時代[編集]

オーディションから1年以上たった2008年6月6日のチームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」にてバックダンサーとしてようやくデビュー。自身の成人式である2009年1月12日に成人式の為に欠席している小原春香のアンダーとして公演デビューを果たす。一生に一度の成人式より公演を優先するというスタンスに多くのファンが感銘を受ける。

しかしその後の1月19日の研究生オーディションにて落選。AKB48としての身分を失った村中はもう一度瓜屋茜に師を請う。そして8期研究生として復帰を果たすことに成功。人は村中を平成のイエス・キリスト不死鳥村中などと呼んだが自身は謙虚に「Newさとみん2009」と自身を呼んでいる。だが同年12月の研究生オーディションで再び落選して卒業。

最終的な参加実績は「大声ダイヤモンド(研修生Ver.)」一曲ではあるが、彼女の存在はきっとファンの心に残り続けていくはずである。引退後始めたブログも翌年には放置というか破棄してしまったが、きっと何かが残り続けていくはずである。

関連項目[編集]

まゆゆとラミミ 今、「村中聡美」は根も葉もないデマを書かれているの!やびゃあ(^ω^;) なの!
マウスでここをクリックして助けて! by まゆゆ (Portal:スタブ)