出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

(ひがし)とは方角。人が旅する際の5つの方角、「東」「西」「」「」「おうち」の一つ。地図に向かって、おを持つ方の方角が東である。一部では東方と呼称される場合もある。

概要[編集]

「ひがし」の語源は、奈良時代の文献「頓珍漢」に見られる「が沈む方」という言い方を略したものである。

20世紀以降の西洋では、東から来た人間は共産主義者かテロリストかどちらかと考えられている。しかし近年の研究では、地球上のどの場所もどこかから見れば東である、ということが分かってきたため、すべての人は東から来た人でありそれゆえテロリストか共産主義者であることが明らかになっている。

また、地球全体や様々な国の中における東と西は、宿敵となる運命を負わされている。東洋西洋、東側諸国と西側諸国、東半球と西半球、アメリカにおける東海岸西海岸、西ドイツと東ドイツ、日本における関東関西はその例であり、東西が決められてしまった以上どちらかが絶滅するまで永久に続く戦いを続けている。一方、南北関係はこれに比べれば比較的平和であり、イギリス朝鮮半島など南北に細長い一部の国で対立が起こっているに過ぎない。こうした違いは、地球が西から東へ自転するために人体に東西方向への負のエネルギーが溜まってゆくためと見られている(参考文献の263ページ参照)。

世界地図には一番東になっている部分があるが、これが東極(East pole)である。東極に達すると、そこからすべての方角が西となりこれ以上東へ行くことはできない。理論上(地図上)では小学生でも存在が確認できる東極だが、北極や南極が征服された現在でも、東極に達した探検家はいない。

参考文献[編集]

『マグネットパワー-21世紀をこう変える-』民明書房、1990年

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
Wiki-globe.png この項目「」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)