東大寺学園

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東大寺学園とは、東京大学の附属高校であり、男子校

外観。

概要[編集]

明治時代の文明開化の流れの中で、東西の格差は強烈なものになっていった。都が移され、政治・経済すべての中心になった東京が急速な近代化を果たした一方で、明暗くっきりとなったのがかつての都、関西以西であった。政治は事実上江戸など東部に移管されていたとはいえそれに権威を与えていたのは天皇であったし、また経済の中心地として「天下の台所」と呼ばしめた大阪を擁していたこともあって、まさに日本の中心であった。それにもかかわらず、天皇の御用達のみで成立していた産業は崩壊、年貢制がなくなったことで大阪も経済の中心地でなくなった。結果として、関西はその勢力を大きく低下させたのであった。実際近畿地方に置かれたナンバースクールは第三高等学校のみであるなど、中央政府からも非常に軽視されるようになった。

そこに救いの手を差し伸べたのが東京大学であった。関西出身の優秀な学生がくすぶったまま土方とび職などで一生を終えてしまうことを憂慮した東京大学当局は、関西に附属高校を設置した。すなわち、関西から東京帝国大学へ進学するのを簡単にし、そこで様々な先端学問を学ぶのを可能にしたのだった。しかも東京で知識・教養を身に着けた若者が関西に帰り、そこで地域の政治・経済に影響力を発していけば、そこから関西を再興させることができる。政治の中心となった東京が、かつて反映していた関西を助ける、落ちぶれてしまった関西に手を差し伸べるという、東京の慈悲から設立された学校がこの東大寺学園である。

教育方針[編集]

なんと言っても東大附属、東京大学への入学は非常に容易である。その代わり思想教育が行われており、東京大学と天皇への忠誠を刷り込まれる。以下では、その中でも特色ある行事を紹介する。

東大学(とうだいがく)
東京大学について学ぶ。リベラルアーツ、履修登録など東京大学内部の情報を取り入れ、東大生をはるかに超える東京大学に関する知識を持つ。東大当局の声明、方針の暗唱、果ては総長選のリークも行うなどその熱意は高い。東大入学が当然である当学園では、入試対策などというくだらないことよりも入学後のことを気にかけているのである。
ただし東大入試の研究も行われていないわけではなく、一部の熱狂的な東大信者によって過去問研究が猛然と進められている。ただし大半の生徒はそれに対し冷ややかな態度をとっており、学園としても積極的な支援を行っているわけではない。
聖武天皇祭(しょうむてんのうさい)
聖武天皇にまつわる様々な事象について学び、崇拝心を刷り込まれる行事。実際に祭りの見学が行われるほか、聖武天皇忌日などは休校となり、全学生が丸一日かけて聖武天皇の冥福を祈る。
このイベントが学生に与える影響は非常に大きい。かつて平城京があったという誇りも影響して、天皇に心酔し、命をもかけて天皇制を守ろうとする人間が多く輩出される。これがもたらす問題については後述する。

展望[編集]

こうした特異なカリキュラムを持つ当校ではあるが、東京大学への崇拝が十分に掻き立てられていないという問題点がかねてより指摘されている。むしろ上記の行事によって天皇絵の忠誠心が過剰に育ってしまうために、外部受験によって京都大学に進学してしまうケースが多いのだ。実際に大学合格者数を見ても京都大学進学者数は東大のそれを3倍弱上回っており、いかに忠誠心が高いかがうかがえる。しかも結果として学内も保守に偏っており、今後さらに京大進学者が増加する可能性がある。東大寺学園が京大寺学園になる日も、そう遠くはない。

関連項目[編集]