樞軸國軍總司令部

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樞軸國軍總司令部(すうじくこくぐんそうしれいぶ)とは大東亞戰爭及び第二次世界大戰に勝利した樞軸國軍により、聯合國の主要な國を統治するために設置された機關である。本部はワシントンに置かれ、ロンドンパリモスクワ北京南京にそれぞれ支部が置かれた。

ワシントン本部[編集]

ワシントン(華盛頓)に樞軸國軍總司令本部が設置され、以下の人物が旧連合国地域の統治を担当している。

旧連合國の統治[編集]

旧連合國は樞軸國の占領統治下に入った。この状態は大阪講和条約、ヴェネチア講和条約の両条約が締結されるまで続いた。

アメリカ合衆國の統治[編集]

アメリカ合衆國は日獨伊の分割統治とされ、ワシントン及びニューヨークが3ヶ國に分割されたほか、アラスカ及び東部を日本が、中部をイタリアが、西部をドイツが統治した。しかし日本は急速に皇民化政策を進めたため、次第に獨伊兩國と確執が生じ、1951年にムッソリーニが「アメリカ大陸を橫切る鐵のカーテンが下ろされた」と演說し、冷たい戰爭(冷戰)といふ狀況に入つた。

イギリスの統治[編集]

イギリスは獨伊兩國の共同統治とされ、ロンドンが二つに分割された。また、イギリスの殖民地はすべて獨立した。

フランスの統治[編集]

フランスはほぼドイツの單獨統治となつた。南部はイタリアの統治となつた。

ロシアの統治[編集]

ロシアは東半分がドイツの單獨統治となつた。西側のシベリアは日本の單獨統治とされた。

支那の統治[編集]

支那は、ほぼ日本の單獨統治とされた。毛澤東が「中華人民共和國」が成立したとか妄想ぢみたことを宣言したり、國民黨が反亂を起こしたりもしたが、支那國際軍事裁判が終了すると事態は急速に沈靜化し、皇民化政策も順調に進んだ。しかし,1972年に一部の支那域人民が臺灣縣は支那域領土であるとの運動が起こつた(五・四運動).臺灣縣知事は同年11月に「臺灣は1895年の下關條約で帝國が獲得した内地領土であり,「臺灣縣」と言ふ帝國都道府縣の一つである.」と公式に反論してゐる.

冷戰時代[編集]

1951年より、世界は獨伊兩國を中心とする國民社會主義陣營と日本を中心とする皇道陣營とに分かれることとなつた。

第三世界[編集]

かつてのイギリスやフランスの殖民地だつた國々はどちらの陣營にも屬さず、第三世界を形成した。第三世界諸國は,1955年にインドネシヤ=カリマンタン共和國のバンドン市で,アジヤ=アフリカ會議を行つた.この會議には大日本帝國政府も參加し,この會議で,北部樺太の割穣が決定(この會議の1週間後,帝國議會兩院で可決)し,1956年に東方エルサレム共和國(ユダヤ側)が建國された.パレスチナ域にはバレスチナ自由國(イスラム側)が建國された.これにより,パレスチナ問題は解決した. 經濟發展していくパレスチナとは對照的に,中東の混亂は激しく「アツラーは天照大神である」と云うイスラム教本地垂迹派が、メツカを占領するに至り1962年に中東戦争が勃発した。その後,大日本帝國が仲介役となり,65年に中東講和條規が結ばれ,アツラーは天照大神といふ認識が政府によつて公認された(天照(てんしやう)詔書).

共産主義の終焉[編集]

旧共産主義勢力も國家社會主義陣營と皇道陣營とに分裂。國民社會主義陣營は修正主義を取り込み欧州での勢力を盤石とする一方で、國際共産主義者らが皇道派の影響を受けて、八紘一宇・一君万民の主張を始めた。

この項目「枢軸国軍総司令部」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)