架空戦記

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

架空戦記(かくうせんき)は、実際の戦争の史実に関し、転換点となりうる重大事件等が別の展開だったら?別の世界戦だったら?というif的指向に基づく妄想の総称。

架空戦記の描かれる背景[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「架空戦記」の項目を執筆しています。

このような架空戦記作品は、日本では明治の段階で既に現れており、現在では中国韓国アメリカなど世界中の各国で、日本のそれと同じような作品が発表されていることが判明している。その形態は小説に限らず、アニメ漫画映画ゲームなど多様に渡っている。架空戦記がこれだけたくさん描かれている背景には、当然それだけの需要が存在する。架空戦記もののシリーズは、概ね以下のように分類される。

思考実験[編集]

純粋に歴史的事件にロマンを求め、「・・・となっていたらどうだったであろうか」、「・・・で戦局を変えることは出来るだろうか」など、よく書くなら思考実験の面白さを追及した小説群である。悪く書くとすれば、歴史学者のなかにおいて、自己の願望に合わせて歴史を解釈しようとする「未練学派」と呼ばれる人たちが書いた小説だろう。

僅かな近代兵器により、日本の戦国時代を塗り替えることを画策した『戦国自衛隊』(半村良)、記憶を持ったまま過去に転生した男の活動が歴史を塗り替える『リプレイ』(ケン・グリムウッド)、過去に移動した自衛隊艦が太平洋戦争を塗り替える『ジパング』(かわぐちかいじ)などが該当するといえる。これらの作品の中には、その衝撃性が強いことなどから多くの支持を得、メディアミックス展開されるものもいくらか存在する。

さて、どうしてこのようなことが起きてしまったかだが。もともと思考実験小説では、主として「タイムスリップ」と「パラレルワールド」というふたつの手法の、どちらかが用いられていた。ところが荒巻義雄が「紺碧の艦隊」(徳間書店)で「パラレルワールドにタイムスリップした=タイムスリップしたのがパラレルワールドだった」という、ふたつを同時に行う手法を使ったのだ。この手法を用いれば小説のなかで「何が起きてもおかしくない」状況が生まれてしまうことから、従来の思考実験小説では「禁じ手」なのだが、「紺碧の艦隊」がベストセラーとなったことで、ブームで参入した作家たちも当然のように使いはじめた。いつしか「禁じ手」が普通となってしまい、架空戦記は「思考実験を否定した、思考実験小説」となったわけだ。

「制限もなく、史実を弄っても許されるシミュレーション」「個々の要素は正しいのかも知れないが、そもそもする必要のないシミュレーション」が架空戦記の主流となったことで、好んで読む読者と毛嫌い、無視する読者と2分されたのである。両者の差異は、歴史や軍事の知識の有無ではなく、実は「思考実験(小説)を理解しているか」という問題に帰着する。歴史や軍事の知識があっても、思考実験(小説)を理解できない読者は熱狂し、知識はさほどなくても、思考実験(小説)を理解できている読者には受け入れられないのだから。

願望や妄想[編集]

自分の住む国にとって屈辱的な事件を、自分の国にとって都合よい様に塗り替えるなど、愛国心や嫌悪心に基づいた願望や妄想を多く取り込んだ作品も、架空戦記ものでは描かれることが多い。これらの作品群は、その願望心や妄想が満たされれば十分であるため、作品の科学的考証やつじつま合わせなどが無視されている事は、日常茶飯事としてある。たとえば韓国の作品では、日本は何らかの理由を付けて大体の場合、再び韓国に攻めてくることになっているし、日本は将来沈没することが確定事項として暗黙の了解化している。つまりこの文脈では、架空戦記は正当な歴史に対する「偽史」という位置付けになるのだ。

対照的に歴史、イデオロギー以外にももっと単純な動機、つまり「ぼくのかんがえたさいきょうへいきをだいかつやくさせたい!」という物もある。作者の無限の妄想力を礎に紡ぎ出されたこれらの超兵器は、技術力的及び工業力的背景を豪快にすっとばし、スティーブン・セガールの如き「無双」振りで敵を殲滅する。オリジナルだけでなく作者の思い入れのある兵器に大活躍させるケースも多い。その代表格「大和」については後述する。また、現場(から上へ昇進できない)ペーペーの将兵や、軍中央のエリートでも非主流でハブられてる冷や飯食いが、天性の才能と人望だけで(つまり面倒くさい努力も人気取りも根回しもなしで)、作戦案を出せば100%採用、作戦を立てれば100%成功、作戦なしのぶっつけでも100%勝利、お偉方からは個人的にひいきされ、同僚からは人気者、女性将兵とはハーレム状態という、別な意味でありえない願望充足も目立つ。

お遊び[編集]

上記のいずれにも該当せず、ただギャグパロディ的要素を強めて読者の関心を引こうとした作品も存在する。また上のいずれかに該当することはするが、ギャグ的要素が含まれている事例も見られる。詳しくは後述する。

なお、お遊びが過ぎた結果、「仮想戦記」を下回る低レベルなものに成り下がったものを「奇想戦記」と呼ぶ。 その他、右斜め下には「異想戦記」、左斜め下には「思想戦記」が配される。

壮大な「大和」集合[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、フェル博士の正体はハンニバル・レクター教授であることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、ソウルジェムが濁ると魔法少女は魔女になることや、ノーチラス号のネモ船長がナディアの父親でアトランティス王国の王であることや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、白金とディーン・メーストルと才賀貞義とフェイスレス司令が同一人物であることや、ジューダスの正体は前作で死んだリオン・マグナスであることや、最初のアギトは沢木雪菜であることや、阿Qが処刑されることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

架空戦記においては、現実に使用されたものだけでは展開を面白く出来ないので、様々な技術を用いて現実の兵器や航空機船舶を改造し、それを登場させることによって半ば強引にストーリーを構築している例がよくある。その際、最も好まれる改造母体は戦艦大和」である。アニメの「宇宙戦艦ヤマト」が大ヒットしたため、悲劇の艦と呼ばれる「大和」ならばどんな改造をしても構わないだろうという暗黙の了解が形成されたと言われている

結果としてすさまじい改造を施された「大和」が架空戦記には多々登場することになった。以下、主な事例を示す。

目の保養にもなる。大艦巨乳主義の象徴だ。
超戦艦「大和」
「超」をつけただけで変わるのだろうか?独活の大木がこれ以上大木になってどうする?
超戦闘空母「大和」
戦艦空母大和
超弩級空母大和
まずは航空母艦化。
超弩級ミサイル戦艦「大和」
第二次世界大戦末期にドイツで開発されたミサイルを搭載。
イージス戦艦「大和」
現代の海上自衛隊に倣ったのかイージス艦に。
激闘・ジェット空母大和
空母に加えてジェット機を搭載。
超弩級原子力空母「大和」
原子力を用いるのは既に常識。
スーパー・ハイテク艦大和
ハイテクといえばかっこよく見えるだろう論。それにしてもどの辺がハイテクなのか気になる。
ジェット機を上記カタパルトで運用は序の口、艦載ホバークラフト艇から赤外線誘導ミサイルをぶっぱなし、雷撃からは45ノットの高速で回避する。
ターミネーター空母「大和」
ヒット作から名前をパクるのも通例。とりあえずターミネーターみたいにどこを打たれてもビクともしないのだろう。
サムライ戦艦「大和」
サムライのステレオタイプイメージを日本が逆輸入。とりあえず武士の用心棒だと考える。
特攻戦艦大和
神風を同じように妄想で戦艦に適用。でもオリジナルと変わらない気がする。
リアクティブ戦艦「大和」
リアクティブ・アーマーを何故か戦艦「大和」に搭載。そんな装置がどこから?
強襲戦艦「大和」
後部主砲をとっ払ってヘリや舟艇の格納庫を置き副砲の場所に対空ミサイルという比較的現実的な案…に見えるが実は沈んだフリをして艦籍抹消、同じく死んだことにして戸籍を捨てた非正規部隊の母艦となって「共和アメリカ」やソ連など共産陣営と陰で戦うというんだからもう無茶苦茶である。
超航空戦艦「大和」戦記
日本が1つだけ製造して失敗した航空戦艦を何故か活用。どんな戦艦なのか気になる。
時空戦闘艦「やまと」
超時空戦艦大和
タイムマシンでワープするくらいは最早恒例。しかし実際にあんなのがタイムスリップしたら偉いことに!!
時空特攻戦艦「大和」
時空を越えて特攻する大和。むしろ、行った先によっては速攻で落とされそうな気がする。乗組員は別の時代で死んだ事になるらしい。正直前のほうがましだ。
超時空原子力空母大和
要素をつなぎ合わせるのも恒例化(ネタ切れ?)。それにしてもタイムスリップ・原子力・艦載力兼用の戦艦は恐ろしい。
機動要塞大和
遂に艦であることすら忘れられる。もしかしてマクロス?
時空潜水空母「大和」
遂に潜水艦化。潜水艦の上タイムスリップし飛行機搭載。なんだか建造費が偉いことになりそうだ。
サブマリン戦艦空母「大和」
潜水艦と空母を同時搭載した「戦艦」。原型が偉いことになりそうだ。
陸上戦艦大和
キャタピラで地上を爆走する「大和」。既に戦艦ではなく巨大戦車では?という人も多い。
飛行戦艦「大和」出撃!
ロケットを搭載して遂には飛行。上記した某アニメでは宇宙へ飛んでいくぐらいだから、まだましな方だが。それにしても、あんな70000t近い巨体が空を飛んだら恐ろしいだろう。ゴリアテと比べるといささか。ちなみに、こーゆータイプの初登場は某アニメよりも早い。でも多分、轟天号には勝てないと思う。
ステルス戦闘空母「大和」
たとえ見つかってもなかったこと
クロネコヤマト
DeNA「大和」
守備能力は最強だが、打撃力は皆無に等しい究極の専守防衛型

パロディ満載の作品[編集]

架空戦記の中には、作者が意図したのとは別の理由で、世間の注目を集めるようになった作品も多々ある(トンデモ戦記と呼ばれる)が、上記のように作者がお遊び的に、架空戦記のシリアスさを和ませるかのようにパロディを多く取り入れ、それで世間から注目を集めるようになった作品も存在する。昨今の角川系の諸作品のヒット要因の一つがこれにあるといわれている位であるから、至極当然かも知れない。

その中でも、ファンの中で伝説視されている作品に、上述した「超弩級空母大和」がある。この作品は「空母」とあるように、日本が大艦巨砲主義に染まらず、戦艦の代替として航空母艦を多く建造したという前提で記されている作品であり、ストーリーの崩壊とか矛盾とかがあまり無く、作者の文章力もあるため、漫画化されるほど好評を博したといわれている。

だがこの作品、4巻「DEATHTRAP AND GENESIS」という独ソ戦(現実以上に新兵器のため戦局が広がっている)を描いたあたりを中心に、以下のような描写や台詞が存在するため、何故か架空戦記マニアだけではなくアニメファンからも注目されることになった。それゆえ、伝説となったのである。

1巻
  • 兵器開発に関わる将校の会話
「武人の汎用に耐えうるもの、というのが海軍の基本テーゼだからな」
大東亜共栄圏補完計画
2巻
  • 川西航空機の試作パイロットの台詞
「川西はいいねえ・・・・大日本帝国が生んだ産業基盤の優れた証だよ・・・・・・」
3巻
  • ビスマルク乗組員のデイター少佐の台詞
「低気圧「ボーグ」は、間もなく活動を緩め、天候は回復する」
4巻
  • ドイツが長距離爆撃用に開発した「ウラル爆撃機」。4機が製造されたが、その各機体の名称。
零号機、初号機、弐号機、参号機
  • 爆撃機の乗員
零号機(青)
機長 - 異様に美形で、無口な男性の『ブラウ』。冷たく女のような声を発す
副操縦士 - 基地司令。本名不明で暗号名は『ゼクスタント』(和名:六分儀)
初号機(紫)
機長 - 性格が気弱なため、第三帝国から後に逃げ出すことになる『ハウザー少佐』
弐号機(赤)
機長 - 栗色の髪で、青みがかかった灰色の目をしており、長髪を編んだ美人の『ハンナ・ライチュ』。フライトスーツに赤をあしらい、鼻っ柱が強くてわがまま
参号機(黒)
機長 - 言葉に地方の訛りが残る人物
電子戦士官 - 丸眼鏡をかけた人物
  • 初号機の機長と副操縦士同士の会話を、弐号機の機長が聞いたらという仮定においた同僚の噂話
「ハイナ・ライチュが聞いたら・・・軽蔑の表情とともに『Sind Sie die Dummkopfe?』(あんたら、バカ?)とでも、のたもうたことだろう」
6巻
  • 護衛空母「ボーグ」のロキュータス艦長の台詞
すなわち、全世界において9000名のボーグ・クルーが活動している事になる
「ジャップよ、抵抗は無意味だ」
  • 護衛空母「ボーグ」の参謀長の台詞
「ボーグに抵抗は無意味、でありますか?」 

なお、作者の三木原慧一はこれ以外の作品でもパロディを多用していることで有名である。例を下に述べる。

クリムゾン・バーニング

(通算)7巻「カナダ侵攻」

  • 中華民国軍の最新鋭戦車
「先行車三型(中華キャノン搭載型)」

別の意味で有名な架空戦記(2ch実況板アニメ特撮実況スレ荒らし)[編集]

  • 宇宙大戦
トランスフォーマーの戦いをデストロン側から描いた作品。全篇を通してトランスフォーマー以外のキャラクターも総出で参戦し大賑わいになる。後半ではメガストーム率いる機甲部隊がデストロンに反旗を翻したり新たな総司令官が生まれたりと大風呂敷を必要以上に広げている。
  • 第一次大戦
史実の世界大戦とは異なり、ケーキによる冤罪から発展したプリキュアVS世界枢軸国軍の激突を描いた作品。これにより,子どもがよく思う「アニメの能力は現実の能力を上回る」という常識を覆した作品である。
  • 二次元大海戦
日本海海戦を基礎としており,米英ソ仏中の艦隊VSノイバウツォーイクの艦隊による5日間にわたる決戦を描いた作品。紺碧の艦隊を元にしており敵味方双方の視点で描かれる。序盤は数で圧倒するノイバウツォーイクのラムが張り出した木造軍艦が圧倒していたが,徐々に1900年代以降に建造されていた最新鋭戦艦を装備した米英ソが押し返していった。
  • 1114/1121大戦
ヒーローの終末という仮題を持つ作品。2004年11月14日と21日に勃発した史上最大の戦い。ヒーローが主導権を握っていたのが当たり前の時代。そんな中、ロシアが11/07放映分のゾロリに気高くきれいなヒロインを見つけ大騒動。これにより次週までに日本ドイツイタリアオーストリアイギリスアメリカフランスロシアを中心とした枢軸国がオアフ島沖に陣取り翌週一戦を交えた。しかし,序盤で各国の主力艦は撃沈若しくは大破。終盤で何とか追い返せたものの被害のすごさは凄惨を極めた。

関連項目[編集]


Haruhi.jpg この項目『架空戦記』はまだ書きかけの項目よ! ただの執筆者には興味ありません。この中で、宇宙人未来人超能力者異世界人の執筆者がいたら、この記事の加筆に協力しなさい、以上! (Portal:スタブ)