桂川駅 (北海道)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
曖昧さ回避 この項目では、JR北海道函館本線にあった桂川(かつらがわ)駅について記述しているばい! JR西日本東海道本線にある桂川(かつらがわ)駅につ・い・て・は「桂川駅_(京都府)」を、JR九州筑豊本線及び篠栗線にある桂川(けいせん)駅につ・い・て・は「桂川駅_(福岡県)」をCHECK IT OUT!! はい!!!

桂川駅 (北海道)とは忘れられた駅である。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「桂川駅 (北海道)」の項目を執筆しています。

この駅は北海道南部の森町という町にあったらしい。江差線が失われてからは唯一となる道南の在来線・函館本線上にあったという。もっと詳しく言えば森町の中心駅となる森駅の隣駅(長万部方面)であったようだ。

線路が2本ある複線区間にある駅で、2つのホームがそれぞれ線路に寄り添うように存在していたらしい。駅は高台、線路の築堤上にあるので階段(兼待合室)により地上と結ばれていたそうだ。またちょうど高台にあるのでホームから海を見渡すことができたという。

これだけ見れば海沿いの地方にあったただの小駅であるのだが……。

問題点[編集]

この桂川駅、どうやらステルス性能の高い物質でできていたらしい。駅への入り口は集落の中にあるのだが、集落の人々は誰も気に留めていない。桂川駅を認識できる者曰く、駅入口周辺にはブイが多く積まれていたという。つまり地元住民は桂川駅入口を認識しておらず、ただの空き地として見ていたようだ。

集落と言ってもあれそれと違って、人の気配どころか営みの景色がちゃんとあるような場所である。つまり人はそれなりに住んでいる。漁港のある集落で、現役の小学校まである。にも関わらず、その中で誰も駅のことを気にしてないようだ。

そもそも駅を認識できなきゃ利用もできないので利用状況はお察し下さい。と言うかなぜそのような物質で駅が建設されたのかは不明である。仮乗降場(国鉄時代に作られた、正式な駅ではない乗降場)であった時代もあったらしいからそれと関係あるのだろうか。

ちなみにこの集落、鷲ノ木という(何か似たような名前の駅があった気がする)名前である。集落名と駅名が一致していない。桂川駅が忘れられているというのはそのせいもあるのだろうか。


地域住民から忘れられた、そんな駅を利用するのは鉄道教徒ぐらい……と言いたい所だが、この桂川駅は大多数の鉄道教徒にすら忘れられていた。

鉄道教徒には特定のジャンルで駅をまとめて認識する傾向がある。ジャンルには例として「秘境駅」「木造駅舎」などがある。

だがこの桂川駅、ジャンルとして認められた特徴を持たない駅であった(桂川駅の名誉のために言っておくと決して無個性な駅ではない)。人気のある集落にあるから「秘境駅」ではないし、駅舎もないから「木造駅舎」でもない。一応「海の見える駅」というジャンルに入れさせてもらってもいいはずだが、挙げられていない所を見るにやはり忘れられているらしい。

おそらく、鉄道教徒からも忘れられていたというのはこういうことなのだろう。もしかしたらステルスの効果が鉄道教徒にもあったのかもしれないが。


とにかく、桂川駅は1日に1人もいない利用者を待ちながら、漁村の片隅にひっとりと存在していたのであった。

そんでもって[編集]

そんな忘れられた駅・桂川駅であるが、この駅のことを忘れていなかった者もいる。

まずは一部の鉄道教徒である。鉄道教には全駅巡礼を目指す宗派もあり、その信徒達にはむろんのこと巡礼対象として桂川駅は認識されていた。

あとはJR北海道である。(いや事業者なんだから当然だろと思わないでもないが)こちらはどちらかというと「悪い知らせ」でもあった。


2016年2月、「極端にご利用の少ない駅」という廃止候補がリストアップされ発表された。もちろん桂川駅もその中に入っている。しかも特に危機的な立場となる「利用者1人以下/日」の駅としてである。

だが大方の鉄道教徒は(やはり)桂川のことを気にしていなかった。なぜならその候補には多数の秘境駅が含まれていたためである。この1ヶ月後に白滝シリーズの廃止が控えていることもあって秘境駅が失われることへの危機感を募らせていた。その傍らで桂川などいくつかの非秘境駅も廃止候補となっていることは気にされていなかった

非鉄道教徒? 論外である。そもそも大多数がJR北海道がぶっ倒れようが気にしないような人たちである。だって車があるもの。


例の8駅の廃止を経て2016年6月、北海道南部にある5駅の廃止方針が出された。その中には意外にも(もしくは案の定)桂川駅の名があった。

それでようやく多くの鉄道教徒は桂川駅を認識したらしい。葬式宗の信徒達(掛け持ちを含む)が次々とやってくるようになったのである。……まあ葬式宗信徒の巡礼がちょっとやそっとあったところで廃止方針は結局覆らなかったのだが。

そして2017年3月3日、駅に停車する最後の列車を見送り、桂川駅の歴史は終わった。

それから[編集]

こうして桂川は廃止となった。それによりそれら駅達の痕跡は抹消された。具体的には時刻表や路線図からなかったことにされ、隣駅の駅名標も上書き「改正」されている。更に駅そのもの姿も削り取られていった。そして記憶でもステルスされ、ほとんどの人はかつて桂川という駅が北海道にもあったことを想起することすらできなくなったのである。

廃止された駅の中でも桂川は特に痕跡を抹消された駅であった。駅の階段兼待合室はもちろん解体され、ホームも削り取られた。工事は徹底的に行われた(……どうやら工事事業者は桂川駅のステルスを見破る目を持っていたらしい)。結果、ほぼ全ての痕跡が失われた。そのため桂川駅の跡を見つけるのは鉄道教徒にすら難しいと言われる。ステルス性能で元々影が薄かったのも拍車をかけている。現役時代の桂川駅を知る者でないと場所の特定は難しいだろう。

これから先、桂川駅の記憶は次々に失われていく。隣駅であった石谷・森の駅名標もそのうち取り替えられ隣駅が書き換えられた痕跡も失われるだろう。現役時代の記憶も薄らいでいく。


この項目は駅の廃止が来たことにより本流となる忘却の流れに抵抗するために、アンサイクロペディアに建てられた桂川駅 (北海道)の記念碑である。

関連項目[編集]

森町に所在する駅は多いので他は省略。
Gomen.jpg この「桂川駅 (北海道)」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)