森羅万象棋/1

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正規古将棋系[編集]

歩兵(ふひょう)  ⇒  金将(きんしょう)  ⇒  飛車(ひしゃ)  ⇒  龍王(りゅうおう)  ⇒  飛鷲(ひじゅう)
         
       
       
         
         
         
   
   
       
         
       
       
       
       
       
   
   
       
   
   
   
   

★ … 2マス先まで進める。1マス目に駒があっても飛び越えていける。また、1マス移動して2マス目に進むこと、または元のマスに戻ることができる。 獅子と同じ動きが出来る。

歩兵
古将棋と同様、二歩、打ち歩詰めは禁止。敵陣まで進むと、金将に成る。俗にと金と言われる。ここへきてもザコはザコ。
金将
色がきれいなだけで、ここでは使えない駒。
飛車
香車より性能が良いが、ここにはもっと良い車もたくさんある。
龍王
竜を倒した勇者(笑)も、ここでボコボコにされる。
飛鷲
名前がかっこいいだけ。ここじゃなきゃよかったのにね。
仲人(ちゅうにん)  ⇒  酔象(すいぞう)  ⇒  太子(たいし)  ⇒  玉将(ぎょくしょう)  ⇒  自在天王(じざいてんのう)
         
       
       
       
         
         
   
   
     
         
         
   
   
   
         
   
   
   
   
仲人
結婚の仲立ちをする特別な駒。だが実戦ではそんな能力役に立たない。
酔象
酔っぱらった象。当然役立たず。
太子
親の七光り。太子が手駒に存在する場合は、たとえ玉将が取られても、太子を玉将の代わりとして勝負が続行される。統領駒のひとつ。
玉将
本将棋より強くなったが、もっと強い駒がたくさん登場しているので迂闊にできない。統領駒のひとつ。
自在天王
統領駒のひとつ。次のいずれかの条件を満たすマスであれば、盤面のどこにでも自在に移動できる。
  • 自駒も敵駒も置かれていないマス
  • 敵駒があり、他の敵駒が効いていないマス
盲虎(もうこ)  ⇒  飛鹿(ひろく)
         
     
   
   
         
       
   
   
   
       
盲虎
前が見えず、正面に進めないのは不便。差別用語を含んでいる。
飛鹿
反車の動きが加わる。盲虎がもし成る機会を得た場合は実戦では確実に成りが選択されるが、実戦的に見ると、この盲虎を敵陣に突入させる(=成らせる)のは相当大変なことであり、お目にかかる機会は滅多になく、成らせるのは現実的ではない。
香車(きょうしゃ)  ⇒  白駒(はくく)
       
       
       
         
         
   
   
       
       
       
香車
前にしか進めないポンコツ車。
白駒
名前通り、白く塗られていて何も書いてない駒。
猛豹(もうひょう)  ⇒  角行(かくぎょう)  ⇒  龍馬(りゅうま)  ⇒  角鷹(かくおう)
         
   
       
   
         
     
     
       
     
     
     
   
   
   
     
   
   
   
   

★ … 飛鷲と同じ。獅子と同じ動きが出来る。

猛豹
完全に名前負け。左右ががらあき。成ると筋違いの場所に行けなくなる、独特のデメリットがある。
角行
角爆弾の一つだが、ここにはもっと強い爆弾もある。
龍馬
倒幕派。それ以上でも以下でもない。
角鷹
飛鷲と違い、名前もかっこ悪い。
桂馬(けいま)  ⇒  横兵(おうへい)  ⇒ 水牛(すいぎゅう)  ⇒ 火鬼(かき)
     
         
       
         
         
       
       
       
         
   
   
   
   

テンプレート:駒の動き9×9

桂馬
特殊な動きをする駒。間に他の駒があっても飛び越えて進める。敵陣まで進むと、成桂に成って金将と同じ動きが出来るようになるか、横に何マスでも動け、前方に2マス、後方に1マス動けるようになる。ただし、状況によっては成らずにいることも可能である。いつも飛んでて存在感が薄い。
横兵
桂馬を参照 大獏については、こちらをご覧ください。
水牛

大局将棋以外の奔猪に加え、前後に2マス動ける。駒は飛び越えられない。

火鬼

表示できないため、こちらをご覧下さい(成駒の奔火も)。両方の動きを持っています。また、編集画面もご覧ください。

摩羯(まかつ)  ⇒  鉤行(こうぎょう)
×   ×   ×
  ×   ×  
×     ×
  ×   ×  
×   ×   ×
摩羯
角行の動きを二回連続で出来る。ただし、1回目で敵駒を取った場合はそこで止まらなければならない。鉤行に成る。
鉤行
飛車の動きを二回連続で出来る。ただし、1回目で敵駒を取った場合はそこで止まらなければならない。


石将(せきしょう)  ・  鉄将(てつしょう)  ⇒  白象(はくぞう)
         
     
       
         
         
         
   
       
         
         
   
   
   
   
石将
白象に成る。固そうななまえの割には意外と弱い。
鉄将
白象に成る。これも意外と弱い。
白象
白血病の象。
銅将(どうしょう)  ⇒  横行(おうぎょう)
         
   
       
       
         
         
       
       
         
銅将
金と同じといってるが、明らかに金の劣化版。ま、どっちにしろ使えないけどね。
横行
名前通り悪いことをするが、性能が低すぎて何もできない。
銀将(ぎんしょう)  ⇒  竪行(じゅぎょう)
         
   
       
     
         
       
       
   
       
       
銀将
永遠の二番手。ここでは何番手になるのかな?
竪行
つまらない授業をして、生徒に嫌われている。
麒麟(きりん)  ⇒  獅子(しし)  ⇒  奮迅(ふんじん)  / 獅鷹(しおう)
       
     
   
     
       
       
   
   
   
   
       
         
   
   
   
   
   
         
麒麟
上下左右方向へは、間に駒があっても飛んでいける。首が長い。成らなければ何手かけても筋違いの場所に行けない。
獅子
特殊な動きをする駒。まず前後左右、斜め1マス進み、そこから更に前後左右、斜め1マス進める。最初の動きで敵駒を取り、それから元の場所に戻る事も出来る(居食い)。簡単に言えば、王の動き2回だが、この説明は正確ではないから困る。名前ほど強くはない。
奮迅
獅子の成り駒。獅子の動きに加え、全ての方向に3マスまで動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。
獅鷹
獅子の動きに加え、斜め四方に何マスでも行くことも出来る。このとき飛び越えては行けない。成ることはできない。
獅子には細かい規定があります。獅子の特別ルールをご覧ください。
鳳凰(ほうおう)  ⇒  奔王(ほんのう)
     
       
   
       
     
   
   
   
   
鳳凰
これも名前負け。名前で判断するゲームじゃない。
奔王
一見強そうだが、同じ性能の駒はいくつもある。飛び越し機能を失う。
無明(むみょう)  ⇒  法性(ほうせい)
         
  ?  
  ? ?  
  ? ?  
         
       
   
   
   
   
       
無明
動きは円柱状で八方向にピンが出ているルーレットで決める。まず、高速で出入りしているピンをそれぞれの8つのスイッチで止め、そのルーレットを回し、動きが決める。ピンが出ている方向に進める。上図では、正面、右斜め後ろ、左斜め前にピンが出ている状態である。全く進めない場合もある。この場合、実質的には1手パスとなる(提婆も同様)。
法性
無明の成った駒。獅子と奔王を兼ねる。相手の無明(法性)を取った駒は、その場で駒を入れ替えて法性に成る。
提婆(だいば)  ⇒  教王(きょうおう)
         
  ? ? ?  
  ? ?  
  ? ? ?  
         

テンプレート:駒の動き9x9


提婆
無明と同じ方法で、動きを決める。
教王
こちらをご覧ください。ただし、両方の動きを持っています。表示できないので、編集画面をご覧ください。

3の所は■です(これ以上大きく出来ない)。相手の提婆(教王)を取った駒は、その場で駒を入れ替えて教王に成る。

飛車・角行・竪行・横行・反車・香車・飛龍・猛牛etc..  ⇒  金将(きんしょう)
         
         
       
         
         
         
   
   
       
         
これらは成って金将になることによって弱くなる駒であり、類型2であっても、デメリットが大きい。これらの駒にはセンサーがついており、 駒を取ると音が鳴るようになっている。対象の駒を並べ終わったあと、双方の対局者が相手陣に並べる。このとき、相手の並べた場所を見ておくのは反則だが、実際は遠すぎて見えない。後述の歩兵→間諜と同じく、聖なる制裁がある。
対象となる全ての駒が見たい方は、こちらをご覧ください。

古将棋・禽将棋系[編集]

鵬(おおとり、ほう)
         
   
   
   
         

統領駒のひとつ。太子と同じ。

鶴(つる、かく)
         
   
       
   
         

縦と斜めに1マス動ける。

雉(きじ、ち)
       
         
       
     
         

前に2マス先に飛び越えて行け、斜め後ろに1マス動ける。

鶉(うずら、じゅん)
左の鶉 右の鶉
       
       
       
     
       
       
       
       
     
       

初期配置の右と左で2種類がある。

左の鶉は前と右斜め後ろに何マスでも動け、左斜め後ろに1マス動ける。
右の鶉は前と左斜め後ろに何マスでも動け、右斜め後ろに1マス動ける。
どちらも駒を飛び越えては行けない。
2つの鶉は裏面に書かれた左、右の字で区別する。

鷹(たか、おう)  ⇒  鵰(くまたか、しゅう)
         
   
   
     
         
     
   
   
   
   
後ろ以外の方向に1マス動ける。
鷹の成り駒。斜め前と後ろに何マスでも動け、前と横には1マス、斜め後ろには2マス動ける。飛び越えては行けない。
燕(つばめ、えん)  ⇒  鴈(かり、がん)
         
       
       
         
         
     
         
       
         
       
前に1マス動ける。打ち燕詰めは打ち歩詰め同様禁じ手。突き燕詰めは構わない。同じ縦の筋には燕は2枚までしか置けず、三燕は二歩同様禁じ手。鴈に成ったものはいくらあっても構わない。
燕の成り駒。斜め前と後ろに2マス先に飛び越えて行ける。

古将棋・和将棋系[編集]

※17種類中15種類大局将棋と共通しているため、残りの2種類を解説する。

靏玉(かくぎょく)
         
   
   
   
         
靏玉
統領駒のひとつ。太子と同じ。
萑歩(じゃくふ/すいふ/かんふ)  ⇒  金鳥(きんちょう)
         
       
       
         
         
         
   
   
       
         
萑歩
前に1マス動ける。成ると金鳥となり、金将と同じ動き。

古将棋・廣将棋系[編集]

[編集]

廣将棋の「射る」とは、空いている路に動いて、そこから離れた敵の駒を取ること。N路射と言えば、ある方向にN路までにある駒を射ることが出来るという意味になる。

射る制限
射\的 天塁 牌総 五里霧 牌・車・車総・砲車 その他の駒
× × × ×
× × × ×
× × ×
仏狼機 × ×
神機車 ×
砲車 ×
高道
神僧
五里霧
聖燈
広弓騎
弩騎

※仏狼機は、6路以上離れた所からなら五里霧を射れる。

殺す制限
  • 射る駒は、相手の駒を殺すことはできない。ただし高道と神僧は、相手の高道と神僧に限り殺せる。
  • 天塁は車と車総に殺されない。

現代将棋系[編集]

その他[編集]

京翔(きょうしょう)/京鳳(きょうほう)/京凰(きょうおう)  ⇒  成京(なりきょう)
     
         
         
       
         
         
         
   
   
       
京翔/京鳳/京凰
特殊な動きをする駒。前方に3マス、左右に1マスの位置に移動できる(桂馬のさらに1マス前方に移動する)。その際、他の駒を飛び越すことができる。敵陣まで進むと、成京に成って金将と同じ動きが出来るようになる。ただし、状況によっては成らずにいることも可能である。その能力を見込まれて、京将棋の道場からスカウトされてきた。
八方桂(はっぽうけい)  ⇒  八方成桂(はっぽうなりけい)
     
     
       
     
     
     
   
   
     
八方桂
突然変異された桂馬。8方向に桂馬の動きができる。その際、他の駒を飛び越すことができる。敵陣まで進むと、八方成桂に成って八方桂と金将の動きを兼ねるようになる。