椿姫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

椿姫(つばきひめ)とは、娼婦になることの危険性を説いたジュゼッペ・ヴェルディのオペラである。

概要[編集]

元は戯曲であり、19世紀中盤から流行った曲の一つであった。当時の流行であった高級娼婦に始まる娼婦ブーム。しかしその娼婦に対し彼女らの没落を描くことで、娼婦ブームは長くは続かないものだということを現した風刺戯曲であった。それをパリで見て感銘を受けてしまったジュゼッペ・ヴェルディはこれをもとにオペラを制作、当時の貴婦人に等しかった高級娼婦たちに陰りを見せる作品として後世まで末永く伝わるオペラの代表的作品である。

経緯[編集]

作曲者ヴェルディはイタリア出身であった。そのイタリア、ヴェネツィアのフィニーチェ劇場から新作を依頼されていたこともあり、感銘を受けた戯曲を元にジェバンニの如く曲を作ったのである。また娼婦に対する風刺を強化するため「娼婦なのに爵位の男に純愛をしてしまった女の末路」という形に傾向を置いて製作されているとも言われている。またイタリアでは娼婦が大人気であった故、政府も産業に少なからず抵触するのではと危惧していたが、そこはヴェルディオリジナルの独自な方法により、イタリア政府にも赦しを得ることとなった。

このように、原作からさらに風刺性を持たせた作品となったのだが、出だしは大失敗であった。このような風刺の追求のし過ぎ、またそのような風刺オペラを経験していなかった俳優陣の準備不足により、評論家たちは大ブーイングを付けた。三大オペラブーイングとも呼ばれるレベルだったとも言われているが、その一週間後には古今東西の評論家たちがこのオペラの姿勢を評価したことから、世界一評論家の手のひら返しが早いオペラとしても名前を刻むこととなった。

あらすじ[編集]

以下、ネタバレ注意。

第一幕[編集]

高級娼婦ヴィオレッタの住む屋敷では今夜もあれな目的で賑やかなパーティーが開かれており、娼婦は来客をもてなしている。そこへ人生に大きく関わるアルフレードという好青年が来客する。歌を1曲歌うよう勧められた彼はいったん辞退するが皆の再度のすすめのなか、アルフレードは情熱を込めて恋の歌乾杯の歌を歌い、ヴィオレッタもこれに便乗し、華やかなパーティに色を加えた。皆が別室に行こうとしたときにヴィオレッタがめまいを起こし[要出典]一人部屋に残った彼女の所にアルフレードが来る。するとアルフレードはこんな生活をしていてはいけないといい、1年前からあなたを好きだったと告白する。ヴィオレッタこそ表では軽くあしらうが、彼の真剣さに少し心を動かされていた。ヴィオレッタは椿の花を渡して再会を約束[要出典]、「この花がしおれるころに」という。そしてアルフレードに「もう一度愛しているといってくれますか」とヴィオレッタが尋ねると、アルフレードは「もちろん!何度でも」と軽快な返しを繰りだした。アルフレードが一番に去るに続き、来客がここぞとばかり去って一人になったその時、ヴィオレッタは物想いにふける。「不思議だ」と娼婦ながら純情な求愛に自分の心境を想っている。そして、彼こそ今まで待ち望んできた運命の人ではないかとも考えている。彼女は「そんな訳がない、どうせ自分に来てほしいというだけのカモだ」と考えているフリをしていながら、彼女の中でアルフレードとの恋愛を望む中身の自分との葛藤[要出典]は、ますます膨張していくものとなった。

第二幕[編集]

色々あったなか、同棲している2人。娼婦という立場から社交場を退いた[要出典]ヴィオレッタは、いつもの日常を過ごしていた。しかしその日常もつかの間、アルフレードの父親がヴィオレットのもとに突撃を敢行する。父親曰く「アルフレードはお前に貢いでいる、さっさと別れろ」という常識的かつ正論を口出ししたのだが、ヴィオレッタはそれを捻じ曲げ、自分の下積み時代の資産売買の書類を出しながら「自分はこんなにアルフレードに貢献している、貢いでなんかいない」と反論。父親は何故かそれを受け入れるものの「世間体があるから」という日本式の頼み方をする。それを聞いたヴィオレッタはとても悲しく崩れ落ち、辛く辛く断腸の思いで許すという気丈さを見せる。そして不実になってしまった。一旦別れましょうという手紙を残し、アルフレードに戸惑いを生ませたのである。

「復讐してやる」と怒ったアルフレードはヴィオレッタが出席するという夜会に突撃し、ヴィオレッタを驚かせた。アルフレードはその時やっていた賭けに参加し、ヴィオレッタから貢いでいた分の金を勝ちで貰い受ける。ヴィオレッタは夕食という名目でその場を立ち去るが、何分アルフレードはだまされていたという事実をヴィオレッタに強く抱いていた。そして夕食を終えた一向がホールに戻って来、オビニー侯爵、グランヴィル医師がヴィオレッタを守ろうとするなかアルフレードは貢いだ分の金を床にたたき落とす。彼のまさに覆水盆に還らずの心意気はヴィオレッタを気絶させ、父親含め全員から充分分かったから退去せよと諌める行動を起こしている。関わりのある人物らの葛藤を描きながら、幕は綴じられる。

第三幕[編集]

そして彼女は持病を再発させ、病に伏すこととなる。第二幕の後決別したアルフレードも戻って来てくれると信じていたし、アルフレードの父も「絶対に帰る」と手紙に書いていた。医者も長くはもたないと半ば諦めの情操を見せていた。医者が帰ったあと、彼女は自分が娼婦であることを恨んだ。アルフレードという純愛の相手をここまで傷つけ、そして今死ぬとされる原因も娼婦によるものなのだ。そう思い続けてきた。彼女はもう全てと関わりをなくしたのである。自分をアルフレードが支えようと、パリを離れて田舎で暮らそうとも、アルフレードの父が詫びようとも、自分はダメだったんだと彼女は思い続けていた。

ヴィオレッタは「不思議だわ、新しい力がわいてくるよう」といいながらこと切れ、一同が泣き伏すなか幕は閉じる。

関連項目[編集]


この項目「椿姫」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)