極限値の乗算

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

極限値の乗算(きょくげんちのじょうざん)とは極限の数を乗算する方法である。

歴史[編集]

この計算法を経験則として最初に発見したのはアントニオ猪木とされている。すなわち「元気があれば何でもできる」である。また、近年オオタ・コウイチロウロボット工学に応用することを提唱した。すなわち「ガンバスターが無敵なのは、努力根性エネルギーとしているからだ。努力と根性には限りが無いからな。」である。

計算方法と考え方[編集]

任意のxに0をかけることは、xの絶対値を0とみなす関数である。xの絶対値が比較的小さな数であるときは、この関数の絶対値は0である。大きな数を扱う場合は、後述する。

次に任意の数xにをかけることは、xの絶対値をとみなす関数である。xの絶対値が比較的大きな数であるときは、この関数の絶対値はである。xが0のように絶対値が小さな数の場合、この関数の絶対値は1である。なぜにならないのか。それは0などの小さい数に比べれば1はとみなすのに十分大きいからである。これを式で表すと

乗算は順番を入れ替える事ができるので

これは、xがあるいはに近似する大きな数である場合の、xの絶対値を0とみなす関数と同じである。なぜ0にならないのか。それはなどの大きな数に比べれば1は0とみなすのに十分小さいからである。

なお、絶対値だけが変化するため正の数のみ示しているが負の数や虚数にも応用できる。

応用[編集]

0=1=無限大の証明[編集]

また

よって

1=2の証明[編集]

よって

物理への応用[編集]

前述の証明により数字は無意味であることが解る。宇宙は無から生まれ、あらゆる可能性に満ちており、努力と根性で動いている事が解る。そして、神は努力と根性で宇宙を創った事が解る。すなわち、人類が努力と根性で宇宙を創り神にもなれることが解る。

身長 この項目「極限値の乗算」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)