榊原恒一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

榊原 恒一(さかきばらこういち)とは、綾辻行人原作のAnotherに登場する人物であり主人公である。容姿端麗の要素を加えた本格派の主人公でもあるのだ。異端児。

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「榊原恒一」の項目を執筆してくれています。

概要[編集]

Another本編における主人公である。アニメの主人公は数あれどここまでかっこいい人はそうはいないだろう。顔つきもスタイルも外観もどれをとってもかっこいいの一言に尽きる。極めて真人間であるが、悲しいことに家の事情で夜見山市に引っ越してきたが故に行く先々で大変な目にあいつづけた。中の人つながりで、不幸な人がいるわけだがそんな彼とは比較にならないほど・・・・というより幸薄い生活を田舎で送ることになる。ただ、その反面いろいろな友達を増やしたし東京にいた頃とは正反対である。それが故に、アンサイクロペディアですら嘘がつけない人生を送っている。見崎鳴という生徒と顔を合わせてから、更に予想外の展開へ。同類として心臓がやばい高林郁夫と喉がやばい和久井大輔がいる。このアニメは病人に厳しいなあ

女性にもてたその人柄[編集]

まあ、今時のアニメでは一人の男が複数の女生徒に持てることなど当たり前の世の中である。しかし、恒一の時代はまだエロゲなんて高画質な絵画は無かったしDVDなどまだ未成の大器だった。当然ながらインターネットも存在しているものの今のような便利さはまだない。こんな時代で、その顔立ちと趣味を巧みに利用し中学校では綾野綾・赤沢泉美・…望月優矢を、入院していた先で看護婦の水野沙苗を、ろくに会ったこともない叔母である三神怜子をと年齢や素性問わずして彼はモテキを歩んだ。今時こんなモテ方をする中学生など存在しておらず榊原恒一がいかに異端児だったかおわかりいただけよう。近年のカードアニメで主人公が看護婦と会話する描写から第二の榊原の出現かと噂されたようだ。が、結局は愚痴を聞いただけに終わっている。・・・・・今時都会で持てないのに田舎でこんなことに・・・・俺だってモテたいぜ!!リア充爆発せよ!!

彼は不幸だ[編集]

そんな彼だが肉体に致命的な欠点を抱えていたのである。なにが欠点だったのか、それは普通の人間としては肺がもろいのである。まあ、人間誰だって肺は頑丈ではないのが常だ、が気胸という病気であり今はほとんど絶滅しているが当時はかかる人がいたのである。どういう状態かというと、肺に穴が開いて酸欠になるのである。分かりやすく言うと、風船に穴を開けたら空気が逃げてしまう。そんな状態が人間で起きるのだ。意外な話だが、これはやせている人間なら誰でも発症するのだそう。こんな訳で恒一は昔からもろい肺を抱えながら生きていた。実際、田舎でモテた代償はあまりにも苛酷だったに違いない。都会ではうまくいかないが田舎で成功した・・・・こんなシチュが再現されたわけだが代価が大きすぎたのではないだろうか。とどめに転校先の中学校が呪われていた訳だから実質幸福と不幸を同時に背負ったに違いない。

彼の1年半前の記憶[編集]

また、彼は実質記憶を改竄されており本編の出来事より1年半前に夜見山にきていたことが明らかにされている。しかも、たまたま河原にいたところを偶然に居合わせた赤沢泉美と鉢合わせしてしまう。んで、その後双方とも災厄でどっちも家族の人を亡くしていて重い空気が錯綜していた。

彼のその後[編集]

まあ、こんな症状を背負っていたわけだが彼は努力と威厳を持って乗り越えた。それ以前にみんなの努力もあってだと思うがてかみんな、榊原の肺が問題を抱えているんだから去勢してやれよお、どうにか紛れ込んだもう1人災厄を止めたのだから市民賞ものの功績を残したことになるのだ。その後の彼にサチあれ・・・・原作通りにいけばアニメ版の榊原君も。