榎あづさ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

榎 あづさ(えのき あづさ、1988年3月16日 - )は日本ストーン・マエストロである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「榎あづさ」の項目を執筆しています。

本職以外でも様々な業界で活躍しており、詩人声優歌手ドラマーブロガーラジオDJ探偵舞台俳優などをこなすマルチタレントとしての顔の方が有名である。

人物[編集]

生い立ち
歳の離れたがいる。兄はカマキリ美容師である。
幼少の頃に、地球の秘密が記された、伝説の古文書を読み、その時からストーン・マエストロになることを決心したという。
ミスターポポのように動く。
ガチャピンに似ている。
非常に大きな鼻を持つ。
フットサルの腕は、ペレの再来とされる。よくレアル・マドリードなどからオファーが来るが、職業にするつもりは無いらしい。
実家
千葉県の荒野にあるとされている。両親と住んでいる。一説には、遊牧生活をしているともいわれるが、よく分かっていない。
アメリカ議会図書館並みの本棚がある。ほとんどが漫画で、本人も買って追加している。
風呂に小さなナメクジの幽霊が出る
興味
以外に、鹿きのこダムスイーツ(笑)ろ過などを極めている。
特に、キノコを持っている男性に興味があるという。
子供のような服装を好む。(カチューシャなど)
愛称
あづ子あづあづ、あづちゃん、あづー、、あづの子、あづっち、あづにゃん等、デススパイラル的に増え続けている。

逸話[編集]

  • ストーン・マエストロとして初めて講演会を開いたときに、本人と事務所は、マイナーなジャンルだし、人は集まらないだろうとの考えから、ファミレスの机の1つを会場にしたところ、予想を遥かに超える700人のファンが押し寄せてしまい大混乱を招いた
  • 18~19歳頃、ゴスロリ少女探偵団という探偵事務所を立ち上げ、CEOに就任している。(永遠に不滅系)
  • 18~19歳頃、ゴスロリ少女探偵団というダチョウ倶楽部を立ち上げ、リーダーに就任している。
  • スイーツ(笑)好きが高じてか、近々、「スイーツボックス」という本を出版する。(2008年現在) ミシュランガイドスイーツ(笑)版のようなものらしい。
  • 隔週で本屋から鉱物を仕入れている。(2008年現在)
  • 液体系の飲食物は何でもろ過しないと気が済まないらしく、長らくジュースや醤油にがあることを忘れていたという。
  • キノコの図鑑を買っただけで「キノコ博士」を自認している。ただし、外の人はキノコの裏側にあるひだひだが苦手らしい。

出演作品[編集]

声優

ステージ

  • ミュージカル「オーバー・ザ・ピンクレインボウ ~come on a my house~」
  • 劇団アルターエゴ第27回公演「HAKKENDEN2005」
  • 劇団アルターエゴ第30回公演「研究生No.10」
  • 劇団アルターエゴ第32回公演「僕のロミオ・僕のジュリエット」


Yuichi Nakamura.jpg この項目「榎あづさ」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)