横断歩道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

横断歩道は多くの人々の眠る地。しかしながら人々が慰霊のために訪れることはほとんどない。日本中でよく見られる構造物であるが、まだ謎に包まれたことのほうが多い。

概要[編集]

横断歩道では毎年1000人近い人が亡くなっている [1]。 そのため、横断歩道には非常な量の怨念が積もりに積もっており、大変危険なパワースポットと化している。これを鎮めるために様々な方策がとられている。しかしその方策はほとんどが伝承儀式的であって、理由のはっきりしたものは少ない。

鎮魂[編集]

鯨幕[編集]

大きな鯨幕。

横断歩道の地面は一般の葬儀の時に使われる鯨幕で覆われ、ここが厳粛な場であることを表している。大規模な幕は交差点全体を覆うほどのものもある。

供え物[編集]

花束[編集]

鎮魂の場であるが、花束が供えられることは少ない。ただし死者が出た直後は花束が供えられているのをよく見る。

三色灯[編集]

死者の霊を鎮めるため、昼夜を問わず赤・黄・緑の三色の電燈が点灯している。なぜこの三色が死者の霊を鎮めるかはわかっていない。また、緑のことを青と呼ぶことがある。(後述)

日本の信号機の色については道路交通法施行令第3条に定められているが、そこには「赤色、黄色及び青色」または「赤色及び青色」の灯火を備えるとあり、この呼称が施行時、つまり昭和35年には既に行われていたことがわかる。

「おして」と「おまち」[編集]

横断歩道で最も深い謎が、この「おまち」と「おして」である。

一部の横断歩道は「おまち」を要求する。「おまち」が何であるかは全くわかっていない。死者の多く出た場所に「おまち」を要求する横断歩道がある、という研究もあることから、一説に黙祷を意味するといい、あるいは「ほまち」の転でお布施を要求しているともいう。

「おして」を要求する横断歩道もあり、これもまた何なのかはっきりしない。「おして」はボタンを押すと消えるため重要視されないのか、研究もほぼ見当たらない。一説に古文献『ヲシテ』と関連するというが、何の関係があるかは全く不明である。

歩道橋[編集]

特に死者の多い場所は、歩道橋と呼ばれる構造物が建てられる。機能は明確でないが、一種の神殿で階段を登ることに呪術的な意味があるらしい。詳細はやはり不明。

「みどり」[編集]

横断歩道の話題に関して、「みどり」という言葉を避けて扱うことがある。このことは以下のような歴史に由来すると思われる。

横断歩道には「みどりのおばさん」と名付けられた神職の人物が居て、霊に取りつかれやすい年ごろ、つまり小学生ぐらいの子供を悪霊から守っていた。 ここから二つの説がある。一つは無償で子供を守る神職の行動に感動した人々が「みどり」を神聖な言葉として敬い、むやみに使わないようにした、というもの。 もう一つは逆に、死者に関わる仕事として「みどり」に賤しい意味を持たせ、使用を避けたというもの。

いずれにせよ、、神職の役名に「みどりの」と付けた理由は不詳である。

脚注[編集]

  1. ^ 『平成28年における交通死亡事故について』 平成29年2月23日 警察庁交通局

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「横断歩道」の項目を執筆しています。