横浜ボーイズ銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「横浜ボーイズ銀行」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「横浜ボーイズ銀行」の項目を執筆しています。

横浜ボーイズ銀行(よこはまぼーいずぎんこう、Boys' Bank Of Yokohama)は神奈川県横浜市を拠点とする腐女子向け銀行である。インターネットのドメインは boy.co.jp

概要[編集]

神奈川県横浜市には幕末以来、外国人が多数往来するようになった。一般人は彼らを異人とか毛唐と言う蔑称で忌み嫌っていたが、一部の少女たちの間では街を行く外国人少年を見る度に脳内で彼らを勝手にカップリングしてそれを元に小説を書く事が流行していた(腐女子の起源)。1900年代には同人小説が神奈川県内を中心に売買されるようになったが、まだ無記名小為替の制度などが整備されていなかった当時、冊子の売買において金銭の授受でトラブルが頻発するようになった。

この状況を問題視した横浜市内の女性小説家たち(多くは腐女子活動からプロに転向した)は金銭のスムーズな授受を支援する金融機関の必要性を主張し、1920年に横浜市内で開業したのが横浜少年銀行、後の横浜ボーイズ銀行である。

拠点[編集]

神奈川県を中心に展開しているが、県外にも拠点が多数ある。特筆すべきは群馬県に三店舗設置され、北関東の腐女子を支援している事だろう。尚、東京都にも店舗が多数あるが群馬県と東京都の間にある彩の国さいたまは国外のため拠点が存在しない。

また、神奈川県でも西部地区はスルガ銀行の方が強く、拠点も余り多くないが、これは小田原足柄地方などには腐女子文化が定着しなかった事の証左ともなっている。

業務内容[編集]

腐女子と言う存在が確立して以来、偏見を持たれる趣味とされてきたことからか、一般人向けの銀行を表向きは装っているが、実際には腐女子が同人誌を売買するのに便利なサービスを多数用意している。但し、これについては腐女子の間では口外しない事が掟とされており、一般人が知る事は困難である。どうしても知りたかったらあっちの世界に逝くしかあるまい。

特記事項[編集]

  • ジャニーズ事務所と提携し、ジュニアなど年少タレントの研修を受け容れている。このため、一部支店では女子行員が皆無となっているところもある。
  • 東京都町田市にも拠点があるが、町田市はエイベックソの発祥の地である。このため、横浜ボーイズ銀行は微妙な立場となっている。

関連項目[編集]