樫田村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

樫田村(かしだむら)は京都府南西部、亀岡市の南方にある農業と寒天作りを主力産業とする人口500余人の閑村である。京都府南桑田郡に属していたとされる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「樫田村」の項目を執筆しています。

この村を知らしめているのは、大阪民国による不法占領をきっかけとした抗争によってである。

周囲を取り巻く状況[編集]

この村落はかつて存在した京都府南桑田郡に存在し、この南桑田郡という地域は亀岡市の支配下にあるものの、豊能郡及び大阪府高槻市がこの地域に対し、支配権を伺っていた状況である。

そのため、この地域の治安状況においては他の日本国の領域で比較すると群馬県ならびに福岡県の一部に相当する日本有数の危険地域となってしまっている。

現況[編集]

この村にとっての悲劇は、本来であるならば合併して亀岡市となるはずであったが、1958年(昭和33年)4月より、大阪民国に属する高槻市の占領下にあり、高槻市は当村の併合を宣言している(このとき、どさくさにまぎれて現豊能町である豊能郡が西別院村を占領した)。

なお、村民の多くもこの状況を容認している模様である。その理由としては、もともとこの村は水害多発地帯であり、その際京都府の対応が冷たく、まだ大阪府の反応のほうがまともだったということがあげられる[要出典]

しかし亀岡市側はこれらの占領を不法なものであるとして承認しておらず、半世紀以上にわたって三者の緊張状態が続き、現在においてはこの地域一帯は各都市部の抗争及びテロリストによる埋設武器のため、一般人の立ち入りがほぼ不可能となっている。

抗争の実際[編集]

抗争においては実際に起こったことは、亀岡市が二つの村民をスパイ扱い拷問の後残虐な方法で処刑したり、それに反抗した村民がテロリズムを決行したり、豊野郡及び高槻市が協力して亀岡市を爆撃したり、なぜかそのとき周辺自治体に誤爆したりと、かなり残虐非道なことをそれぞれが実行していると言われている。しかし、この事件に関する資料は加筆者は持ち合わせていないこと、アンサイクロペディアに記述すると規約違反のため削除されかねない等の理由のため、詳細な記述はこの記録を持ち合わせている人たちに譲ることとする。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

歴史の渦に巻き込まれる! この項目「樫田村」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)