機界戦隊ゼンカイジャー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「機界戦隊ゼンカイジャー」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「機界戦隊ゼンカイジャー」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「機界戦隊ゼンカイジャー」の記事を執筆しています。

機界戦隊ゼンカイジャーとは、コロナ禍により多くの撮影手法が制限される中「如何にしてシリーズ作品を維持するか」という点に重きをおいた実験作品である。

概要[編集]

スーパー戦隊シリーズは日本を代表する特撮シリーズである[要出典]と共に、日本特撮史上最もトラブルに見舞われたシリーズと言える。放送枠は土曜ゴールデンタイムから始まったものの金曜夕方を経て日曜朝へと島流しとなり、また宮崎勤事件や学校におけるイジメの陰湿化によりアニメや特撮が糾弾される際には毎回毎回矢面に立たされ批判され続けたのである[1]。90年代にウルトラマン仮面ライダーのテレビシリーズが出なかったのもその影響だったのだが、それでもスーパー戦隊は毎年必ず新作を出し特撮ヒーローの灯火を護り続けた。

しかし2020年、それを揺るがす一大事が起きた。新型コロナウイルスである。一年間の放送を前提として長期間撮影を行う特撮界では、コロナ禍による影響がモロに出てしまい撮影スケジュールは大幅に狂わされた。『魔進戦隊キラメイジャー』では撮影期間中にキラメイレッド役の小宮璃央が新型コロナウイルスに感染し一時期撮影が行えず、半分同期の『仮面ライダーゼロワン』でもスケジュール遅延から総集編ショートシリーズを急遽作成してお茶を濁している。また時間がたつほど医学的根拠や公式発表よりも「俺マナー」「無言の気遣い」を優先させる[2]モンスタークレーマーも増大し、例え製作サイドがしっかりと対策をしたり作中設定で新型コロナウイルスが存在しない世界観にしても尚批判されるようになってしまった[3]

そこで如何にして新型コロナウイルス対策を徹底しつつ撮影スケジュールをしっかりと守ったままシリーズを作成するか、という無理難題にスタッフは挑むこととなった。そして生まれた新作が、スーパー戦隊45代目『機界戦隊ゼンカイジャー』なのである。

特徴[編集]

まず大きな特徴としてあるのは、リーダーのゼンカイザー・五色田介人以外の戦隊メンバーが全員キカイノイド(等身大の人型ロボット)になっている点である。仮面ライダーシリーズと異なり戦闘中/非戦闘中問わずチームで活動するスタイルになっているスーパー戦隊において、メンバー同士がソーシャルディスタンスを守り続けて話を進めるのは不可能に近い。そこで五人中四人がキカイノイドとして新型コロナウイルス対策がされた着ぐるみになることで、従来のように熱く絆を感じつつウイルスの蔓延を防ぐ事が出来るのである。人間のレギュラーキャラは介人とその祖母くらいで、更に基地的なスペースは天才てれびくん的なCG空間にされ閉鎖的な感じを無くしウイルス感染を意識させない場所となっている。

加えて「過去のスーパー戦隊ロボの力を受け継ぐ」という設定から過去作の映像をライブ合成で流用し、野外ロケが行えない事による迫力不足を補うと共に「撮影時に野外でウイルスを拾うかもしれない」という不安を振り払う事にも一役買った。このライブ合成は応用幅が広く、飛行シーンをセグウェイで撮影したりアクションを補正しつつカメラ演出を強化するなど本作独自の雰囲気を構築している。また「受け継ぐのは戦隊ロボの力だけ」という設定により、『海賊戦隊ゴーカイジャー』で予算を圧迫したレジェンドキャスト問題[4]も回避できている。

脚注[編集]

  1. ^ 怪人との基本5VS1バトルも「数を嵩に着た執拗な暴行」と言われたが、それを言ったらライダー一人に戦闘員数十名と怪人一人の戦闘グループを毎回差し向けるショッカーはどうなのか。
  2. ^ 「不織布でないマスクをしているのは、理由を問わず感染を拡大させる犯罪者」「人工呼吸機もマスク着用で使うべき」などという、明らかに誤った主張がTwitterを中心に垂れ流されている。
  3. ^ これはジャンルを問わず、1950~70年代を舞台とする『サザエさん』の行楽ネタでさえ不謹慎だとされた。
  4. ^ 一部戦隊が「シナリオの影でパスコ・ダ・ジョロキアに倒され「大いなる力」を強奪された」という事にされて出演しなかったのも、そのせいである。

関連項目[編集]

ダークナイト(メギド王子) この「機界戦隊ゼンカイジャー」はスーパー戦隊に関連した書きかけ項目だ。
お前がどうしても加筆したいって言うのなら、この俺に挑戦するべきだな。 (Portal:スタブ)